2018 年2月21日hainan 人気リゾート地の海南省海口市で、濃霧のため中国本土に向かうカーフェリーの欠航が相次ぎ、港湾近くに滞留する行楽客のマイカーが20日午後3時現在、約1万2000台に上った。金羊網が21日伝えた。(写真は易網のキャプチャー)

 海口市政府によると、海南省と広西チワン族自治区間の瓊州海峡で18日から連日濃霧が発生。当局がカーフェリーの運航停止を命じた。18日夜、海口市の港湾3カ所の周辺で足止めになったマイカーは約1万5000台、行楽客は約4万人に上った。

 20日午前からカーフェリーの運航が再開したが、午後になっても港湾周辺にマイカー約1万2000台、行楽客約3万人が出発待ちを続けた。海口市当局の予測では、春節(旧正月)連休7日間に本土に向かう車は9万台、行楽客は40万8000人に上る見通しだった。

 気象台によると、同海峡付近の濃霧は22日まで続くとみられ、カーフェリーも断続的に欠航する恐れがある。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
四川省14市で濃霧、双流空港と高速多数が閉鎖