中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:蔡英文

22021年4月16日台 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、台湾の蔡英文総統は15日、米民主党のクリス・ドッド元上院議員らバイデン大統領派遣の代表団との一行と会談した。蔡総統は、台湾が米国と共同でアジア太平洋地区の平和と安定を守り、中国の暴走と挑発を阻止することを望んでいると述べた。(写真はRFAのサイト画面)

 代表団のメンバーは、ドッド元上院議員、ブッシュ(子)政権のアーミテージ、オバマ政権のスタインバーグ両元国務副長官の3人。派遣は、米ホワイトハウス高官は、台湾と民主主義の守護に力を入れるとの、バイデン大統領の「個人的なシグナル」だと述べた。

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、蔡総統は会談で、中国が最近、台湾周辺の海空行域で軍艦や軍用機による活動を活発化させていることに言及。中国がアジア太平洋の現状を変え、地域の平和と安定に脅威を与えていると指摘した。

 ドッド元上院議員は「バイデン政権が、台湾の国際社会での活動拡大に協力し、台湾が自己防衛に力を入れることを支持することを信じる」と述べた。アーミテージ氏は「米国では、民主党も共和党も、台湾の民主主義の発展を支持している」と語った。



★参考情報★
ーーーーーーーー
トランプ反中政策の撤回、中国がバイデン政権に要望
このエントリーをはてなブックマークに追加

 22021年1月22日台米国の首都首都ワシントンで20日行われた、バイデン大統領の就任式に、台湾の駐米代表の蕭美琴氏が招きを受けて出席した。台湾代表が大統領就任式に出席したのは1979年の米台断交後は初めて。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が21日伝えた。

 台湾の蔡英文総統は21日、フェイスブックで、蕭美琴氏が正式な招待を受けて就任式に出席したことを報告。過去4年間に米台関係が深化したことの成果だと指摘した。さらに、米政界の党派を超えた支援に感謝を表明した。




米国務長官、台湾との接触規制撤廃 中国が反発
米海軍少将が台湾非公式訪問  軍人で近年最高位
このエントリーをはてなブックマークに追加

22020年12月17日蔡
 香港有力紙、蘋果日報で知られるメディア会社「壱伝媒」創業者の黎智英(ジミー・ライ)氏が拘留され、香港国家安全維持法違反と詐欺容疑で起訴されたことについて、台湾の蔡英文総統は16日、フェイスブックで「自由、民主を堅持する立場から、公けに黎氏に声援を送りたい」と書いた。台湾紙・聯合報が16日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 SNSには、手錠姿で香港の裁判所に連行される黎氏の写真が多数掲載されている。蔡総統は全台湾と全世界がこの一幕を見ているとした上で、「恥辱を受けたのは黎氏でなく、香港の自由と法治だ」と述べた。

 黎氏は、「外国勢力と結託し国家の安全を危害を加えた罪」で起訴された。この罪だと中国最高法院が審理を指揮することになる。黎氏が、中国本土に移送される恐れがある。

 香港の西九竜裁判所は12日、黎氏の初公判の期日を4月16日と決定。黎氏の保釈を認めず、初公判までの拘留を決めた。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
香港警察が民主派14人を拘束 米大統領が批判
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年9月18日台 台湾・中央通信社によると、米国のクラック国務次官(経済成長・エネルギー・環境担当)が17日夕、台北の松山空港に到着した。台湾訪問の米高官としては1979年の米台断交以来、最高位。8月には、米アザー厚生長官が台湾を訪問し、蔡英文総統と会談したばかり。(写真は中央社のキャプチャー)

 中国外務省の汪文斌報道官は17日「米国の行為は、1つの中国原則に違反し、台湾海峡の平和と安定を破壊するもの」と述べ、強く反発した。

 クラック国務次官は18日、蔡総統と会見するのに続き、台湾政府高官と会談する。19日には、7月に死去した李登輝元総統の葬儀に出席する。

 また、中央社によると、米国のケリー・クラフト国連大使が16日、ニューヨーク駐在の台北経済文化弁事処の李光章処長と昼食をともにした。AP通信によると、米国連大使が台湾高官と会うのは初めて。トランプ政権の台湾重視姿勢がさらに明らかになった。

★参考情報★
ーーーーーーー
台湾付近で米軍機、中国軍機入り乱れる
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年8月7日米
 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、台湾行政院(内閣)の丁怡銘報道官は6日、アザー米厚生長官が9日から台湾を訪問すると発表した。報道官によると、トランプ米大統領に代わって蔡英文総統と会見した後、台湾の外相、台湾衛生福利相のほか、新型コロナウイルス対策にあたった医療スタッフや専門家と会談する。

 米台が断行した1979年以降、米厚生長官は、台湾を訪れた米閣僚の中で最高位。中国外務省の汪文斌報道官は6日「あらゆる型式でも米台政府間の往来は停止するべき」と反発した上「中国は断固として報復する」と警告した。

 ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)によると、アザー厚生長官は今回の訪台について「衛生分野での台湾の傑出した実績に支持を表明するため。米国と台湾の経済や公衆衛生分野での協力強化の機会となる」と話している。仏紙レ・ゼコーは、台湾訪問に関するアザー長官の発言について「中国政府は、宣戦布告のように聞こえただろう」と指摘した。


★参考情報★
ーーーーーーー
蔡総統「台湾は既に独立国家」 中国外務省が批判
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ