中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:海口

 2019年7月31日海海南省海口市甲子鎮でで30日午前7時45分ごろ、路線バスが橋から下を流れる川に転落し、乗客2人が死亡、9人が重軽傷を負った。当局が事故原因を調べている。ニュースサイトの澎湃新聞が30日伝えた。(写真は澎湃新聞のキャプチャー)

 路線バスは海南広隆運輸公司の所属で、乗客12人が乗っていた。車掌の女性によると、バスは正面から走ってきた乗用車を避けようとハンドルを切り、欄干を突き破ってそのまま川へ転落した。バスは頭から水中に突っ込んだ。

 事故発生後、消防隊や付近の住民が協力し、バスの中から乗客を助け出した。軽傷の客は自力で脱出した。車掌は「水は深くなく、胸の高さぐらいだった」と話している。

 中国では、多数の死傷者が出るバスの事故が頻発している6月末には内モンゴル自治区アルシャン市で、観光バスが大型トラックに衝突され、6人が死亡38人が重軽傷を負った。同じ月に、江西省上饒市の高速道路で観光バス道路脇のガードレールに激突し、乗客と運転手53人が死傷した。


★参考情報★
ーーーーー
トラックと観光バス衝突 6人死亡38人重軽傷 内モンゴル
大型バスの事故相次ぐ 四川と江西で70人死傷

2018 年2月21日hainan 人気リゾート地の海南省海口市で、濃霧のため中国本土に向かうカーフェリーの欠航が相次ぎ、港湾近くに滞留する行楽客のマイカーが20日午後3時現在、約1万2000台に上った。金羊網が21日伝えた。(写真は易網のキャプチャー)

 海口市政府によると、海南省と広西チワン族自治区間の瓊州海峡で18日から連日濃霧が発生。当局がカーフェリーの運航停止を命じた。18日夜、海口市の港湾3カ所の周辺で足止めになったマイカーは約1万5000台、行楽客は約4万人に上った。

 20日午前からカーフェリーの運航が再開したが、午後になっても港湾周辺にマイカー約1万2000台、行楽客約3万人が出発待ちを続けた。海口市当局の予測では、春節(旧正月)連休7日間に本土に向かう車は9万台、行楽客は40万8000人に上る見通しだった。

 気象台によると、同海峡付近の濃霧は22日まで続くとみられ、カーフェリーも断続的に欠航する恐れがある。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
四川省14市で濃霧、双流空港と高速多数が閉鎖

↑このページのトップヘ