中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:綿陽

2019年12月9日震 中国地震台網によると、9日午後5時20分ごろ、四川省綿陽市安州区でマグニチュード(M)4.6の地震があった。震源の深さは10キロ。ニュースサイトの中国新聞網が同日伝えた。

 103キロ離れた省都の成都、徳陽、広元の各市ではっきりとした揺れを感じた。安州区当局によると、けが人や被害の情報はない。綿陽市消防救援支隊は、隊員の集結を終え次第、震央付近で状況の確認を行う計画だ。

 ニュースサイトの新京報によると、成都高新減災研究所が地元の応急管理部門と共同で開設する「大陸地震早期警報システム」は、今回の地震の7秒前、テレビ、スマートフォン、専用警報端末に警報を送ることに成功した。

 同研究所によると、同警報システムを導入している綿陽、成都などの学校では、警報を受けて生徒と教員が緊急避難した。また、低価格・高性能のスマートフォン「小米」で知られる北京小米科技(小米)は、同警報システムを内蔵したテレビとアプリを販売しており、今回も警報が流れた。その他、一部のインターネットテレビでも警報を画面に表示した。

★参考情報★
ーーーーーーーー
河北省・唐山でM4.5地震 北京、天津でも揺れ
広西・靖西でM4.3地震 民家損壊、けが人なし
広西でM5.2地震 マンガン鉱山で1人死亡4人けが
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年7月13日雨 国家応急管理部は12日、四川、甘粛両省で連日の大雨による水害や土砂災害が発生し、15人が死亡、4人が行方不明になった。被災者数は200万人を超えるとみられる。同部などは、災害救援、消防、地質災害などの担当者からなる専門チームを現地に派遣した。香港メディアの東網が13日伝えた。 (写真は東網のキャプチャー)

 四川省民政庁によると、同省の大雨は7日から続き、12日午前10時現在、成都、徳陽、綿陽などの13市・62県で3人が死亡、93万2000人が被災した。直接的な経済的被害は24億元(約406億円)に上った。
 甘粛省民政長によると、12日午前10時現在、白銀、天水、張掖など10市・44県で12人が死亡、4人が行方不明となり、108万2000人が被災した。経済的な被害は14億7000万元と推計されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ