中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:WHO

 2020年2月24日世香港紙・星島日報(電子版)によると、世界保健機関(WHO)と中国の合同専門家調査チームは24日、北京で記者会見し、事務局長の高級顧問でカナダの伝染病学者ブルース・エールワード博士は、中国で2週間以内に80%減少したのは確実だと述べた。(写真は星島日報のキャプチャー)

 エールワード博士によれば、調査チームは異なる情報源から判断し、患者の減少は確実。実地にみた様々な事実から、データに疑いはないという。

 香港メディアの東網によると、中国側専門家チーム責任者で国家衛生健康委員会の梁万年氏は「現在の情勢はなお厳しく複雑で、感染拡大阻止の活動がが勝利するかどうかの肝心な時期だ」の述べた。梁氏によれば、湖北省武漢市で患者の急増傾向は止まったが、なお毎日400人の患者が確認されており、拡大は完全には抑えられていない。

 なお、都市封鎖が1カ月余り続く湖北省武漢市の感染対策本部は24日午前、市外出身者が武漢を離れることを許可すると発表したが、午後に撤回した。ネット上では「朝令暮改」との批判の声が上がった。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年2月18日鐘 香港メディア東網の18日の報道によると、国家衛生健康委員会で高級専門家チームの責任者、鐘南山氏は17日、湖北省武漢市の専門家とともに、新型コロナウイルス肺炎患者の遠隔診断を行った際、2月中旬から下旬に、同ウイルスの感染拡大がピークを迎えるとの見方を示した。(写真は東網のキャプチャー)

 ただ、鐘氏は「ピークを迎えることは、感染状況の好転を意味しない。新型コロナウイルスの患者は、SARS(重症急性呼吸器症候群)より治療が難しい」と語った。

 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、世界保健機関(WHO)のテドロス事務総長は17日、中国で新型肺炎の新たな患者が減っているが、感染拡大の減速を意味しないと述べた。事務総長は「患者の減少が続くとみるのは時期尚早で、いかなる事態も起こり得る」と語った。

 WHOで緊急事態対応を統括するマイク・ライアン医師は、中国での感染状況について「さらに拡大する恐れがある。ただ、湖北以外で影響を受けているのは、非常に少なく、一部の人々に限られる」と指摘した。

 国家衛生健康委員会によると、WHOの専門家が17日、北京、広東、四川を視察した。ただ、患者が最初に出た湖北省武漢市には立ち寄っておらず、海外からは中国当局が実情を隠そうとしているとの疑念の声が挙がっている。

★参考情報★
ーーーーーーーー

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年2月14日患 国家衛生健康委員会は14日、同日午前0時現在、新型コロナウイルス肺炎の患者数は5万5748人(うち重症患者が1万0204人)、死者は1380人になったと発表した。

 13日は前日より患者が5090人、死者は121人(うち湖北省が116人)増えた。また、感染が疑われる患者は2450人増えた。
 中国本土以外の患者は81人で、うち香港が53人(うち死亡1人)、マカオが10人、台湾が18人だった。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年2月13日検 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、新型コロナウイルス肺炎について、中国国家衛生健康委員会は12日、前日、新たに確認された患者は2015人で、過去最多だった4日の3887人から大幅に減少したことを明らかにした。11日に新たに発生した死者も97人になるなど、他の数字も減少した。 英フィナンシャル・タイムズによると、インペリアル・カレッジ・ロンドンの感染症の専門家、ニーアル・ファーガソン氏は「中国で確認されているのは、症状が最も重い患者だけ。20%の患者が見つかっているに過ぎない」と述べた。

 中国の新型コロナウイルスの研究者は「感染の疑いのある患者に対して使う診断機材は正確でなく、何回も検査を行う必要がある」と話している。別の専門家によると、正確に検査できる確率は一般的にいは10~20%。良質の病院だと50%だが、劣る施設では10%にとどまるという。

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、世界保健機関(WHO)のテドロス事務総長も、中国当局の12日のデータについて、別の形で感染が拡大している可能性もあるため、注意して読み取る必要があるとした。

 WHOで緊急事態対応を統括するマイク・ライアン医師は「現在の数字をみて、感染拡大がいつごろ終息するかを予測するのは早すぎる」と述べた。一方で「ここ数日、状況は安定しておりほっとする。中国の巨大な感染拡大防止システムのお陰と考えるべきだ」と語った。

 中国の検索サイト百度(バイドゥ)のまとめだと、13日午前11時現在の同肺炎の患者は5万9883人、死者は1386人。うち湖北省の患者数は4万8206人に急増した。香港メディアの東網によると、湖北省が患者の分類方法を変え、これまで「臨床診断」としていた患者を「確認済み」に切り替えたためという。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年1月30日世 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は29日、スイス・ジュネーブの本部で会見し、新型コロナウイルスによる肺炎が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」(PHEIC)にあたるかの検討を30日に行うと公表した。WHOは23日、いったんPHEIC宣言の見送りを決めた。(写真はVOA のキャプチャー)

 テドロス事務局長は「患者が増え続けていることと、中国以外でヒトからヒトへの感染の証拠が見つかったことは、深く懸念している。中国以外の数字は少ないが、さらに大規模な感染拡大の可能性はある」と述べた。

 事務局長によると、患者6065人のうち99%、残りは世界15国で起きている。死者132人は全員、中国で出た。新型コロナウイルス肺炎の患者数は、2002~03年に中国から世界に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)を超えた。SARSによる死者は世界で800人だった。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ