中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:警報

2020年6月8日水 ニュースサイト環球網によると、広東省広州気象台は8日午前7時24分、広州市従化、増城、花都の3区で大雨と雷、強風で警報を発令、3区の学校を休校とした。広東省では8日、広州市のほか珠海、頭門、汕尾など15地区で大雨警報が出され、学校が休みとなった。うち12地区は大雨で最高度の赤色警報が出た。(写真は東網のキャプチャー)

 澎湃新聞によると、同省深セン気象台は7日午前8時10分、同市塩田区などに大雨の赤色警報を発令した。深セン市で赤色警報が出たのは今年初めて。8日は、警報レベルを引き下げたが、大雨は続いている。深セン北駅では、一部列車が運休した。

 広東省に隣接する広西チワン族自治区百色市の西田林県では7日、大雨で道路が寸断。土石流れも発生し、同県利周県では住民約400人が避難した。

★参考情報★
ーーーーーーー
大雨でマンション地下駐車場冠水 車200台水没 広州
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年7月25日暑 中央気象台は25日午前6時、高温では3段階で上から2番目の「黄色」警報を発令した。14日から12日連続の発令となる。台風10号(アンピル)の影響がなくなり、山東省中部、江蘇省北部では気温が4~8度上昇する見通し。ニュースサイトの央視新聞移動網が伝えた。(写真は易網のキャプチャー)

 中国各地では26日から、西太平洋副熱帯高気圧が張り出すため、中国中・東部の大部分で高温が予想される。陝西、山東、河南などでは38度以上となる見通し。

 台風10号通過後の上海は24日、最高気温が7月に入り初めて35度を記録。気象台は7月では初の高温「黄色」警報を出した。 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ