2020年7月13日唐 ニュースサイトの中国新聞網によると、12日午前6時38分ごろ河北省唐山市古冶区でマグニチュード(M)5.1の地震が起きた。その後、午前10時までに33回の余震が起きた。けが人の情報はない。(写真は百度のキャプチャー)

 河北省地震局によると、河北省でM5を超える地震は2006年7月以来。華北地区で近年起きた地震としては、最大となる。北京市地震局によると、北京全域でも揺れを感じ、東部の平谷、順義、通州では比較的揺れが大きかった。 唐山市応急管理局と河北省地震局予報センターが検討した結果、震源地近くでM5以上の余震が起きる可能性は小さい見通しだ。

 北京市や周辺の天津市、河北省唐山市で昨年12月ごろから、小さな地震が相次いでいる。北京市では頭溝区に隣接する房山区で1月、M3.5の地震が起きた。唐山市は1976年7月、M7.8の大地震が発生し、25万人以上が死亡した。 

★参考情報★
ーーーーーーー
北京・房山でM3.5地震 けが人や被害なし
天津でM3.3地震 北京、河北でも揺れ