中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:湖北

 2020年3月31日湖ニュースサイトの澎湃新聞によると、新型コロナウイルスの感染拡大阻止のため止まっていた湖北省と外部との交通が再開し、各地でへの復帰が始まった。湖北省人的資源・社会保障庁によると3月28日までに全省の480万人が復帰し、うち280万人が省外の職場に向かった。主な行き先は広東、浙江、江蘇、福建でうち広東が4割を占める。 (写真は旺報のキャプチャー)

 台湾紙・旺報によると、各地では湖北省民への偏見があり、労働者を乗せて各地に向かう専用バスが目的地近くで足止めになるケースが頻発している。現地の係官が、各人の健康上の履歴が分かる「湖北健康番号」を、症状がなくても1人ずつ調べているため、バスの中で夜通し待たされる例もある。一部の企業は、湖北省民を雇用しないところもあるという。

 官僚研修機関である中国中央党校の竹立家教授は「差別感情が続けば、合法的な権利の侵害になる」と述べ、冷静な対応を呼びかけた。

 湖北省は3月25日から武漢市を除き、湖北省の封鎖を解除し外部との交通を再開した。武漢市は4月8日に閉鎖が解除される見通し。


★参考情報★
ーーーーーーーーー


このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年3月30日空 ニュースサイトの中国青年網などによると、湖北省の航空輸送が29日、武漢市を除いて再開し、午前0時6分、宜昌市から福建省福州市に向け旅客機が出発した。同省の航空旅客輸送は、新型コロナウイルスの感染拡大のため約2カ月停止していた。(写真は星島日報のキャプチャー)

 中国民用航空局は「湖北省の民用航空便の再開に関する通知」を出し、29日午前0時から、武漢天河空港を除いて、旅客国内便と貨物便を再開すると宣言した。宜昌市の宜昌三峡空港から同日、広東省・深センや陝西省・西安行きなど22便が飛び立った。同日、襄陽や恩施、十堰などの空港も運航を再開した。

 再開後の最初の便は、福州航空FU6779便で64人を乗せ福州に向かった。ウイルスの感染拡大が始まったころ、福州市の医療チームがいち早く宜昌市に駆けつけてくれたため、感謝を込めて最初の便の目的地に選ばれたという。 


 香港紙・星島日報(電子版)によると、武漢天河空港発の国内便は4月8日に再開予定。しかし、国際便と香港・マカオ・台湾便と北京行きの便は当面運休が続く見通し。貨物輸送は29日午前0時から国内、国際便ともすべて再開した。当局は航空貨物会社に、内外の便の増加を促している

★参考情報★
ーーーーーーーーーー





このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年3月30日衝ネット上に投稿された多数の動画によると、江西省九江市の長江に掛かる橋「長江一橋」で27日、同市の警察官と湖北省黄梅県の交通警察官が衝突した。新型コロナウイルスの感染拡大で封鎖されていた湖北省の交通が再開したが、なお感染拡大を恐れる九江市の警察が流入を阻止したためという。博訊新聞網が同日伝えた。(写真は博訊新聞網のキャプチャー)

 九江市と黄梅県は長江を挟んで隣接し、「長江一橋」で結ばれている。湖北省の封鎖が解除されたため、黄梅県の住民が出稼ぎ先に復帰するため、徒歩や車で九江市の九江駅に向かった。しかし、九江市とが検疫を強化しようとしたことが発端となり、両地の警察が衝突した。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー






このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年3月25日解 ニュースサイトの中華網によると、湖北省の新型コロナウイルス感染対策本部は24日、武漢市を除き、湖北省の封鎖を25日に解除して外部との交通をすると発表した。武漢市の交通再開は4月8日からとなる。武漢市は、同ウイルスの感染拡大の発端となり1月23日から封鎖されている。(写真はVOAのキャプチャー)

 空港会社の湖北機場集団によると、湖北襄陽、恩施、神農架の3空港も25日、運行を再開した。

 同省政府によると、武漢を除く湖北省では25日から「湖北健康番号」の発行を受けた上で、省外への職場復帰が認められる。武漢市も4月8日から同様となる。省外から湖北省に戻る場合も、出身地か湖北省発行の健康番号の交付を受ける必要がある。

 武漢市の企業は、同ウイルスの感染防止対策を前提に、一定条件を満たしたところら、従事事業の再開を認める。また、湖北省内の小中学校から大学まですべての学校は、引き続き休校となる。


★参考情報★
ーーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

 国家衛生健康委員会の16日の発表によると、同日午前0時現在、新型コロナウイルスが原因の肺炎の累計患者数は8万860人、死者数は3213人、疑いのある患者数は134人となった。現在治療中の患者は9898人(うち重症は3032人)となっている。
 前日の15日の1日に新たに増えた患者は16人、死者は14人(全員が湖北)、感染の疑いがある患者は41人だった。
 15日の1日に新たに確認された、海外感染の患者は12人(北京4人、広東4人、上海2人、雲南1人、甘粛1人)。海外感染の患者の累計は16日午前0時までに123人となった。
 中国本土以外の累計患者数は217人。うち香港が148人(死者4人)、マカオが10人、台湾が59人(死者1人)だった。


★原文★

截至3月15日24时新型冠状病毒肺炎疫情最新情况
发布时间: 2020-03-16 来源: 卫生应急办公室

  3月15日0—24时,31个省(自治区、直辖市)和新疆生产建设兵团报告新增确诊病例16例,新增死亡病例14例(湖北14例),新增疑似病例41例。
  当日新增治愈出院病例838例,解除医学观察的密切接触者1316人,重症病例减少194例。
  截至3月15日24时,据31个省(自治区、直辖市)和新疆生产建设兵团报告,现有确诊病例9898例(其中重症病例3032例),累计治愈出院病例67749例,累计死亡病例3213例,累计报告确诊病例80860例,现有疑似病例134例。累计追踪到密切接触者680462人,尚在医学观察的密切接触者9582人。
  湖北新增确诊病例4例(武汉4例),新增治愈出院病例816例(武汉752例),新增死亡病例14例(武汉13例),现有确诊病例9605例(武汉9150例),其中重症病例2975例(武汉2878例)。累计治愈出院病例55094例(武汉38384例),累计死亡病例3099例(武汉2469例),累计确诊病例67798例(武汉50003例)。新增疑似病例2例(武汉2例),现有疑似病例18例(武汉15例)。
  3月15日0—24时,新增报告境外输入确诊病例12例(北京4例,广东4例,上海2例,云南1例,甘肃1例)。截至3月15日24时,累计报告境外输入确诊病例123例。
  累计收到港澳台地区通报确诊病例217例:香港特别行政区148例(出院84例,死亡4例),澳门特别行政区10例(出院10例),台湾地区59例(出院20例,死亡1例)。


(注:媒体引用时,请标注“信息来自国家卫生健康委员会官方网站”。)


★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ