中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:新疆

 2019年9月13日sikyou米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、米議会上院は11日、「新疆人権政策法案」を可決した。米政府に対し、中国・新疆ウイグル自治区の人権侵害状況に対する監視強化とともに、関係する中国当局者への制裁を求めた。 (写真はRFAのキャプチャー)

 同法は米政府の各部門に対し、中国政府によるウイグル族への抑圧状況について、議会に報告書を提出するよう要求。うち国務省に対しては、中国当局が設置する「再教育キャンプ」の収監者数や、強制労働の有無などを含め、抑圧の状況を毎年報告するよう求めた。また、国務長官に対し、例えば「マグニツキー法」を援用するなど、現行制度を利用して、人権侵害に関与した中国当局者への制裁が可能か、検討するするべきだと指摘した。

 同法は、共和党のマルコ・ルビオ上院議員が提出し、超党派の支持を得た。下院も審議を予定している。トランプ大統領が署名後、正式に法律となる。  

 香港メディアの東網によると、中国外務省の華春瑩報道官は12日、同法案の可決について「中国の内政干渉だ。米国は、冷戦的な思考を捨てるべきだ」と述べた。

★参考情報★
ーーーーーー
ポンペオ長官発言、中国外務省「内政干渉」と批判
断食月後ウイグル人100人超拘束、カザフ族500人失跡
メッカ大巡礼のウイグル族300人、帰国後に拘束、宗教への圧迫強まる

 2019年9月10日疆ポンペオ米国務長官が、新疆ウイグル自治区のウイグル人の問題を国連総会の議題にすると述べたことについて、中国外務省の華春瑩報道官が9日、定例記者会見で、「事実を見ていない」、「中国の内政に対する激しい干渉だ」などと述べて強く批判した。米公共放送ボイス・オブ・アメリカが10日伝えた。(写真はVOAのキャプチャー)

 ポンペオ長官は「中国のウイグル人に対する処遇を、国連総会で追及する。国連総会の期間中、新疆問題の会議を開き、米国の行動に対する関係国の支持を得て、中国のウイグル人への圧迫を終わらせる」などと述べた。

 ポンペオ長官が問題視するのは、国際社会からも注目されている、ウイグル人らを対象とする「再教育キャンプ」。中国は「職業技能研修センター」と呼んでいる。国連の専門家らは、少なくとも100万人のイスラム教徒の少数民族が収監され、強制労働や洗脳を受けているとみている。

 華報道官は「職業技能研修センター」について「テロリストに勧誘されるのを防ぐため。軽い犯罪を犯した者もいる」と述べた。さらに「他国のテロ防止対策と異ならず、新疆では過去3年、テロが起きていない」と指摘した。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーー
断食月後ウイグル人100人超拘束、カザフ族500人失跡
メッカ大巡礼のウイグル族300人、帰国後に拘束、宗教への圧迫強まる

2019年5月9日教 英紙ガーディアンなどはこのほど、新疆ウイグル自治区でモスク(イスラム教礼拝所)が大量に破壊されていることが、人工衛星画像の分析で実証できたと報じた。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が8日伝えた。(写真はRFAのキャプチャー)

 同紙とネットメディアのべリングキャットが画像を分析したところ、中国当局は2016年から同自治区でモスク約30カ所を破壊。半数はほぼ完全に消えていた。

 破壊されたモスクには、13世紀に建てられ歴史を持つカシュガルの「エイティガールモスク」も含まれる。約800年間に増改築を繰り返し、床面積1万平方メートルの大きさだったが、昨年3月に壊された。ホータンにある500年の歴史を持つジュマモスクも18年末に破壊されれた。

 中国政府は同自治区で、ウイグル人ら少数住民約100万人を「再教育センター」に収監したり、独自文化の否定や同化政策を推進し、欧米などから批判を受けている。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
モスク300カ所に監視カメラ NZ事件引き合いに弁明-新疆
新疆問題報道の米記者、ビザ更新されず国外退去
新疆の治安安定もテロや独立活動なお活発、党副書記が見方

 2019年3月14日土福建省アモイ市で開かれた見本市「中国アモイ国際石材展覧会」に参加したトルコ人会社員4人が9日、脱税容疑で、中国の警察により滞在先のホテルから連行された。トルコの専門家は、新疆ウイグル自治区のウイグル人に対する政策を批判しているトルコ政府への報復との見方を示した。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が13日伝えた。(写真はRFAのキャプチャー)

 10日付トルコ紙・ヒュリットデイリーニュースによると、4人は中国に事務所を開設しているトルコ企業3社に所属。3社は2016年から中国企業と結託、安価な大理石を中国に密輸し、計約3000万元(約5億円)の税金を免れた疑いを持たれている。中国の警察は、3社を捜索して文書などの証拠品を押収した上、9日早朝、4人をホテルで拘束した。

 同紙によると、4人拘束のニュースが伝わると、中国滞在のトルコ人は激しく動揺。トルコ人の石材会社経営者の一部が予定を早めて帰国しほか、香港に逃れたという。

 中国問題に詳しいトルコ人専門家は、4人の拘束が、ファーウェイの孟晩舟副会長を拘束したカナダ政府に対し、中国政府が元外交官らを拘束した事件を連想させると指摘。「トルコ外務省の報道官が、中国政府を批判したことへの報復であるのは明らかだ」と述べた。

 専門家によると、中国政府はトルコ人に強硬な姿勢を示すことで、トルコをまねないようマレーシアやインドネシアなど他のイスラム国家をけん制する狙いがある。
 トルコ外務省の報道官は2月、中国政府が同自治区のイスラム教徒のウイグル人を任意に捕まえ、キャンプに収容しているなどと厳しく批判した。 

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーー


2019年2月13日穆 トルコ政府は9日、中国政府が新疆ウイグル自治区に設置した「再教育キャンプ」について、人道への恥辱だ強く批判したほか、ウイグル人音楽家がキャンプ内で死亡したと指摘した。中国政府はトルコに渡航する国民に注意を促した。また、中国政府系紙・環球時報はトルコ政府に強く反発する社説を掲載した。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が12日伝えた。(写真は博訊新聞網のキャプチャー)

 トルコ外務省の報道官は9日、中国政府が同自治区のイスラム教徒の居住地区でウイグル人を任意に捕まえ、キャンプに収容しているなどと批判するコメントを発表した。これに対し環球時報の社説は「コメントは、西側メディアの誇張報道を事実とみなすもの。トルコの新疆問題に対する見方は自分勝手で浅薄だ」などと批判した。

 トルコ政府が指摘するウイグル人音楽家の死亡説に対し、中国当局は、ウイグル人音楽家を自称する男性が「国家の法律に違反し、調査を受けている」と語る映像を公開している。

 専門家によると、トルコ政府による中国政府の批判は、自国の世論を反映したもの。トルコ人は、カザフ人、ウイグル人、キルギス人を同族とみており、中国政府の政策に強く反発。政府に関与を求めている。トルコ政府は過去2年間、この問題で沈黙を守ってきた。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー
カザフ族2000人の出国、中国が容認 カザフスタンが受け入れ 国際世論に配慮か

↑このページのトップヘ