中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:J11

 2019年4月16日空台湾国防省は15日、中国軍機多数が台湾を周回する演習を行ったと発表した。防衛省・統合幕僚監部も同日、中国軍機6機が太平洋と東シナ海を飛行、航空自衛隊機がスクランブル(緊急発進)で対応したと発表した。(写真は統合幕僚監部のウェブサイトより)

 台湾国防省によると、中国軍機は早期警戒管制機「KJ500」、大型爆撃機「H6K」、輸送機「Y8」、戦闘機「Su30」、戦闘機「J11」。中国南部を離陸して台湾フィリピン間のバシー海峡を通過、西太平洋を飛んだ後、沖縄県の宮古島と沖縄本島の間の宮古海峡を通過して出発地に戻った。

 台湾国防省は「中国は軍事行動と世論戦により、文武の威嚇を行っている。台湾海峡の現状変更を意図しており、台湾海峡の平和に寄与しない」と非難した。

 中国は最近、台湾周辺で軍用機の活動を活発化させている。今年3月31日、中国軍のJ112機が台湾海峡の中間線を越えて台湾側に入り、台湾のほか米政府が現状変更として中国を批判した。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
中国軍艦艇が宮古海峡通過 台湾周辺で活動活発化
中国軍機の台湾海峡越境、米政府が「現状変更」と反発
中国軍機が台湾海峡中間線を越境 台湾軍機が緊急発進
このエントリーをはてなブックマークに追加

 台湾・中央社によると、台湾・国防省は3月31日、中国軍のJ11戦闘機2機が同日午前11時ごろ、台湾海峡の中間線を越えて台湾の南西空域に入り、台湾空軍の戦闘機が緊急発進で対応したと発表した。

 台湾メディア・風伝媒によると、両軍機が約10分間、にらみ合いを続けた後、中国軍機は中間線の中国側に戻った。中国軍の航空機、艦艇とも、通常は中間線付近で活動しており越境はまれ。中国側の挑発とみられる。

 台湾・外務省は同日、ツイッターで、中国軍機による中間線越えは、中台が長らく守ってきた黙契を破るもので、故意の挑発だ」と批判した。

 台湾で中国大陸政策を担う行政院大陸委員会(陸委会)は31日、中国軍機の越境に対し「高いレベルの挑発だ」として抗議。台湾への政治軍事攻勢を強め、中台統一を強要する動きは地域の安定を損ねるとして中国側を批判した。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
米海軍艦と沿岸警備艇が台湾海峡航行=中国と緊張高まる恐れ
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年5月17日嚇 独立志向の台湾へ中国が威嚇を続ける中、中国空軍が福建省霞浦県にある水門飛行場の拡張工事を進め、近く完成する見込みであることが分かった。同飛行場は台北から300キロ足らず、沖縄県尖閣諸島までわずか362キロで、専門家からは拡張により前線基地にレベルアップするとの指摘が出ている。香港メディアの東網が伝えた。

 衛星写真によると、拡張工事で格納庫24棟、滑走路数本が新たに造られた。格納庫はそれぞれ長さ30メートル、幅18メートルで、Su30、Su35、J11、J15などの戦闘機を納められる。

 各格納庫は分散して配置され、空襲への抵抗力を高めている。前線基地として東シナ海での戦闘に備える意図があるとみられる。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018 年2月20日F15 米軍事誌「ミリタリー・ウォッチ・マガジン」のアブラハム・エイト編集長が17日、東京に拠点を置く英文政治情報サイト・ディプロマットに、日本が中国に対する航空優勢を既に失ったとする論評を掲載した。(写真は東網のキャプチャー)

 論評によると、日本は1980年、米国から当時最先端の第4世代戦闘機、F15の購入を許された世界4カ国の1つとなり、近隣諸国を圧倒。日本はF15を200機持ち、80年代を通じ、実力で米国、旧ソ連に次ぐ世界第3位の空軍の地位を維持した。

 しかし、90年代末、中国が旧ソ連の戦闘機Su27をベースとする戦闘機J11を配備しF15のライバルになった。その後の10年でJ11の配備数は300機を超え、日本は技術的にも数量的にも劣位に転落した。特にJ11ミサイルでF15に圧倒的に優るという。

 香港のニュースサイト、東網は論評の内容を紹介するとともに、中国空軍に対抗するため、米国は最新鋭戦闘機を日本に供与すべきだとする考えを示唆したものだと指摘した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ