中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:濃霧

 2019年2月7日霧山東省気象台は6日、濃霧で3段階で2番目の黄色警報を発令した。煙台、青島、臨沂、済南などの各市では、一部で視界が200メートル以下に低下。高速道路料金所100カ所余りを閉鎖し進入を禁止した。環球網が同日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 山東省交通運輸庁によると、長春(吉林)-深セン(広東)高速道路(G25)、青島(山東)-蘭州(甘粛)高速道路(G22)、瀋陽(遼寧)-海口(海南)高速道路(G15)など高速道路13本の同省内の区間で濃霧の影響が出た。G25、G22、G15は特に大きな影響が出て、それぞれ料金所10カ所を閉鎖した。

 澎湃新聞網によると、上海市でも5日夜から6日早朝にかけ郊外で濃霧が発生。松江、金山、青浦では100メートル以下、崇明、奉賢、浦東南部では100~200メートルに視界が低下した。上海市中心気象台は5日深夜、濃霧黄色警報を発令した。


★参考情報★
ーーーーーーーー
中国南方一帯で濃霧 一部で視界200メートル以下
今年最大で最長の大気汚染 濃霧と砂じん PM2.5も上昇
上海でも大気汚染深刻化 PM2.5は200μg/m3 濃霧で黄色とオレンジ警報発令

 2019年2月5日霧旧暦の1月1日に当たる5日、浙江、江蘇両省など中国南方の多くの地区が濃霧に覆われ、一部で視界が200メートルに低下した。香港紙・蘋果日報(電子版)が同日伝えた。(写真は博訊新聞網のキャプチャー)

 中央気象台は4日、濃霧では3段階で2番目の「黄色警報」を発令。江蘇省中北部、安徽省南部、湖北省中東部と西南部、湖南省北部、重慶市中部が濃い霧に覆われた。また、北方の北京市では5日、軽度から中度のスモッグが発生した。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
今年最大で最長の大気汚染 濃霧と砂じん PM2.5も上昇
上海でも大気汚染深刻化 PM2.5は200μg/m3 濃霧で黄色とオレンジ警報発令

2018年12月4日汚 生態環境省は3日、中国中部と東部の広い地域で激しい大気汚染が続いていると発表した。今年に入り最も広域で、持続時間が長く、最も重い汚染だという。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が同日伝えた。(写真は博訊新聞網のキャプチャー)

 同省によると、北京・天津・河北(京津冀)、長江デルタ地区、湖北・湖南などの各地で、濃霧に加えて、砂嵐の砂じんの滞留により大気汚染が継続。62都市で大気汚染物質の平均濃度が「重度」以上となっている。

 北京・天津・河北と周辺の41都市では、PM2.5(微小粒子状物質)の平均濃度が「重度」以上に上昇した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー


 2018年11月26日霧四川省成都市の成都双流国際空港が25日、前日に続いて濃霧に覆われ、同日午前9時現在、90便が遅延、16便が取り消しになった。また、到着予定の10便が他空港に着陸した。中国新聞網が25日伝えた。(写真は中国新聞網のキャプチャー)

 四川省の成都平原は25日朝、今冬で最も激しい濃霧となり、省内の成都-綿陽、成都-雅安、成都-南充の各高速道路が通行止めになった。


 2018年11月20日車ニュースサイトの新京報によると、河南省駐馬店市の「大慶(黒龍江)-広州(広東)高速道路」(大広高速)で19日午前7時27分ごろ、濃霧が原因とみられる車28台が絡む玉突き衝突事故があり、3人が死亡、12人が重傷を負った。(写真は百度・百家号のキャプチャー)

 河南省気象台は同日午前6時ごろから、事故現場の駐馬店市などに濃霧では上から2番目の濃霧警報を発令。視界が200メートル以下、一部では50メートルになるとの予測を発表していた。

 公安部交通管理局は14日、2018年に濃霧による交通事故が3回以上発生した高速道路の区間を発表した。それによると、河南省の大広高速では、10区間で今年6回以上の事故が起き、13回発生した区間もあった。

 19日の事故で、衝突した車の多くは激しく損壊。救急隊員が潰れた運転席から運転手を引き出す場面もみられた。ダンプカーの尾部に、後ろのトラックの先頭部分が潜り込むなど、衝突の激しさを示していた。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーー

↑このページのトップヘ