浙江、広東、重慶など10省(直轄市、自治区)で大雨の被害が拡大しており、20日までに22人が死亡、20人が行方不明になった。気象台は20日から少なくとも3日間、貴州、湖北、湖南などで大雨が続き、一部では豪雨になるとして警戒を呼びかけている。央広網などが20日伝えた。

 湖北省では武漢、黄岡、随州など13市29県で大雨があり、20日午前10時現在、6人が死亡13人が行方不明になった。

 うち、武漢市では19日、1時間に86.1ミリの歴史的な雨量を記録。道路50カ所余りが冠水。警察官ら4000人が出動し、立ち往生した車約120台を移動させたほか、取り残された住民約60人を救出した。



 



(参考)http://news.163.com/16/0620/18/BQ1BDO3400014JB5.html