5日付中国紙・環球時報によると、応急管理省は、今年7月に中国各地で起きた水害による被災者は3817万7000人、死者と行方不明者は56人で、299万6000人が避難したことを明らかにした。倒壊家屋は2万7000戸、損壊家屋は24万戸で、直接的な経済上の被害は1097億4000万元(1兆6700億円)に上った。
 
同省によると、7月に全国の広い範囲で6回の大雨が降り、平均雨量は平年の同期に比べ8.8%多かった。長江流域の降雨量は平年の同期より57.2%多く、1961年以降で最多。淮河流域では31.6%多かった

 安徽、江西、湖北、湖南の国の観測所46カ所で7月は、1日の雨量が記録的なものとなり、うち20カ所では過去の記録を更新した。長江中下流、洞庭湖、ハ(番におおざと)陽湖、大湖、淮河上中流の各地で激しい洪水が起きた。

★参考情報★
ーーーーーー
国土の6分の1が冠水 指導部も食糧不足へ危機感