中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:WHO

 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、新型コロナウイルスの発生源解明のため世界保健機関(WHO)が中国に派遣した調査団に対し、湖北省武漢市で最初に出現した患者のデータの提供を中国当局が拒否したと、欧米のメディアが伝えた。データが乏しいため、調査団と中国当局との間で激しい論争が起きたという。

 中国が提供を拒否したのは、新型コロナの感染拡大初期に2019年12月にみつかった、患者174人のデータなど。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、中国側は当局者と専門家の総括と分析を伝えたが、データそのものの提出は拒んだ。

 また、調査団のメンバーによると、武漢市で新型コロナ感染症の患者が19年末に見つかる前の2カ月間に、同市周辺で約90人が新型コロナ肺炎に似た症状で入院していたことも判明。調査団が検証を認めるよう中国当局に求めたが断られた。

 米ホワイトハウスのジェイク・サリバン国家安保補佐官は、WHOの調査団が2月9日の段階で、新型コロナウイルスが武漢市の実験室から流出したのでない早々と結論付けたことを疑問視。「報告書は独立し、中国政府の干渉と修正を受けていない専門家の結論を盛り込むべき」と指摘し、初期の感染状況に関するデータを提供するよう中国に求めた。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
WHO調査団、武漢ウイルス研究所訪問 コウモリウイルス専門家と会談
新型コロナ発生源は武漢の研究所 「史上空前の代償伴う隠ぺい」 米メディア報道
このエントリーをはてなブックマークに追加

22021年2月12日保 新型コロナウイルスの発生源解明のため世界保健機関(WHO)が中国に派遣した調査団が9日、実験室からウイルスが流出した可能性は極めて小さいと結論付けた。しかし、米政府は結論を疑問視している。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。(写真はRFAのサイト画面)

 米国務省のプライス報道官は「誰もウイルスが中国の武漢以外から出たと考えないだろう」と指摘。「米国が独自に情報と分析を行い、同盟国と精査するまでは、WHOの調査結果は受け入れられない」と述べた。

 米在住のジャーナリスト、王剣氏は、新型コロナを巡る米中の争いは続くと指摘。「バイデン政権が、WHO脱退を撤回したことは、中国と米国がWHOで引き続きぶつかることを意味している」と述べた。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
新型コロナ発生源は武漢の研究所 「史上空前の代償伴う隠ぺい」 米メディア報道
子ブタ2万頭が病死、新型ウイルスをコウモリが媒介ー広東
このエントリーをはてなブックマークに追加

 22021年1月15日衛米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、新型コロナウイルスの発生源を調べる世界保健機関(WHO)の調査団が14日、湖北省武漢市に到着した。調査団は英米豪日などの専門家15人で構成。約1カ月滞在し、研究機関や病院、発生源とされる華南海鮮市場を訪れる。滞在日数のうち14日間は隔離期間で、中国の専門家とテレビ会義で交流する。(画面は東網の画面)

 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、米国やオーストラリアは過去1年、新型コロナの発生源の調査のため専門家を派遣するようWHOに求めてきたが、中国が拒否。今回の調査団派遣でも曲折があり、中国がメンバー1人の入国を拒否。別の1人も帰還した。別の1人は航空機の中継地で査証を理由に足止めとなり、後に中国当局が「誤解があった」と釈明した。

 今回、調査団はシンガポールから武漢に向かったが、メンバー2人が出発前の抗体検査で陽性となり参加を見合わせた。

 調査団のメンバーの1人は「中国での調査活動は何ら制約を受けないと承知しており、発生源の詳細が分かればよいと思う。しかし、すべての回答が得られるとは思っていない」と述べた。

 WHOの幹部は、調査団の活動は新型コロナのパンデミック(世界的流行)の責任追及が目的ではないと強調した。しかし、調査団が中国で様々な困難に直面するとの見方も出ている。

★参考情報★
ーーーーーーー
中国が新型コロナの患者と死者数隠ぺい 米情報機関
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年5月20日健 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、世界保健機関(WHO)年次総会は19日、新型コロナウイルスの各国の対応について、公正かつ独立、全面的な評価を行うよう呼びかける、欧州連合(EU)提出の決議を前回一致で採択して閉幕した。(写真はRFAのキャプチャー)

 米国は、WHOを「中国の傀儡(かいらい)」と呼び、脱退をちらつかせて1カ月内に改善するよう要求していた。19日の決議は中国に言及しなかったが、米国は反対しなかった。中国をめぐるWHOの分裂は回避された。EUは、新型コロナ禍に国際社会が共同で対処するため、現在のところはWHOを支援するべきだと判断した。

 米国は、新型コロナウイルスの感染拡大が、中国湖北省武漢市の研究所の事故で起きたが、中国政府が隠ぺいしているとの疑念を抱いている。

 トランプ大統領が18日、ツイッターで、WHOのテドロス事務局長を批判する書簡を公表した。書簡は、事務局長が新型コロナでの対応を誤ったほか、中国に依存し過ぎていると批判して、30日以内に改革をしなければWHOへの資金支援を打ち切ると警告した。

★参考情報★
ーーーーーーー
米中、貿易協議「第1段階」の合意文書に署名
米中武力衝突に備えよ 新型コロナで両国関係悪化 中国情報機関がリポート
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年4月8日特米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、新型コロナウイルスの感染拡大に絡みトランプ米大統領は7日、ツイッターで世界保健機関(WHO)が中国寄りで、米国に誤った情報を発信したとして批判した。さらに「WHOが米国から多額の資金を受け取りながら、中国を中心に考えている。われわれは良く調べるつもりだ」と指摘し、資金の拠出を再考する可能性を示した。(写真はVOAのキャプチャー)

 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、WHOは1月31日、新型コロナの感染拡大にも関わらず、国境閉鎖をしないよう各国に呼びかけたが、米国政府は同日、中国からの入国制限に踏み切った。トランプ大統領はツイッターで「幸いなことに、われわれは彼らの提案を拒否した。彼らはなぜ間違った提案を行ったのか」と指摘した。

 米国では保守派を中心に、WHOの中国寄りの姿勢に批判が高まっている。共和党のリック・スコット上院議員は、米国の資金拠出を再検討するよう求めた。同党のマルコ・ルビオ上院議員も、テドロス事務局長の退任を呼びかけている。

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルも3日、WHOがテドロス事務局長の下で中国に屈服し、事実と異なる情報を世界に流布したとして、組織改革など求める社説を掲載した。

★参考情報★
ーーーーーー
新型コロナで米が中国の情報隠ぺい批判 中国は猛反発
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ