中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:耿爽

2020年3月12日米 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、オブライエン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は11日、新型コロナウルスの感染拡大が始まった当初、中国政府が有効な対策を取らず、情報を隠ぺいしたため、世界の対策が2カ月遅れたと批判した。補佐官は「中国が最初に隠ぺいしなければ、世界の感染拡大は大幅に減らせた」と語り中国の責任を指摘した。

 中国外務省の耿爽副報道局長は12日、補佐官の発言を「不道徳で無責任だ。米国の感染拡大防止に何も役立たない」などと強く批判。「中国が透明性の高い情報発信を行っていることは、国際社会が認めている。短い時間で病原体を識別し、世界保健機関(WHO)と米国を含む他国と、ウイルスの遺伝子情報を共有した」と述べた。

 中国側の批判はさらに過熱し、米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、中国外務省の趙立堅報道官は12日、ツイッターで「新型コロナウイルスを米軍が武漢に持ち込んだ可能性がある」などと指摘した。

 趙報道官は「米国で最初の患者はいつ出たのか。病院はどこか。感染を武漢に持ち込んだのは米軍かもしれない。米国は透明性を高めよ。米国の説明は足りない」などと書いた。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年9月27日伊 米公共放送ボイス・オブ・アメリカによると、米国のポンペオ国務長官は25日、米国の対イラン制裁に違反して、イラン産原油を輸出したとして、中国の企業6社と個人5人に対し制裁を発動すると発表した。(写真はVOAのキャプチャー)

 中国の耿爽副報道局長は26日、記者会見で「中国はイランと、国際法の枠組み内で正常な協力を行っている。米国の制裁は、国内法に基づき好き勝手に中国企業を圧迫するいじめだ」と述べ、強く反発した。

 ポンペオ長官は「米国政府は、イラン革命防衛隊とビジネスした場合のリスクを、各国に理解してもらうよう努力している。米国は今後も、制裁に違反してイランとの接触を続ける企業と個人に対し処罰を行う」と述べた。

 発表によると、制裁対象の中国企業6社は、中遠海運(大連)有限公司、「大連中遠海運油運船員船舶管理有限公司」、中和石油有限公司など。

 米国のトランプ大統領は24日、国連総会の演説で、イランが核兵器開発を放棄するまで、制裁によりイラン経済への圧迫を続ける方針を明らかにした。


★参考情報★
ーーーーーーーー
米、イラン原油輸入で中国の石油商社に制裁
ファーウェイが無罪主張 米連邦地裁で13罪の公判
拘束カナダ人のスパイ疑惑報道 孟氏引き渡し審理に報復か 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年9月20日黄米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、米議会下院のペロシ議長は18日、香港の民主派政党、香港衆志の事務局長で、香港で続く大規模デモの代表的な人物である黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏らの一行と、記者会見を行った。米議会として中国に対し、香港デモを全面的に支持する姿勢を鮮明にした。  

 ペロシ議長は会見で「香港と北京の政府は、普通選挙を認め、警察による過度な公務執行の状況を調査するべき」と述べ、香港の民主派の主張を支持した。  

 中国外務省の耿爽報道官は「ペロシ氏ら米国の政客は、公然と香港の独立派と接触した。中国の内政に対する粗暴な干渉だ。中国は強い不満を表面する」と述べて反発した。

★参考情報★
ーーーーーーー
香港民主派の黄之鋒氏、独外相と面会 中国が強く反発
香港の米国領事館にデモ隊、「人権民主法案」可決を要望
香港各地でデモ継続 長官の撤回宣言も効果なし
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年8月22日香 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、香港駐在の英国大使館の香港人現地雇員が、中国本土から戻る途中で失跡した問題で、中国外務省の耿爽副報道局長は21日、職員が中国の法律に違反したため、広東省深セン市で15日間の行政勾留になっていることを認めた。報道官は違法行為の中身を明らかにしなかった。(写真はRFAのキャプチャー)

 現地雇員はサイモン・チャン(鄭文傑)氏で、スコットランド国際開発庁(SDI)の業務を担当。8日に公務で深センに向かい、夜になって高速鉄道で香港に戻る際に失跡した。チャン氏の家族は、深セン市公安局(警察)に拘束されたと知らさたが、正式な「行政勾留通知書」は受け取っていないという。

 耿副報道局長は、雇員は中国市民であり、事件は内政問題であることを強調した。


★参考情報★
ーーーーーーーー
香港駐在の英領事館員、中国で拘束か 英外務省が関心表明
台湾アナリスト3人中国本土で拘束 無資格で証券投資助言
拘束カナダ人のスパイ疑惑報道 孟氏引き渡し審理に報復か
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年7月17日加 中国外務省の耿爽副報道局長は15日、山東省の警察が違法薬物使用の疑いでカナダ人1人を拘束したことを公表した。カナダ当局が、ファーウェイの孟晩舟副会長を拘束後、中国が拘束したカナダ人は3人目となる。米公共放送ボイス・オブ・アメリカが伝えた。

 耿副報道局長によると、山東省の警察が違法薬物使用容疑で外国人留学生数人を拘束したが、その中にカナダ人が含まれていた。副局長は、捜査中であることを理由に詳細を説明しなかった。カナダ政府も自国民1人が山東省煙台市で拘束されたことを認めたが、詳しい状況は明らかにしていない。

 江蘇省徐州市の警察もこのほど、違法薬物使用容疑で英語学校の教員と学生を拘束した。英政府によると、4人の英国人が含まれいた。副局長は、徐州の事件と山東省のカナダ人容疑者は無関係だと述べた。

 米ニューヨーク・タイムズ紙によると、孟副会長の拘束後に中国に拘束されたカナダの元外交官マイケル・コブリグと朝鮮問題専門家マイケル・スパバの両氏はは、秘密の場所に拘束中で、弁護士、家族とも面会できていない。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
拘束カナダ人のスパイ疑惑報道 孟氏引き渡し審理に報復か  
カナダ、孟副会長の引き渡し審理開始へ=中国大使館が抗議
ファーウェイ事件後のカナダ人拘束13人 8人は釈放
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ