中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:行政院大陸委員会(陸委会)

2019年6月4日豚 魏鳳和・中国国防相は2日、シンガポールで開かれたアジア安全保障会議で演説し、台湾を中国から分裂させようとする者があれば中国の軍隊は必ず戦うと述べた。台湾・行政院大陸委員会(陸委会)は直ちに「台湾は中華人民共和国の一部でない」と強く抗議した。米公共放送ボイス・オブ・アメリカ中国語版が2日伝えた。(写真はRFIのキャプチャー)

 魏国防相の発言は、台湾独立志向の与党、民進党と米国など「外部の干渉勢力」に向けたもの。魏国防相は、中国分裂や台湾問題への干渉は必ず失敗するとした上、中国軍の決意を見くびるのは危険だなどと指摘。「平和的な統一に努力するが、武力の放棄には絶対同意しない」などとして、武力統一の可能性を示した。 陸委会は、魏国防相の発言に反発。「中国が武力で台湾を威嚇することを中国は受け入れない。中国が唱える平和的発展は、もはや世界公認のうそだ」と批判した。

 ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)によると、魏国防相は南シナ海についても「外部の一部勢力が、当該地域の安全を損なっている。中国分裂の意図は必ず失敗する」などと述べ、米国などをけん制した。

 米国のシャナハン国防長官代行は2日、アジア安全保障会議で演説し、南シナ海での他国の主権侵害を停止するよう中国政府に要求。「米国は中国政府の行為を座視しない」と警告した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
米海軍艦艇2隻が台湾海峡航行 米の台湾支持を強調
中国軍が浙江省沖で実弾演習 台湾沖300キロ、軍が注視
このエントリーをはてなブックマークに追加

 台湾・中央社によると、台湾・国防省は3月31日、中国軍のJ11戦闘機2機が同日午前11時ごろ、台湾海峡の中間線を越えて台湾の南西空域に入り、台湾空軍の戦闘機が緊急発進で対応したと発表した。

 台湾メディア・風伝媒によると、両軍機が約10分間、にらみ合いを続けた後、中国軍機は中間線の中国側に戻った。中国軍の航空機、艦艇とも、通常は中間線付近で活動しており越境はまれ。中国側の挑発とみられる。

 台湾・外務省は同日、ツイッターで、中国軍機による中間線越えは、中台が長らく守ってきた黙契を破るもので、故意の挑発だ」と批判した。

 台湾で中国大陸政策を担う行政院大陸委員会(陸委会)は31日、中国軍機の越境に対し「高いレベルの挑発だ」として抗議。台湾への政治軍事攻勢を強め、中台統一を強要する動きは地域の安定を損ねるとして中国側を批判した。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
米海軍艦と沿岸警備艇が台湾海峡航行=中国と緊張高まる恐れ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ