中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:転落

2019年12月22日巴 騰訊網によると、吉林省通化市東昌区の一般道路の「湾湾川」近くで21日午前7時ごろ、37人が乗った長距離路線バスが道路脇に転落した。まもなく全員が救出されたが6人が死亡、残り31人も全員が負傷した。(写真は騰訊網のキャプチャー)
 
 香港メディアの東網によると、バスは道路脇の山崩れに巻き込まれて斜面を滑り落ちたが、運良く川の手前で止まった。事故当時、路面は雪が積もっており、バスがスリップした可能性がある。

 騰訊網によると、バスが大型トレーラーに追突され連絡したとの情報もある。警察などが詳しい事故原因を調べている。バスは20分間隔で運転されており、沿線の住民が利用している。

 中国で多くの死傷者を伴うバス事故が頻発している。11日には、内モンゴル自治区通遼市・ホルチン左翼後旗の高速道路大型バスが横転、乗っていた計53人が重軽傷を負った。11月には、広東省広州市の広清高速道路で、大型バスがトラックに追突し、バスの運転手が死亡、乗客の学生4人とトラックの運転手がけがした。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
大雪でバス横転、1人死亡 転倒骨折の歩行者も10人 ハルビン
学生満載のバスがトラックに追突 1人死亡5人負傷 広東

 2019年12月13日陥福建省アモイ市中心部の幹線道路、呂セキ(雁だれに昔)路と嘉禾路の交差点で12日午後9時52分ごろ、道路面が約500平方メートルにわたり5~6メートル陥没した。通行中の乗用車2台が転落したが、けが人の情報はない。消防、警察などが急行して避難の誘導などを行った。ニュースサイトの新浪網が13日伝えた。  

 現場は、地下鉄2号線の呂セキ駅周辺。駅の隣接地では、ビルの建設工事が行われていた。水道管が破裂して周辺道路が冠水し、駅構内に大量の水が流れ込んだ。周辺住民は避難。道路は通行止めになっている。当局が事故原因を調べている。

 現場周辺を通行中だったタクシーの運転手は「走っていると、前の地面が突然消えた。慌ててブレーキを踏んだ」と話している。タクシーは穴に落ちかけたが止まった。乗客がいたが、運転手が引きずり出し無事だった。

 消防隊員によると、転落した乗用車2台の運転手は、自力で脱出した。目撃者は「陥没後、車2台が落ちていった。運転手は、安全ベルトを自分で外し、はい上がってきた」と話している。

 中国で道路の陥没事故がしばしば発生。1日には、広東省広州市中心部の広州地下鉄11号線「沙河駅」の工事現場付近で道路が陥没し、道路清掃車と電動バイクが転落、3人が行方不明になっている。


★参考情報★
ーーーーーーー
地下鉄工事現場で路面陥没=車両転落、3人不明ー広州
高層住宅が傾斜し住民避難 軟弱地盤が沈下 深セン
杭州の地下鉄工事現場で路面陥没 建物傾斜、ガス漏れも

2019年12月2日陥 広東省広州市中心部の広州地下鉄11号線「沙河駅」の工事現場で、12月1日午前9時28分ごろ道路が陥没し、道路清掃車両1台と電動バイク1台が転落し、乗っていた3人が行方不明となった。当局が3人の行方を捜索するとともに、原因の調査を始めた。地元ニュースサイトの南方新聞網が2日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 現場は、同市の幹線道路、広州大道と禺東西路の交差点近く。現場ではコンクリートの注入作業が行われている。地下鉄会社「広州地鉄集団」建設本部は記者会見で、現場付近ではさらに陥没が発生、範囲も拡大しており、救出作業が難航しているためと説明している。同本部の責任者は「周辺を固めて一層の陥没を防ぎ、土台ができてから救出作業を全面展開したい」と話している。

 陥没地点の周辺では、道路が閉鎖。車両と住民が避難した。道路、建築物の状況に関して検査が進められている。ガス、水道などの供給が止まっている。地下鉄工事の作業員は全員避難し、けが人ない。

 ニュースサイト新快報によると、陥没した穴は深さ38メートル。転落した3人のうち2人は50歳代の父と20代の息子で、息子は年内に結婚の予定だという。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
高層住宅が傾斜し住民避難 軟弱地盤が沈下 深セン
杭州の地下鉄工事現場で路面陥没 建物傾斜、ガス漏れも
地下鉄工事現場近くで民家が15度傾斜 立ち退き済みでけが人なし 周辺住民が一時避難

2019年11月1日穴 北京市朝陽区八里荘の住宅地区の街路で30日午前6時ごろ、路面が突然陥没して大穴が空き、トラックが転落した。運転手は自力で脱出して無事。けが人はなかった。ニュースサイトの新京報網が同日伝えた。

 東網によると、穴は長さ3メートル、幅1メートル、深さ1メートル。トラックはボトル入りの飲用水を運んでいたが、過積載ではなかった。当局が調べたところ、地下で水道水が漏れて土をえぐり、道路の下に空洞ができていたことが分かった。末端行政機関の八里荘街道は、周辺一帯を警戒地区に設定。関連機関と共同で、他に危険箇所がないか調査を始めた。水道会社が水道管の修理を行う間、周辺の住宅などで断水が起きた。

 末端行政機関の八里荘街道は、周辺一帯を警戒地区に設定。関連機関と共同で、他に危険箇所がないか調査を始めた。 中国では、路面の陥没事故が頻発。8月末には、浙江省杭州市中心部の建国北路で、路面が大きく陥没し、アパートなど周囲の建物が傾斜した。昨年10月には、四川省達州市の中心部で歩道が突然陥没して通行人4人が転落し、うち2人が死亡、2人が行方不明になった。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
杭州の地下鉄工事現場で路面陥没 建物傾斜、ガス漏れも
マンション建設現場で地面陥没 建物への影響、購入者が懸念 江西
南京の建設現場で陥没、付近のアパート傾き住民避難

2019年10月28日滑 江蘇省無錫市内の江陰市応急管理局は27日、市内華士鎮の「華西世界探検公園」のガラス製滑り台で国慶節の連休中の今月1日、行楽客多数が投げされて、周囲の森林に転落する事故が起きたことを明らかにした。鎮政府によると、けが人が出て治療を受けている。しかし、上級の江陰市政府などは詳しい状況を発表していない。事故当時、現場では大雨が降っていたという。香港メディアの東網が27日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 けが人の家族は「あれだけ大雨が降っていたので、滑り台を閉鎖していれば、事故は起きなかった」と述べ、公園の管理者を批判した。居合わせた観光客は「雨が大きくなったので雨宿りをした。滑り台には多くの客がいた」と話している。

 別の観光客によると、滑り台の終点近くに鉄板があり、最初に降りてきた客が衝突し、続いて他の客が次々にぶつかった。また、あとから来た客10数人が速い速度で下ってきて、林の中に突っ込んだ。事故後、係員から、スマートフォンなどに記録した事故の映像や写真を、削除するよう求められたという。

 中国では、遊園地などに置かれた長大な滑り台で、事故がしばしば起きている。今年5月には、四川省成都天府新区の遊園地の滑り台から行楽客14人が転落し、2人が死亡、12人がけがした。昨年7月には、湖北省黄岡市英山県の景勝地に設置された滑り台で、行楽客同士が衝突し、25人重傷を負った。

★参考情報★
ーーーーーーーーー

↑このページのトップヘ