中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:江西

2020年7月14日武 中国水利省長江水利委員会によると、長江で12日夜、洪水のピークが湖北省武漢市の漢口地区から江西省九江市の間を相次ぎ通過した。江西省永修県では12日夜、ハ(番におおざと)陽湖の堤防が長さ100メートルにわたって決壊し、民家多数が水没した。ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)博訊新聞網が伝えた。

 長江水利委員会によると、三峡ダムでは上流からの水の流入が続き、11日午後8時現在の水位は150.5メートルで、警戒水位を5.5メートル上回った。三峡ダムは12日から放流量を毎秒3万9000立方メートルに増加したとみられる。 ダム下流の武漢市漢口地区では13日午後1時、28.7メートルと史上4位の水位を記録した。既に水面は市内の幹線道路より上にある。

 また、江西省のハ陽湖の水位は12日、1998年の大洪水時を超えて過去最高となった。永修県の堤防の決壊場所では、毎秒2.5メートルの速さで水が流れ込んでいる。小さな石は流されるため修復には大きな石が大量に必要。復旧には時間が掛かりそうだ。

★参考情報★
ーーーーーーーー
長江上流で洪水のピーク形成 武漢で水害の恐れ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年3月30日衝ネット上に投稿された多数の動画によると、江西省九江市の長江に掛かる橋「長江一橋」で27日、同市の警察官と湖北省黄梅県の交通警察官が衝突した。新型コロナウイルスの感染拡大で封鎖されていた湖北省の交通が再開したが、なお感染拡大を恐れる九江市の警察が流入を阻止したためという。博訊新聞網が同日伝えた。(写真は博訊新聞網のキャプチャー)

 九江市と黄梅県は長江を挟んで隣接し、「長江一橋」で結ばれている。湖北省の封鎖が解除されたため、黄梅県の住民が出稼ぎ先に復帰するため、徒歩や車で九江市の九江駅に向かった。しかし、九江市とが検疫を強化しようとしたことが発端となり、両地の警察が衝突した。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー






このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年1月9日枯 江西省西部にある中国最大の淡水湖「ハ(番におおざと)陽湖」の平均水位が6日、7.78メートルに低下した。同湖では平均水位が8メートル以下となる「超渇水期」が39日間続き、過去10年間で最長となった。澎湃新聞が7日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 ハ陽湖の水位は19年11月29日、8メートルを割り込む「超渇水期」入りした。同湖の超渇水期の開始は、1951~2018年の平均では12月末で、今季は1カ月早かった。現在の湖面の面積は290平方キロで、満水期の10分の1に縮小した。

 江西省水利庁は、上流域の状況や降雨の見通しから、ハ陽湖の水位低下は今後も続くとみている。

 ハ陽県林業局によると、渇水の影響で、同湖では今季、ハクチョウなどの渡り鳥の姿が見られなくなっている。小型イルカのスナメリの観測数も極端に減たという。

 水利省によると、中国では昨年末から全国規模で干ばつが発生。特に南方地区の江西、安徽、湖北など6省・直轄市で干ばつが深刻化しており、住民や家畜の飲み水不足が起きている。

★参考情報★
ーーーーーーー
江西省で深刻な干ばつ 飲み水と作物の収穫に影響
89県・市で高温と干ばつ 長沙で過去最高の37.2度 湖南
このエントリーをはてなブックマークに追加

 応急管理省によると、中国南方地区では大雨による水害や土砂災害の被害が拡大しており、16日午前10時現在、福建、江西、湖南、広東など8省・自治区・直轄市で死者88人、行方不明者は17人を数えた。被災者614万。ニュースサイトの国際在線が17日伝えた。

 同省によると、16~19日は貴州、華南、長江中・下流域、20~25日は江南中・南部で大雨となる見通し。17、18の両日は貴州省南部と四川省南部で冠水や山崩れの恐れがある。広西チワン族自治区の柳江、桂江、湖南省の湘江、江西省の楽安河などの各主要河川と、一部の中小河川で水位が警戒レベルを超え、洪水が起きる可能性がある。

 各地域の消防救援隊は16日までに、水害で孤立するなどした住民計5060人を救出したほか、1万5000人を避難させた。これまでの経済的な損失は201億3000万元(3157万円)に上る。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
南方で洪水や土砂災害続く 8省で61人死亡、14人不明
22省で洪水の被害 死亡不明83人、被災者675万人
広西各地で大雨 9人死亡3人不明、35万人被災
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年6月14日水 中国南方地区の各地で大雨が続き、洪水や土砂災害が起きている。13日に開かれた、国家洪水防止・干ばつ対策指揮部などの災害対策会議によると、同日午後4時現在、江西など8省で6人が死亡、14人が行方不明になった。新京報が13日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 江南、華南など南方地区の大雨は6日ごろ始まり、各地で市街地や農地の冠水などの水害が起きている。13日午後4時現在、浙江、福建、江西、湖南、広東、広西、重慶、貴州の8省(自治区、直轄市)で約531万人が被災。死者行方不明者は75人。35万6000人が避難した。家屋の倒壊は9300戸、損壊は5万6000戸。直接的な経済的損失は133億5000万元(約2087億円)に上った。

 中央気象台によると、湖北省中南部、長江中下流南側の江南、華南北部で17~19日大雨となる見通し。既に降った雨の影響もあり、洪水、市街地の冠水、土砂災害などが起きる恐れがある。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーー
22省で洪水の被害 死亡不明83人、被災者675万人
広西各地で大雨 9人死亡3人不明、35万人被災
広東省珠海で豪雨赤色警報 珠海空港で31便に影響
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ