中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:飲み水

 2019年12月26日干中国水利省によると、南方地区の江西、安徽、湖北など6省・直轄市で干ばつが深刻化し、住民約168万人の飲み水不足が起きている。干ばつは全国的規模で起きており、山西、内モンゴル、山東などでも約13万人の飲み水が不足している。中国新聞網が伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 南方地区の干ばつの被災地では、12月中旬に15~30ミリの雨が降り、状況がやや改善した。しかし、例年に比べて厳しい状況は変わらず、12月23日現在、耕地105万ヘクタール(ha)が干ばつの被害を受け、住民と家畜の飲み水不足が続いている。

 水利省は23日に対策会議を開き、冬から来春にかけての干ばつ対策と飲み水供給のため人員や物資の配置を決めた。また、湖北、広西、福建などに3つの対策チームを派遣した。さらに、長江中・下流域の河川と湖沼の水位を上げるため、三峡ダムの放流を16日から始めた。

 商務、財政の両省も、南方地区の6省・直轄市に対し、災害対策資金として5億0300万元の支給を決めた。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
湖南各地の洪水で死亡不明17人 衡陽で堤防決壊
このエントリーをはてなブックマークに追加

 国家気候センターの観測によると、中国の東北、江淮(江蘇、安徽両省の淮河以内、長江以北の地2019年5月24日干域)、長江中下流の南側の江南、四川省、重慶市など西南など各地区で厳しい干ばつが起きており、雲南省では降雨量が58年間で最少となった。環球網などが伝えた。(写真は百度のキャプチャー)

 雲南省では約88万1400人の飲み水が不足。また、74万ヘクタール(ha)の農地が干ばつの被害を受けたほか、家畜の水不足が深刻化している。消防救援隊が給水車を出動させて住民と家畜に飲み水を供給しているほか、農地の被害緩和に努めている。

 雲南省で干ばつが深刻化しているのは、昆明、曲靖、玉渓、紅河など8州・市。うち玉渓市元江県では今月中旬、最高気温が43.4~44.8度に達した。玉渓市のほかシーサンパンナ州、普ジ(さんずいに耳)市では高温で最高の「赤色警報」が出された。

 雲南省の4月1日~5月17日の平均降雨量は35.3ミリで、平年より63.1%少なく1961年以降で最少。平均気温も58年間で最高となった。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年5月9日水 遼寧省瀋陽市於洪区のマンションで5日、住民約300人が吐き気や腹痛などを訴え相次いで病院で治療を受けた。水道の代わりに使っていた井戸水が汚染されていた疑いがある。ニュースサイトの網易が伝えた。(写真は星島日報のキャプチャー)

 住民を治療した病院によると、患者は高齢者、子ども、妊婦を含み、いずれもウイルスに感染しているという。

 於洪区当局によると、住民の大多数はマンション敷地内の井戸水を飲んだ後に症状が出た。当局は井戸水を採取して検査を進めている。また、給水車2台を派遣した。

 住民によると、最近、井戸水から異臭がしていたが、5日午前2時ごろから住民の一部が不調を訴え始めた。住民は病院に駆け込み、点滴などを受けた。

 マンションの飲水は、市が整備した水道でなく、不動産開発会社が掘った井戸から供給されていた。水質は国家標準に合っていなかったという。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ