22020年12月01日比 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、中国外務省の趙立堅副報道局長が11月30日、ツイッターで、オーストラリア軍人がアフガニスタンの子どもののどに刃物をあててる画像を掲載したことに対し、モリソン豪首相が反発し中国に謝罪を求めた。しかし、中国外務省の華春瑩報道官は、オーストラリア軍人がアフガニスタンで無実の人々を殺害しているなどと批判した。(写真はRFAのキャプチャー)

 豪政府が今年春、新型コロナウイルスの発生源に関する独立調査を要求したことに中国が強く反発。11月28日に豪州産ワインに従来の2~3倍の制裁関税を課し、豪州側が不満を高めた。さらに豪州の石炭輸送船数十隻が、石炭の荷下ろしが認められず中国沖で立ち往生する事態が起きている。ツイッター画像をめぐり、両国関係の緊張がさらに高まる可能性がある。

 趙副報道局長画像には、豪軍人が豪国旗をかぶせた子どもを抱え、首に刃物をあてており「怖がらなくていい。われわれが平和をもたらすから」とのせりふが付いている。さらに副報道局長は「豪兵士がアフガニスタンの庶民を殺害したことに衝撃を受けている」などとコメントした。

 モリソン首相は「中国政府は恥ずべきだ。兵役に就くオーストラリア人の気持ちを傷つけるもの」などと怒りを示し、ツイッターの投稿の削除を求めた。豪州では他の政治からも抗議の声が相次いで挙がっている。

 オーストラリアは先に、独自の調査の結果、豪州軍兵士25人がアフガニスタン庶民と捕虜39人を殺害した疑いが発覚したと公表。豪軍総司令官が謝罪したが、多くの国民が軍を批判した。


★参考情報★
ーーーーーー
豪石炭船50隻が立ち往生 「環境面で不適格」と外務省
日豪の防衛協力拡大、中国が「準軍事同盟」と反発