中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:火災

2020年4月30日国
 ニュースサイトの封面新聞によると、黒竜江省斉斉哈爾市建華区で29日正午ごろ、高層マンション「金融街北楼」の30階でガス爆発があり、住民1人が死亡、3人が軽傷を負った。当局が爆発の詳しい原因を調べている。(写真は東網のキャプチャー)

 香港メディアの東網によると、爆発が起きたのは30階の3005号室と3006号室。爆発とともに火災が起きたが、30分後に鎮火した。マンション内の住民は全員避難した。

 中国では高層マンションでの爆発や火災が頻発。昨年12月2日には、遼寧省瀋陽市の25階建てマンションで火災があり298世帯が避難した。昨年7月には広東省深セン市羅湖区の高層マンション43階で、ガス爆発と火災があり、男性1人が転落して死亡。5月には黒竜江省ハルビン市の高層マンションの16階で住民2人が死亡した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
深センの高層マンションで火災 住民男性1人が転落死
高層マンションでガス爆発 住民2人死亡 黒竜江
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年4月3日火ニュースサイトの騰訊網によると、江蘇省シュツ(さんずいに述のつくり)陽県耿ウ(土へんに于)鎮の家具工場で2日午前10時ごろ火災があり、消防隊が駆けつけ1時間20分後に鎮火した。従業員とみられる5人が死亡、2人が救助されたがけがはなかった。消防局などが出火原因を調べている。(写真は騰訊網のキャプチャー)

 出火後、工場全体が濃い煙に包まれ、従業員が屋上に取り残された。付近の工事現場で作業中のクレーン車が急行。従業員が降りてきたクレーンのアームにしがみつき、救助される一幕があった。

★参考情報★
ーーーーーーーー
染色工場の汚水タンク爆発 棚板が崩落、4人死亡16人けが
衛生陶器工場で火災 4人死亡、3人けが 福建
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年1月14日火 ニュースサイトの新京報網によると、広東省珠海市の珠海高欄港経済区にある石油化学会社、長煉石化設備有限公司の工場で14日午後1時40分ごろ、爆発炎上事故が起きた。消防車40台と隊員200人が現場に急行したほか、広東省消防救援総隊が、広州、仏山、江門など周辺各市から応援の5隊を現場に派遣した。けが人の情報はない。(写真は東網のキャプチャー)

 新京網によると、同社は、投資会社、深セン埃森新能源集団(広東省深セン市)の子会社。アレーンなど石油化学製品を製造している。2015年にも大規模な火災を起こした。この際もけが人はなかった。また、当局が昨年7月に行った安全操業のための立ち入り検査で、15件の問題点があるとの指摘を受けた。

 中国経済網によると、中国では19年3月に、江蘇省塩城市響水県の化学メーカー江蘇天嘉宜化工有限公司で78人が死亡、566人が重軽傷を負う惨事が起きた後、広東省応急管理庁は省内の工場に対し安全総点検を実施。3社に閉鎖を命じたほか、長煉石化設備有限公司を含む8社に対し、違法操業の疑いで取り調べを行った。

 中国では江蘇省塩城市響水県の大事故の後も、化学工場の爆発や火災事故が頻発している。昨年12月16日には、広東省広州市の広州市衛斯理化工科技有限公司で火災があり作業員4人が病院に運ばれた。同月4日には、浙江省嘉興市内の染色会社の工場で汚水タンクが爆発し、20人が死傷。10月には浙江省寧海県の化学品メーカーの工場で爆発があり19人が死亡した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年12月25日火 ニュースサイトの中国経済網によると、上海市中心部の静安区の大統路近くで24日午後7時半ごろ、アパートと商店が入る中層の建物から出火し、消防隊が急行して消火作業にあたった。けが人はなかった。(写真は中国経済網のキャプチャー)

 目撃者によると、建物の屋根部分から火の手が上がり、濃い煙が上がった。現場は上海駅近くの市中心部。消防車数十台とドローンが出動した。

 上海市静安区では2010年11月には、膠州路の28階建てのマンションが焼ける大火があり、住民53人が死亡、70人がけがした。消防は、冬は空気が乾燥するため、火や電気の取り扱いに注意するよう呼びかけている。

 中国では11月中旬にも、安徽省蚌埠市でアパートと商店が入る建物の1階商店部分から出火。5人が死亡、3人が重軽傷を負った。

★参考情報★
ーーーーーーーーー

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年12月18日火 ニュースサイトの新京網によると、広東省広州市増城区の中新鎮にある化学品メーカー、広州市衛斯理化工科技有限公司の工場で16日午後5時52分ごろ、火災があり、消防車15台や警察などが急行した。作業員4人が煙を吸って不調を訴え、病院に運ばれた。(写真は博訊新聞網のキャプチャー)

 香港メディア東網によると、出火現場では炎が高く上がり、たびたび爆発音がした。工場の建屋は、支柱だけを残して全焼した。

 地元メディアによると、同社は、自動車メンテナンス用品や家庭用塗料などを製造する会社で2010年に発足した。17年2月にも労災防止関連の規則に違反し、増城区安全生産監督局から罰金支払いと改善命令を受けた。

 中国では化学品関連の工場で、けが人が出る火災や爆発が頻発している。今月4日には、浙江省嘉興市内の染色会社の工場で汚水タンクが爆発し、20人が死傷。10月には浙江省寧海県の化学品メーカーの工場で爆発があり19人が死亡した。

衛生陶器工場で火災 4人死亡、3人けが 福建
プラスチック工場で火災、6人死亡ー江蘇
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ