中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:満洲里

22020年12月02日満 中国のニュースサイト、新華網によると、内モンゴル自治区衛生健康委員会は1日、前日の11月30日から1日午前7時までに、新型コロナウイルスの新規患者4人を確認したと発表した。うち3人は無症状感染者だったが発症、1人は別の患者の濃厚接触者だった。また、新たに無症状感染者1人も確認した。(写真は東網のキャプチャー)

 満洲里市で1日午前7時までに確認された新規患者は18人、感染疑いの患者は2人、無症状感染者は2人。中国新聞網によると、同自治区政府の新型コロナ対策本部は1日、満洲里市の南区など3カ所を「リスク中」地域に格上げし、住宅の建物ごとの厳しい管理を始めた。

 ニュースサイトの央広網によると、新型コロナ患者の確認が続いていることを受け、満洲里市政府は11月27日から、全市民を対象とした2回目のPCR検査を実施すると決めた。1回目の全市民の検査では20万3326人の検査が行われ、感染拡大防止の科学的根拠となった。

 国家衛生健康委員会によると、2日午前0時現在、中国の新型コロナ患者は268人(うち重症者は8人)。累計では8万6551人で、これまでに8万1649人が退院した。死者は4634人となっている。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
天津の新型コロナ感染は2系統 1つは北米産豚から 中国
中国で新型コロナ患者増加 上海、天津、内モンゴルで確認相次ぐ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国内モンゴル自治区政府の新型コロナウイルス対策予防指揮部26日午後、記者会見を行い、同自治区満洲里市で行ったPCR検査の結果を発表した。それによると患者は11人(うち重症1人、重体は1人)、感染した疑いがある患者2人、無症状感染者は1人だった。全員が満洲里人民病院で治療を受けている。澎湃新聞が同日伝えた

 同市のPCR検査は22日から、全市民を対象に行われ、25日に終了した。20万3326人を検査し、陽性者11人を確認した。
★参考情報★
ーーーーーーー
中国で新型コロナ患者増加 上海、天津、内モンゴルで確認相次ぐ
中国 上海浦東空港で新型コロナ患者 職員検査で一時混乱
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ