中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:爆発

2019年11月8日瓦 北京市南西部の房山区良郷の市街地にある食堂で6日午前11時半ごろ、爆発が起き、客とみられる少なくとも3人がけがした。警察が出火原因を調べている。中国経済網が同日伝えた。(写真は百度のキャプチャー)

 目撃者によると、食堂の店員が調理中、漏れたガスに火が着いて爆発が起きた。3人はやけどしたもようだ。

 中国では飲食店のガス爆発事故が頻発している。10月中旬には、江蘇省無錫市錫山区の鵞湖鎮にあるレストランで食事客らが6人が死亡、10人が重軽傷を負った。8月には遼寧省北票市にある飲食店で、4人が死亡、16人が重軽傷を負った。



★参考情報★
ーーーーーーーーーー
レストランで爆発 6人死亡、10人以上重軽傷 無錫
飲食店でLPガス爆発 4人死亡16人重軽傷 遼寧
高層マンションでガス爆発 住民2人死亡 黒竜江

2019年10月16日化 15日付の南方都市報(電子版)によると、広西チワン族自治区の陸川県北部工業園にある化学品製造会社、広西蘭科新材料有限公司の工場で、15日午前11時15分ごろ作業中に爆発が起き、作業員4人が死亡、6人が重軽傷を負った。

 地元紙によると、作業員が樹脂を混ぜて接着剤を製造する試験作業中、反応釜で爆発が起きた。当局は、作業手順などに問題がなかったかなど、事故原因を調べている。同社は今年4月、危険化学品の製造許可を取得したばかりだった。

 事故直後、工場から白い煙が大量に立ち昇り、多数の工員が工場から逃げた。住民多数も避難した。工場の建屋は骨組みだけを残して壊れ、敷地内にがれきが散乱した。
 同社は、リサイクル会社の子会社として2010年に発足。合成樹脂、固化剤、鋳物用塗料、接着剤、不凍液などを製造している。

 中国各地で化学工場で爆発事故が続いている。9月末には、浙江省寧波市寧海県の化学品メーカー「寧波鋭奇日用品有限公司」で工場ば爆発炎上し、19人が死亡した。7月末には遼寧省葫蘆島市で2人が死亡。今年3月には、江蘇省塩城市響水県の江蘇天嘉宜化工有限公司の爆発事故では78人が死亡、566人が重軽傷を負った。


★参考情報★
ーーーーーーーー
化学工場で爆発炎上、19人死亡 日用化学品を製造 浙江

2019年10月1日化 ニュースサイトの澎湃新聞によると、浙江省寧波市寧海県の化学品メーカー「寧波鋭奇日用品有限公司」の工場で29日午後1時20分ごろ、爆発とともに火災が発生した。消防隊が駆けつけ消火にあたり、約2時間半後に鎮火した。30日午前6時現在、死者は19人に上り、少なくともけが人2人が出ている。警察と消防が原因を調べている。(写真は東網のキャプチャー)

 環境保護部門によると、工場周辺で汚染物質の濃度は、基準を超えていない。ネット上の映像によると、工場から巨大な火の玉が挙がり、濃い煙が吹き上げた。工場付近の住民が一時避難した。

 同社は2015年の発足。プラスチック製品、自動車用芳香剤空気清浄スプレーなどを製造している。
 中国各地の化学工場で爆発事故がしばしば発生。7月末には遼寧省葫蘆島市で工場が爆発炎上し、作業員2人が死亡した。今年3月には、江蘇省塩城市響水県の化学メーカー、江蘇天嘉宜化工有限公司の化学工場が爆発し78人が死亡、566人が重軽傷を負った。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
化学工場で爆発、従業員3人死傷 住民が一時避難 遼寧

2019年8月26日爆 江西省応急管理庁によると、同省鷹潭市内の貴渓市にある金属リサイクル業、江西君晟金属科技有限公司で23日午前10時09分ごろ、環境汚染防止用の除じん施設で爆発が、火の手が上がった。消防隊が急行し約2時間半後に鎮火したが、作業員1人が死亡、消防隊員4人を含む8人がやけどを負った。ニュースサイトの新京報が23日伝えた。 (写真は東網のキャプチャー) 

 東網によると、やけどした8人のうち1人は重体。貴渓市政府が負傷者の治療、事故調査、事後処理などの専門チームを複数立ち上げ、活動に着手した。出火原因を調査中だが、アルミニウム粉などが火元となった可能性がある。  

 2014年8月2日には、江蘇省昆山市の台湾系非鉄金属メーカー、昆山中栄金属製品有限公司でアルミニウム粉を原因とする爆発があり、146人が死亡、114人が負傷した。
★参考情報★
ーーーーーーーー
化学工場の倉庫が爆発炎上 周辺住民約400人が避難 広東
化学工場で爆発、従業員3人死傷 住民が一時避難 遼寧
江蘇昆山の工場で爆発、2人死亡3人けが

2019年8月08日化 広東省清遠市内の英徳市にある化学品製造会社、広東広康生化科技の倉庫が6日午後11時ごろ爆発炎上した。けが人はなかった。消防隊員らが工場内の従業員の退避を確認する一方、周辺の住民400人を避難させた。ニュースサイトの中国網財経が7日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 英徳市当局によると、火災は約1000平方メートルを焼いて、7日午前7時半ごろ鎮火した。当局は、倉庫内に保管中の製品が火元とみて事故原因を調べている。

 同社は農薬の製造会社で、主にビフェントリン、デルタメトリンなど農薬と農薬の中間体や原料薬を製造している。

 中国各地の化学工場で爆発事故が続いている。7月末には遼寧省葫蘆島市で工場が爆発炎上し、作業員2人が死亡した。今年3月には、江蘇省塩城市響水県の化学メーカー、江蘇天嘉宜化工有限公司の化学工場が爆発し78人が死亡、566人が重軽傷を負った。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
化学工場で爆発、従業員3人死傷 住民が一時避難 遼寧
ガス製造工場が爆発炎上 15人死亡、19人重軽傷 河南
化学工場でタンクが爆発炎上 2人死亡9人けが 安徽

↑このページのトップヘ