中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:洪水

2020年8月20日長 中国本土のニュースサイト、澎湃新聞によると、長江の三峡ダムムに20日、増水のピークである「2020年長江第5号洪水」が到達する。流入量は毎秒7万4000立方メートルで、ダム完成後最大となる。(写真は東網のキャプチャー)

 中国紙・北京日報のサイトによると、三峡ダムの流入量で過去最大は2012年に毎秒7万1200立方メートル。ダムを管理する三峡集団によると、長江本流と支流の嘉陵江の増水の影響で「長江第5号洪水」は量が多く、継続時間も長いという。三峡集団は、周辺のダムに対し貯水量や放水量を共同で調節するよう呼びかけた。

 三峡ダム上流の重慶市では、長江と嘉陵江の増水で、洪崖洞や朝天門など川沿いの観光スポットの多くが冠水した。重慶市の当局は18日、史上初めて「洪水防止1級緊急対応」を発令した。重慶市江北区では、413世帯の985人が避難した。

 水利省長江水利委員会は18日、長江上流の支流、岷江に洪水では最高の「赤色警報」を発令。長江本流の宜賓(四川)から寸灘江までの区間で2番目の「オレンジ警報」、嘉陵江と三峡ダムに3番目の「黄色警報」をそれぞれ継続発令した。

★参考情報★
ーーーーーー
沱江で71年ぶりの増水 成都・金堂県で住宅水没
長江4号洪水が三峡ダム通過 今年最大の増水
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年8月19日水 四川省各地で続く大雨で一部では100年に一度と言われる水害が起きており、同省政府の洪水防止・干ばつ対策指揮部は18日、「洪水防止1級緊急対応」を発令し「状況は非常に深刻だ」とコメントした。同省の洪水の緊急対応で1級が発令されるのは史上初めて。台湾・中央通信社が同日伝えた。(写真は博訊新聞網のキャプチャー)

 同省を流れる長江の支流、青衣江流域の雅安市の都市部では100年に1度の洪水が発生している。今後、青衣江の全流域で、堤防など水利施設に被害が出る恐れがある危険水位を超える見通し。省内を流れる大渡河と岷江の下流域でも危険水位を超えるとみられる。

 同省を通る都江堰-ブン(さんずいに文)川高速道路は、一部区間で道路脇の斜面が崩れて寸断。冠水した区間もある。フウ(さんずいに倍のつくり)江では増水で鉄道橋の橋桁が流れる恐れがあり、鉄道会社の中国鉄路成都局は、流失防止の重しとするため貨物列車2本を鉄橋上に配置した。

 水利省は17日、四川省などの大雨のため、長江上流で増水のピーク「2020年長江第5号洪水」が形成されたと発表した。今年最大の水量となる毎秒7万立方メートルの水が三峡ダムに向かっている。

長江4号洪水が三峡ダム通過 今年最大の増水 
今年の水害被災者6346万人、死亡・不明219人<
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年8月13日北 ニュースサイトの中国経済網などによると、北京は12日から13日にかけて今季最大の豪雨となり、当局は12日午後11時、大雨黄色警報を出した。また、市水文総站は13日午前1時、洪水オレンジ警報を発令した。市中心部を流れる清河の水門「羊坊閘」付近に毎秒500立方メートルの水が流入し、同市朝陽区と北運河下流地域では、低地などで洪水の危険が高まった。当局は市民に外出を控えるよう呼びかけた。(写真は東網のキャプチャー)

 中国青年網によると、北京市公安局(警察)は12日夜、警察官4万人を動員。バスターミナルや高速道路、人が集まる場所などでパトロールと交通整理を強化した。また、市水務局などと協力し、川やダムの周辺、低地、旧式の住宅街などを点検し、一部では住民を避難させた。さらに、交通部門と協力し、市内で冠水が起きやすい道路92カ所やアンダーパス158カ所を点検した。

 北京青年報によると、北京市水務局は12日の豪雨で、北京市の降水量は11億1600万立方メートルになり、3億4400万立方メートルの水資源が得られたことを明らかにした。うち地表水は1億2100万立方メートル、地下水は2億2300立方メートルだった。
陝西・洛南で大規模な水害 5人死亡、10人不明
7月水害の被災者3838万人 死者と不明者56人
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年8月3日安 ニュースサイトの中国経済網によると、安徽省合肥市政府は7月31日、市内の巣湖の水害に関する会見を行い、同市で80万5136人が被災し、22万4672人が避難したことを明らかにした。また、同市政府によると、落雷により1人、救助活動を行っていた1人が死亡したほか、1人行方不明になっている。(写真は百度のキャプチャー)

 同市政府によると、避難所87カ所が開設され収容者は8251人。倒損壊の家屋は1万6940戸。直接的な経済的被害は50億6000万元(767億円)に上る。

 中国紙・湖北日報(電子版)によると、水利省長江水利委員会は、長江主流の水利施設全部で、洪水防止で限度となる「保証水位」を下回ったと発表した。水利省長江水利委員会は1日0時に、応急態勢のレベルを4段階で上から3番目の3級に引き下げた。

 今後8月上旬から中旬、長江上流で2~3回の大雨が予想されるが、その他では降雨量が減る見通し。三峡ダムの水位も低下し放流量も減少。それに伴いダム下流と洞庭湖、ハ(番におおざと)陽湖の水位も下がる見通しだ。

水害被災者、27省で5481万人 死亡・不明158人
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年7月30日水中国応急管理省は29日、6月1日から7月28日までの水害の被災者が、江西と安徽、湖北など27省(自治区・直轄市)の5481万1000人になったと発表した。死亡と行方不明は158人。376万人が避難した。倒壊家屋は4万1000戸、損壊家屋は36万8000戸だった。直接の経済的な被害は1444億3000万元(2兆1700億円)に上る。ニュースメディアの中国網が29日伝えた。(写真は博訊新聞網のキャプチャー)

 長江中下流の本流では、湖北省石首市より下流と洞庭湖、ハ(番におおざと)陽湖が現在の警戒水位を超過。淮河も王家ダムより下流全域で警戒水位を上回っている。国家洪水・干ばつ対策総指揮部は29日、長江と淮河に対して洪水緊急対策を発令した。発令は17日連続となる。

 同指揮部は29日以降、黄淮(黄河以南、淮河以北)、華北、東北で大雨となり、海河、黄河、松花江・遼河の流域で洪水の恐れがあるとして警戒を呼びかけた。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
長江3号洪水が重慶通過 支流沿岸部で商店水没
長江で「第3号洪水」形成 三峡ダム流入増加続く
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ