中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:雷雨

 2019年7月31日空上海虹橋空港発北京首都国際空港行きの中国東方航空MU5331便が29日、悪天候のため2回往復したが着陸できず、結局出発地に戻る騒ぎが起きた。上海に到着時は、最初の出発から12時間たっていた。中国経済網が30日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 MU5331便は29日午前2時11分、北京に向けて離陸したが雷雨のため着陸できず、わずか100キロ離れた天津付近で引き返し、午前4時59分に上海に戻った。29日午前11時、再度出発したが同様に着陸できず、午後2時26分に上海に帰った。乗客によると、2回目の着陸の際、北京近くを10回近く旋回したという。

 乗客の1人は「1回目に引き返した時は、怒り出す人も板。2回目に戻る際、全員ががっくりし、騒ぐ人はいなかった」と話している。

 東方航空によると、北京周辺は28日夜から雷雨となり、便の運航に乱れが出ていた。1回目ももともと28日午後9時の離陸予定だった。安全運航のため飛行計画を変更することがあるため、事前に運航情報を確認するよう呼び掛けている。

  北京空港では夏に入り、雷雨で着陸できないケースが相次いでいる。21日にも浙江省・杭州発の中国国際航空便が1時間旋回後、出発地に戻った。

★参考情報★
ーーーーーーーー
国際航空機、雷雨で着陸できず 旋回後、杭州に戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年7月23日空 浙江省杭州蕭山空港発の中国国際航空CA1721便が21日午後、雷雨のため広州白雲空港に着陸できず、約1時間旋回後、出発地に戻った。香港メディアの東網が伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 同便は21日午後3時25分、広州白雲空港に着く予定だったが雷雨に見舞われた。雷雨は1時間余り続き、同便が旋回を続けたが、燃料が足りなくなった。






★参考情報★
ーーーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年6月5日雷北京市の首都国際空港で4日、雷雨のため午前8時半から大規模な遅延に備える警報が発令され、同日午後2時までに80便が欠航した。同空港が雷雨による遅延警報の発令は今月4回目となる。ニュースサイトの央視新聞が伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 北京市は同日朝から西部と北部で雷雨が降り初め、雷雲が次第に同空港に接近した。同空港の管制部門は、空中や地上で待機する便を極力減らすため、東と南向きの便の出発を急いだ。

 華北地区空中交通管理局は、同空港が雷雨の季節に入ったため、出発前に運航状況を確認するよう旅客に呼びかけている。首都国際空港では2日にも雷雨があり、午後6時半までに41便が欠航した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーー
広西各地で大雨 9人死亡3人不明、35万人被災
広東省珠海で豪雨赤色警報 珠海空港で31便に影響
南方7省・市で大雨 4人死亡、2.7万人が避難
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年5月21日水国家減災中心によると、中国南方の江南、華南、西南の各地で16日から大雨が降り、福建、湖南、重慶など7省・直轄市で水害などの被災人数は約47万人に達し、4人が死亡、2万7000人が避難した。(写真は百度のキャプチャー)

 南方各地のうち重慶南西部、貴州中北部、湖南中北部、江西中部、広東中北部などで累積雨量が100ミリ、江西中部、広東北部では200~340ミリに達した。また一部では強風、雷、ひょうに見舞われた。これらの地区では洪水や土砂崩れなどにより家屋の損壊、農地の冠水、道路や橋の損壊などの被害が出た。

 各地の家屋の被害は、倒壊が3400世帯、損壊が1万5000世帯。農地の被災面積は29万2000ヘクタール(ha)。直接の経済的損失は18億3000万元(約290億円)に上った。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー


このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年4月15日天広東省では11日から雷雨、強風、ひょうの悪天候に見舞われている。同省深セン市で同日夜、集中豪雨となり、市内各所で浸水などの被害が出た。同市羅湖、福田の両区で排水溝などで作業中の計11人が流されるなどして死亡した。ニュースサイトの上観新聞が伝えた。(写真は百家号のキャプチャー)

 深セン市では両区のほか宝安、光明区で豪雨が特に集中。。11~13日の平均雨量は、羅湖区が65ミリで最大、福田区が39.7ミリでそれに次いだ。極端な集中豪雨で、各区では約10分間にこの間の半分が降った。

 中国天気網によると、広東省の雷雨などの悪天候は15日以降もしばしば起きる見通し。広東省西部、北部、広州や深センなど珠江デルタ地帯では豪雨が予想されている。

 ネット情報によると、死亡した作業員はいずれも11日夜に遭難。羅湖、福田両区の公園やホテル近くで、地下水路や排水管で清掃作業をしていた際、急速な増水で流されたり管内に閉じ込められるなどした。

 新華社によると、広東省応急管理庁は12日、豪雨の際、安全確保ができない場合、作業を直ちに中止して作業員を撤収させるよう緊急通達した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ