中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:爆発

2020年6月15日油 ニュースサイトの網易によると、浙江省台州市内温嶺市大渓鎮の「G15・瀋海高速道路」で13日午後4時16分ごろ、タンクローリー1大が爆発し、通行中の自動車と道路周辺の住宅が巻き込まれた。14日現在、19人が死亡、172人が重軽傷を負い病院に運ばれた。当局が事故原因を調べている。(写真は東網のキャプチャー)

 当局によると、タンクローリーは液化石油ガス(LPG)を積み、浙江省寧波市から温州市に向かっていた。タンクローリーは、高速道路から国道に向かうインターチェンジで爆発後、弾みで道路脇の工場に衝突して再び爆発した。付近の工場やアパート多数が倒壊。爆発の威力は大きく、タンクが吹き飛ばされて、沿道のアパート4階に当たった。

 事故後、台州市と温嶺市が緊急事態を発令。警察や消防隊員らが出動して、けが人の救助に当たった。アパートなど住宅多数が倒損壊したため、政府が住民向けに臨時の避難所13カ所を設置した。当局が詳しい被害状況の調査を進めている。

 住民の女性は「大きな音がした後、火柱が上がるのが見えた。その後、さらに大きな爆発音がして、地面が揺れた。正体不明の物が飛んで、隣のアパートの屋根を乗り越え、別の棟に当たった」と話している。

★参考情報★
ーーーーーー
LNGタンク車2台爆発 違法供給所の疑い、けが人なし-大連
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニュースサイトの中国新聞網によると、江蘇省鎮江市内の丹陽市政府の応急管理局は16日、光学機器メーカーの丹陽市興興光学儀器で爆燃事故があり、作業員2人が死亡したと発表した。

 同局によると15日午前11時ごろ、同市陵口鎮にある同社の靴用接着剤の加工場で爆燃が起きた。火は約2時間40分後に消し止められたが、2人が死亡したほか8人が重軽傷を負って病院に運ばれた。当局が事故原因を調べている。また、鎮江市の当局が、労災防止を徹底するよう関係者に指示した。

 中国では新型コロナウイルス感染拡大の沈静し、各地の工場が操業を再開したのに伴い、爆発や火災事故が頻発し始めた。4月30日には、内モンゴル自治区オルドス市のコークス製造会社で炎上事故があり、従業員4人が死傷。9日には山西省太原市のクレーン工場で爆発があり、作業員7人が死傷した。

★参考情報★
ーーーーーーーー
江蘇・連雲港の研磨材料工場が爆発炎上、けが人なし
クレーン組立工場で爆発 1人死亡6人けが 山西
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年5月1日煤 ニュースサイトの中国新聞網によると、内モンゴル自治区オルドス市オトク旗の蒙西園区で4月30日午前8時半ごろ、コークス製造会社「華冶煤焦化」の工場で、パイプラインから石炭ガスが漏れ炎上した。従業員3人が死亡、1人がけがした。現地政府が緊急事態を発令して、けが人の治療を指示する一方、事故原因の調査を始めた。(写真は東網のキャプチャー)

 地元政府によると、事故直後、現場から従業員4人を救出したが、1人はその場で死亡が確認された。2人は病院搬送後に死亡した。けが人は治療を受けているが、命に別状はないという。工場では、一時炎と煙が高く挙がるもようが遠方からも確認できた。

 中国では新型コロナウイルス感染拡大の沈静化後、各地の工場の操業再開とともに、爆発や火災事故が頻発し始めた。4月21日には、江蘇省連雲港市の研磨材メーカーの工場で爆発が起きたが、けが人はなかった。9日には山西省太原市のクレーン工場で爆発があり、作業員7人が死傷。2日にも遼寧省葫蘆島市の化学工場で爆発があり、作業員8人が死傷、3人が行方不明となった。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年4月23日化 ニュースサイトの新京報網などによると、江蘇省連雲港市「コウ(章の右に夂と貢)楡区」の研磨材メーカー「連雲港宏興研磨材料」の工場21日午後9時、爆発炎上した。同区政府によると、約2時後に鎮火した。けが人はなかった。当局が事故原因を調べている。

 爆発は研磨材料の炭化ケイ素工場で起きた。住民によると、爆発音は3回聞こえ白い煙が上がった。

 区政府の環境保護部門が調べたところ、22日午前1時現在、工場の風下約100メートルの住宅地で、大気中のフッ化水素や二酸化硫黄の濃度を調べたが異状はなかった。工場周辺の水質も、大きな汚染はないという。

 中国では新型コロナウイルス感染拡大の沈静化後、各地の工場の操業再開とともに、爆発事故も頻発している。9日には山西省太原市のクレーン工場で爆発があり、作業員7人が死傷。2日にも遼寧省葫蘆島市の化学工場で爆発があり、作業員8人が死傷、3人が行方不明となった。


★参考情報★
ーーーーーーーー
化学工場で爆発、1人不明2人けが 周辺住民が避難 貴州
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年4月10日爆  ニュースサイトの中国新聞網によると、山西省応急管理庁は9日、同日午後2時ごろ山西省太原市万柏林区のクレーン製造会社「太原重工起重機支社」の「組立第一工場」で爆発があり、作業員1人が死亡、6人がけがした。当局が事故原因を調べている。(写真は東網のキャプチャー)

 目撃者の1人は中国紙新京報に「作業員が溶接作業をしていたところ、近くで爆発が起きた」と話している。

 工場は大型クレーンや運搬機の製造を行っている。敷地面積8万平方メートルで、溶接作業場や組立作業場などがある。

 中国では2日も、遼寧省葫蘆島市の化学工場で爆発があり、作業員8人が死傷、3人が行方不明となった。1月17日は貴州省福泉市の溶剤メーカーで爆発があり、従業員2人が重軽傷を負い、1人が行方不明になった。

★参考情報★
ーーーーーーー
化学工場で爆発、1人不明2人けが 周辺住民が避難 貴州
珠海で石化プラント爆発炎上 けが人なし、過去に火災歴 広東
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ