中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:湖南

2019年7月18日水7月上旬以降、中国の江西省、広西チワン族自治区、広東省、湖南省で相次ぎ洪水が発生し、一部で堤防が決壊し、大きな被害が出ている。水利省は14日、各地の河川377本で水位が洪水の警戒レベルを超えたと発表した。しかし、中国公式メディアの報道は極めて低調で、被災面積や人口、被害金額などの報道内容が実際よりかなり少ないとの指摘が出ている。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。 (写真はRFAのキャプチャー)

 海外SNSには、各地の被災状況を映した画像が相次ぎ投稿されている。うち、湖南省の湘江では住民多数が協力して土のうを積み上げているが、川面は両岸の地面を約5メートルも上回る様子が映っていた。一部では、川を遺体が流れる映像も流れた。別の映像では、同省衡山県では9日、堤防が約15メートル決壊し、自動車や家屋が水没する模様も。投稿者の1人は「メディアは、5日遅れて決壊を報じた」と指摘した。

 中国メディアは、政府高官による災害救助の指導ぶりを伝えることに熱心で、被災状況を詳しく報じていない。中国のSNS上の指摘では、中国中央テレビ局は17日未明、米国の停電を報じたが、湖南省の水害は伝えなかった。住民の1人はRFAに「庶民に本当のことを知らせないので、避難の計画も立てられない」と話している。

 中国の各メディアによると、湘江の下流域では50年に1度の洪水が発生、水利省は11日、湘江下流域に担当官と専門家のチームを派遣して対策への指導や助言を行わせている。気象当局は7月中旬から8月中旬まで、長江中下流、黄河、松花江、珠江などで洪水発生の恐れがあると見ている。


 
★参考情報★
ーーーーーーーーーー
湖南各地の洪水で死亡不明17人 衡陽で堤防決壊
南方6省で大雨災害拡大 死亡・不明20人、被災465万人
湖南の豪雨災害で16人死亡 中国南方で3日連続大雨警報

2019年7月11日菜 中国新聞網によると、国家減災センターは10日、中国南方地区で大雨による水害や土砂災害による被害が拡大しており、湖南、江西など6省で10人が死亡、10人が行方不明となったと発表した。各地の被災者は465万人で、経済的被害は70億9000万元(約1115億円)に上った。(写真は澎湃新聞のキャプチャー)

 澎湃新聞によると、湖南省では9日までに、衡陽、株洲、永洲など9市44県で84万8000人が被災。土砂崩れに巻き込まれたり、溺れるなどして少なくとも4人が死亡、5人が行方不明になっている。家屋1000戸が倒壊、4200戸が損壊した。

 江西省では9日までに、宜春、撫州、萍郷など8市43県で146万4000人が被災。家屋の倒壊と落雷で3人が死亡した。

 広西チワン族自治区は河内、柳州、桂林など5市27県で10万600人、貴州省の黔南、黔東南、六盤水など4市・自治州、13県・区で5万5000人が被災した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
湖南の豪雨災害で16人死亡 中国南方で3日連続大雨警報
東北から広西まで大雨 南方地区一帯に黄色警報
落雷で4人死亡6人けが 江西4市5県で大荒れ天気

 応急管理省によると、中国南方地区では大雨による水害や土砂災害の被害が拡大しており、16日午前10時現在、福建、江西、湖南、広東など8省・自治区・直轄市で死者88人、行方不明者は17人を数えた。被災者614万。ニュースサイトの国際在線が17日伝えた。

 同省によると、16~19日は貴州、華南、長江中・下流域、20~25日は江南中・南部で大雨となる見通し。17、18の両日は貴州省南部と四川省南部で冠水や山崩れの恐れがある。広西チワン族自治区の柳江、桂江、湖南省の湘江、江西省の楽安河などの各主要河川と、一部の中小河川で水位が警戒レベルを超え、洪水が起きる可能性がある。

 各地域の消防救援隊は16日までに、水害で孤立するなどした住民計5060人を救出したほか、1万5000人を避難させた。これまでの経済的な損失は201億3000万元(3157万円)に上る。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
南方で洪水や土砂災害続く 8省で61人死亡、14人不明
22省で洪水の被害 死亡不明83人、被災者675万人
広西各地で大雨 9人死亡3人不明、35万人被災

2019年6月14日水 中国南方地区の各地で大雨が続き、洪水や土砂災害が起きている。13日に開かれた、国家洪水防止・干ばつ対策指揮部などの災害対策会議によると、同日午後4時現在、江西など8省で6人が死亡、14人が行方不明になった。新京報が13日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 江南、華南など南方地区の大雨は6日ごろ始まり、各地で市街地や農地の冠水などの水害が起きている。13日午後4時現在、浙江、福建、江西、湖南、広東、広西、重慶、貴州の8省(自治区、直轄市)で約531万人が被災。死者行方不明者は75人。35万6000人が避難した。家屋の倒壊は9300戸、損壊は5万6000戸。直接的な経済的損失は133億5000万元(約2087億円)に上った。

 中央気象台によると、湖北省中南部、長江中下流南側の江南、華南北部で17~19日大雨となる見通し。既に降った雨の影響もあり、洪水、市街地の冠水、土砂災害などが起きる恐れがある。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーー
22省で洪水の被害 死亡不明83人、被災者675万人
広西各地で大雨 9人死亡3人不明、35万人被災
広東省珠海で豪雨赤色警報 珠海空港で31便に影響

 2019年5月21日水国家減災中心によると、中国南方の江南、華南、西南の各地で16日から大雨が降り、福建、湖南、重慶など7省・直轄市で水害などの被災人数は約47万人に達し、4人が死亡、2万7000人が避難した。(写真は百度のキャプチャー)

 南方各地のうち重慶南西部、貴州中北部、湖南中北部、江西中部、広東中北部などで累積雨量が100ミリ、江西中部、広東北部では200~340ミリに達した。また一部では強風、雷、ひょうに見舞われた。これらの地区では洪水や土砂崩れなどにより家屋の損壊、農地の冠水、道路や橋の損壊などの被害が出た。

 各地の家屋の被害は、倒壊が3400世帯、損壊が1万5000世帯。農地の被災面積は29万2000ヘクタール(ha)。直接の経済的損失は18億3000万元(約290億円)に上った。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー


↑このページのトップヘ