中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:甘粛

2019年11月18日鼠 香港メディアの東網は16日、法定伝染病のペストの感染者が少なくとも9人に上ると伝えた。先に2人が入院した北京朝陽病院に続き、別の病院でも感染が確認された。一部の医師は、ペストの感染が青海、甘粛、内モンゴル、北京の4省・市に拡大したとみている。(写真は星島日報のキャプチャー)

 北京朝陽病院に入院中の2人は、内モンゴル自治区シリンゴル盟で10月25日と31日に発症。同自治区内の病院で受診したが設備と技術の不足からペストと確認できず、今月3日に同病院に入院した。1人は容態が安定しているが、1人は重症という。

 朝陽病院の2人は、それぞれ別に複数の病院を経ており、市民や病院関係者多数と接触した。当局は、2人と接触した住民を調べるよう命じたという。ネット情報によると、北京大学人民病院は、北京朝陽病院に行ったり、内モンゴル、青海、甘粛に行ったことがある場合、申告するよう通知した。 

 ネット上では、北京宣武病院と北京児童病院でペスト感染者が確認され、うち宣武病院は一家3人で、子ども1人が死亡したとの情報が流れた。北京衛生健康委員会は、両病院での感染者の発生を否定した。

★参考情報★
ーーーーーーー
内モンゴルの2人が肺ペストと診断 北京の病院で隔離
今年初のジカ熱患者を確認=モルディブから帰国-広州
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年7月13日雨 国家応急管理部は12日、四川、甘粛両省で連日の大雨による水害や土砂災害が発生し、15人が死亡、4人が行方不明になった。被災者数は200万人を超えるとみられる。同部などは、災害救援、消防、地質災害などの担当者からなる専門チームを現地に派遣した。香港メディアの東網が13日伝えた。 (写真は東網のキャプチャー)

 四川省民政庁によると、同省の大雨は7日から続き、12日午前10時現在、成都、徳陽、綿陽などの13市・62県で3人が死亡、93万2000人が被災した。直接的な経済的被害は24億元(約406億円)に上った。
 甘粛省民政長によると、12日午前10時現在、白銀、天水、張掖など10市・44県で12人が死亡、4人が行方不明となり、108万2000人が被災した。経済的な被害は14億7000万元と推計されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ