中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:長江

22020年9月10日三 9日付台湾紙・聯合報(電子版)によると、台湾中央大学宇宙・リモートセンシング研究センターは、中国長江の三峡ダムの右岸にわずかな沈降が見られるが、ダム本体の形状に目立った変化はないとする観測結果を公表した。同センターは、今年7月に中国の長江で発生した洪水について、被災地域の状況を人工衛星を使って観測した。(写真は東網のキャプチャー)

 同センターによると、中国南方地区えは5月下旬から広い範囲で大雨が降り、40日間連続で大雨警報が発令された。長江や淮河流域では深刻な洪水が発生して、それぞれの中下流域の住民が大きな影響を受けた。三峡ダムは、洪水防止能力とともにダム本体の安全性が注目を集めた。

 同センターが分析したところ、農地1万平方キロを含む1万8000平方キロが水没。うち水没した都市や村落の面積は2000平方キロに上った。

 三峡ダムは右岸の護岸上部にわずかな沈降傾向があり、毎年5ミリずつ沈んでいる。しかし、ダム本体の表面には変形や破壊の跡は見られなかった。同センターは2015年から観測を続けているが、ダムの本体はかなり安定しており、貯水量と温度による周期的な変形以外、明らかな沈降や盛り上がり、変形はみられないという。

★参考情報★
ーーーーーーー
長江4号洪水が三峡ダム通過 今年最大の増水
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年8月24日重 ニュースサイトの北京日報によると、長江の重慶・寸灘の観測所で22日午前8時、水位が警戒水位の180.5メートルを下回り、重慶市政府は22日午後2時、史上初めて発令した「洪水防止1級緊急対応」を解除した。(写真は百度のキャプチャー)

 別のニュースサイトの界面新聞によると、長江の増水のピーク「2020年長江第5号洪水」が重慶市の区間を通過したため、同市の海事部門は22日午後3時、この区間の船舶の航行禁止を解除した。

 長江では22日までに、「第5号洪水」、支流の嘉陵江で「第2号洪水」がそれぞれ重慶市の区間を通過し、同市は深刻な水害が発生。全市の15区・県で約26万3200人が被災し、約25万1000人が避難した。商店は2万3700軒が水没した。報道によれば、死者は出ていない。

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、重慶市で深刻な水害が発生したことで、専門家からは三峡ダムの洪水防止の能力が劣るとの指摘が出ている。 「長江第5号洪水」は三峡ダムを通過したが、中国の気象台によると、四川や重慶、貴州で大雨が降っており、同ダムの上流域で再び増水の恐れが出ている。

★参考情報★
ーーーーーーー
四川省が史上初の「洪水1級緊急対応」発令 青衣江で100年に一度の洪水
沱江で71年ぶりの増水 成都・金堂県で住宅水没
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年8月24日長 長江河口に浮かぶ「灯船」の南東1.5カイリの海上で、20日午前3時29分ごろ、タンカーと砂石運搬船が衝突し、まもなく3人が救助されたが、14人が行方不明になった。上海海事局は22日、8人の遺体を発見したと発表した。現場付近の海上では、6人の捜索が続いている。ニュースサイトの中国青年網が23日伝えた。

 上海海事局によると、タンカーはガソリン約3000トンを積んで航行中、砂石運搬船と衝突。タンカーは甲板が炎上し、運搬船は沈没した。交通運輸省・東海救助局の救難隊が駆けつけ、タンカーの乗組員14人と運搬船の3人の計17人のうち、海に投げ出された3人を救助した。同局は、救難艇15隻とヘリコプターや航空機を出し、不明者の捜索を続けている。

 2隻のうち砂石運搬船は、河川航行の船。上海海事大学・商船学院の杲慶林教授によれば、河川航行用の船が海を航行していたのは問題ではない。しかし、中国の河川用の砂石運搬船は、船員の不足が深刻な上、資質も低い場合が多い。今回、衝突した運搬船は長さ119メートルもあるが、乗組員がわずか3人だった。杲教授は「操船や衝突回避の規則も知らない場合が多く、これまで衝突事故が起きてこなかったのは、単なる幸運」と話している。

★参考情報★
ーーーーーー
濃霧でカーフェリー欠航、港近くで1.2万台滞留ー海南・海口
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年8月21日雨 中国の多くの省(自治区、直轄市)で大雨による水害と土砂災害起きており、雲南、陝西、甘粛の3省で少なくとも14人が死亡、2人が行方不明になっている。香港メディアの東網が20日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 雲南省臨滄市の鎮康県では19日、山の斜面が崩れて民家2棟が倒れ、5人が生き埋めになった。翌日、救助隊が全員を見つけたが、既に死亡していた。陝西省延安市志丹県では20日午前5時半、土砂崩れで民家が倒壊し、4人が死亡した。甘粛省隴南市では大雨による水害で5人が死亡、2人が行方不明となった。

 一方、湖北省政府によると、長江では増水のピークである「2020年長江第5号洪水」が三峡ダムに到達。流入量が、ダム完成後最高の毎秒7万5000立方メートルに達した。三峡ダムは、ダム完成以降で始めて、11個の放水ゲート全部を開放し、放流量は毎秒4万9200立方メートルとなった。

 中国水利省によると、20日正午までに、全国の河川43本が警戒水位になったほか、3本で水利施設が壊れる恐れがある危険水位を越えた。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
四川省が史上初の「洪水1級緊急対応」発令 青衣江で100年に一度の洪水
沱江で71年ぶりの増水 成都・金堂県で住宅水没
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年8月20日長 中国本土のニュースサイト、澎湃新聞によると、長江の三峡ダムムに20日、増水のピークである「2020年長江第5号洪水」が到達する。流入量は毎秒7万4000立方メートルで、ダム完成後最大となる。(写真は東網のキャプチャー)

 中国紙・北京日報のサイトによると、三峡ダムの流入量で過去最大は2012年に毎秒7万1200立方メートル。ダムを管理する三峡集団によると、長江本流と支流の嘉陵江の増水の影響で「長江第5号洪水」は量が多く、継続時間も長いという。三峡集団は、周辺のダムに対し貯水量や放水量を共同で調節するよう呼びかけた。

 三峡ダム上流の重慶市では、長江と嘉陵江の増水で、洪崖洞や朝天門など川沿いの観光スポットの多くが冠水した。重慶市の当局は18日、史上初めて「洪水防止1級緊急対応」を発令した。重慶市江北区では、413世帯の985人が避難した。

 水利省長江水利委員会は18日、長江上流の支流、岷江に洪水では最高の「赤色警報」を発令。長江本流の宜賓(四川)から寸灘江までの区間で2番目の「オレンジ警報」、嘉陵江と三峡ダムに3番目の「黄色警報」をそれぞれ継続発令した。

★参考情報★
ーーーーーー
沱江で71年ぶりの増水 成都・金堂県で住宅水没
長江4号洪水が三峡ダム通過 今年最大の増水
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ