中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:電気自動車(EV)

2020年6月1日電 中国版ツイッターの微博(ウェイボー)で5月28日、広東省ナンバーの電気自動車(EV)1台が公共充電スタンドで炎上する映像がアップロードされた。車両は、比亜迪(BYD、広東省深セン市)「秦Pro・EV」。BYDはコメントを発表しておらず、発火の原因は不明。自動車情報サイトの盖世汽車網が28日伝えた。(写真は蓋世汽車網のキャプチャー)

 映像によると、火災発生後、消火器で火を消そうしたが効果がなく、まもなく車体が炎に包まれた。消防員が到着した際は、車体フレームを残し、ほぼ全焼していた。

 映像には、炎上した車の隣に、上海汽車集団の新エネルギー車(NEV)栄威Ei5が映っていた。炎上事故で他の車にも類焼したかどうかや、けが人の有無は分かっていなない。

 自動車技術サービス会社の中国自動車技術研究中心(天津市)などによる、自動車安全評価プログラム「C-NCAP」の第3回衝突試験で、「秦Pro・EV」はNEV分野でトップの5つ星評価を得ていた。

 中国ではEVの炎上事故がしばしば発生。4月初めには江西省新余市渝水区の販売店前でEVが炎上した。2019年の4月と8月には、浙江省杭州市と、上海市徐匯区でもテスラの「Model・S」がそれぞれ炎上。19年、6月には湖北省武漢市で、蔚来汽車(NIO)のクロスオーバー車が燃えた。いずれもけが人の情報はない。また、各事故とも電池が原因との指摘がある。


テスラ修理工場で出火 モーター付近が火元か 浙江
蔚来汽車のEVが3回目の自然発火事故 品質へ懸念の声

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月4日車 湖南省長沙市岳麓区で3日午後4時20分ごろ、地元の男性(59)が運転する小型電気自動車(EV)がショピングモールの屋外駐車場を猛スピードで暴走し、通行中の電動バイクをはねた。電動バイクを運転中の女性(39)が病院に運ばれたがまもなく死亡。EVの運転者の男と同乗者計3人がけがした。ニュースサイトの紅星新聞が4日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 事故を起こした車は、EVリース会社「寧波軒悦行電動汽車服務有限公司」のライドシェアサービス「小霊狗出行」用に貸し出されていた。同乗していた妻は「主人は、車が止まらなくなったと話していた」と語った。警察が男性を拘束した上、詳しい事故原因を調べている。

 防犯カメラの映像によると、EVは駐車場内を猛スピードで一直線に走り、出入り口付近の道路を通行中の電動バイクを跳ね飛ばし、路上の交番にぶつかって止まった。

 「小霊狗出行」は、ネットを通じて1日から年単位でEV2種類を貸し出している。全国36都市でサービスを行ない、北京汽車集団と奇瑞汽車のEV5万台を投入している。

★参考情報★
ーーーーーーーー
横断中の歩行者に車突入 5人死亡9人けが 上海
杭州の街路で車暴走 電動バイクの女性ら多数けが 浙江
乗用車が歩道暴走 1人死亡、4人けが 四川
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年8月23日巴 山西省大同市恒安新区で20日午後3時56分ごろ、走行中の大型バスが通行人が電動二輪車を次々にはね、道路脇の街路樹に衝突して止まった。通行人ら4人が死亡、6人がけがした。警察がバスの運転手を拘束し、事故原因を調べている。山西晩報(電子版)が伝えた。 (写真は香港・星島日報のキャプチャー)

 バスは、大手メーカーの鄭州宇通客車(河南省鄭州市)が製造した電気自動車(EV)タイプ。走行中、突然コントロールを失って通行人らをはね、街路樹多数を倒したり、路肩に停車中の車数台に衝突するなどした。バスは先頭部が大破した。  

 中国ではバスの暴走による死傷事故がしばしば起きている。今年2月には、重慶市雲陽県の繁華街で24日午後1時半ごろ、路線バスが歩道を暴走して通行人らをなぎ倒し、2人が死亡、13人が重軽傷を負った。2月には深セン市龍崗区で、路線バスが道路脇の商店に突入、通行人や乗客が重軽傷を負った。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
●出入境検査場で大型バス暴走 乗用車の運転手けが 深セン
路線バスが通行人らなぎ倒す 2人死亡、13人重軽傷 重慶
路線バス、運転ミスで商店突入 通行人含む4人重軽傷 深セン
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年8月20日電 ニュースサイトの浙江在線によると、浙江省杭州市消防局は19日午前1時45分ごろ、同市の西興路・浜康路地区にある電気自動車(EV)メーカー、テスラの修理工場で煙が上がっているとの通報を受けた。消防車12台が急行して消火にあたり約1時間半後に消し止めた。けが人はなかった。警察と消防は、テスラ車のモーター周辺が火元とみて出火原因を調べている。

 香港メディアの東網によると、消防が駆けつけると工場内は黒煙が充満。隊員がシャッターを破って中に入ったところ、テスラ車のボンネットが開き、煙が上がっていた。モーター付近の電気メーターボックスからは火花が出ていた。

 工場はテスラから修理を受託しており、事故当時9台が置かれていた。杭州でテスラの受託工場は少なく、オーナーのほとんどがこの工場に修理を依頼しているという。

 中国では4月にも、上海市徐匯区のマンションの地下駐車場で、テスラのEVか炎上する事故が起きた。6月には中国のEVベンチャーの蔚来汽車(NIO)のクロスオーバー車が湖北省武漢市の駐車場で炎上する事故を起こしたが、いずれも電池が原因とみられている。

★参考情報★
ーーーーーーー
蔚来汽車のEVが3回目の自然発火事故 品質へ懸念の声
住宅駐車場でテスラModel・Sが炎上 住民が一時避難
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ