2018年11月30日熱30日午前3時45分ごろ、河南省鄭州市金水区の交差点付近で、暖房用の熱水供給管が破裂したとの通報が同市消防局にあった。消防は約1時間後、現場近くの宅配便会社の従業員寮から男性4人を救助したが、3人は既に死亡していた。1人はけがし病院に運ばれた。ニュースサイトの光明網が同日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 消防は現場近くで別の4人も救出したが、いずれもけがはなかった。消防などが詳しい状況と事故原因を調査している。

 中国ではこのところと、熱水供給管の破裂事故が頻発。ニュースサイトの三秦網によると、陝西省西安市の街路で23日朝、地下の熱水供給管が破裂して熱湯が吹き出し、自転車で通りかかっ42歳の女性1人がやけどして病院に運ばれた。また、大衆網によると、山東省済南市の街路で20日、地中の熱水供給管が破裂。熱水が吹き出し、14歳の男児と49歳の女性がやけどし病院に運ばれた。千龍網によると、北京市朝陽区三里屯の街路でも9日、地下の熱水管が破裂して路面が陥没したが、けが人はなかった。いずれも管の老朽化などが原因とみられている。