中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:新型コロナウイルス

 22021年4月12日冠台湾衛生福利部疾病管制署の中央感染症指揮センター(CECC)は12日、日本留学から帰国した20代の台湾人女性1人が、新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表した。台湾紙・聯合報(電子版)が伝えた。(写真は聯合報のサイト画面)

 莊人祥報道官によると、女性は昨年10月から日本に留学していたが4日に台湾に戻った。帰国便の搭乗3日以内のPCR検査では陰性で台湾到着時は無症状で、そのままホテルと自宅での待機を続けていた。9日にめまいや吐き気の症状が表れ、10日に衛生福利部が検査したところ、陽性と確認された。同部は女性の接触者1人の経過観察を行っている。

 台湾の新型コロナ患者は12日現在計1058人。うち海外感染が942人、国内感染が77人。累計の死者は11人となっている。

★参考情報★
ーーーーーー
台湾の病院で新型コロナ15人感染 約5000人隔離
このエントリーをはてなブックマークに追加

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、中国疾病予防管理センター(CCDC)の高福主任は10日、四川省成都市で開かれた会合で、現在の中国製の新型コロナワクチンは有効率が低いと指摘した。

 高主任によると、現在の中国製はすべて不活化ワクチンで、ウイルスの遺伝子情報を基に作った「メッセンジャーRNA(mRNA)」ワクチンにも注目する必要がある。米ファイザーやモデルナ製はmRNAワクチンで、有効率は90%を超える。

 高主任は、中国メディア「環球網」の取材に対し、SNSで「高福氏が、中国製ワクチンの有効性の低さを認めた」と投稿されていることについて「完全な誤解だ」と弁解。高主任は「ワクチンの有効性は、様々な技術的方法を通じて、さらに高められると指摘した」と説明した。

 海外では、中国製ワクチンへの疑問の声が消えていない。ブラジルと香港では、中国の製薬会社・科興控股(シノバック・バイオテック)の有効率は50%とのリポートが出た。国際的なワクチンの品質基準には合うが、90%を上回るファイザーなどに比べ大きく見劣りする。

★参考情報★
ーーーーーー
中国の新型コロナワクチン接種、1億回を超える
北京で外国人に中国製コロナワクチンの接種開始
このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国雲南省の共産党委員会は、新型コロナウイルスの集団感染が起きた雲南省瑞麗市トップのキョウ(龍の下に共)雲尊党書記を「深刻な職務怠慢」で解任し、調査を始めたことを明らかにした。台湾中央通信社が8日伝えた。

 22021年4月8日冠地元紙の雲南日報によると、雲南省党委員会の得て省規律検査委員会・省監察委員会が、キョウ氏に対し、全国と全省の感染拡大の抑え込みを妨害したとして、職務怠慢の疑いで調査を進めている。同紙によると、瑞麗市では約半年間に新型コロナの感染拡大が3回起きた。

 瑞麗市では3月末から、新型コロナの新規患者の確認が相次いでおり、うち相当数がミャンマー国籍。当局は全市民を1週間の自宅隔離とする一方、同市を含む4県市の住民全員にワクチン接種を行うと宣言した。

 雲南省衛生健康委員会によると、同省で7日に確認された新型コロナの新規患者は11人、無症状感染者は1人だった。新規患者のうち3人は、無症状感染者が発症した。残りの8人と無症状感染者は、瑞麗市の全住民を対象に行われた2回目のPCR検査の結果、判明した。

★参考情報★
ーーーーーー
新型コロナの国内感染新規患者15人、全員が雲南瑞麗
このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国雲南省瑞麗市で新型コロナウイルスの集団感染が起きたことを受け、上海市は6日、感染リスク等級「高」の地域からの渡航者に対し施設での14日間隔離を始めた。「中」地域からの渡航者には、滞在先での14日間の経過観察を求める。台湾中央通信社が6日伝えた。

 中国当局の発表では、雲南省瑞麗市の「姐告国門社区」など3カ所が「高」、同市の「瑞京路紅磚厰」など6カ所が「中」に指定されている。

 上海市は「高」、「中」地区からの渡航者に対し、12時間以内に、滞在先の居民委員会(末端行政組織)か宿泊施設に申告するよう命じた。どちらも、14日間に2回のPCR検査を義務付ける。

 雲南省瑞麗市では3月30日以降連日、新型コロナの感染者が見つかっている。このうち多数がミャンマー国籍。雲南省当局によると、7日午前零時現在の同省の患者は計68人、無症状感染者は46人となっている。

★参考情報★
ーーーーーー
新型コロナの国内感染新規患者15人、全員が雲南瑞麗
このエントリーをはてなブックマークに追加

22021年4月6日新 国家衛生健康委員会は6日、前日の5日に新型コロナウイルスの新規患者が24人を確認し、国内感染が15人だったと発表した。国内感染は全員が雲南省瑞麗市で見つかった。(写真は東網のサイト画面) 

 雲南省衛生健康委員会の6日の発表によると、5日の新規患者は15人で、うち12人は無症状感染者が発症した。5日は無症状感染者2人も新規に見つかった。新規患者と無症状感染者の半数以上はミャンマー国籍だった。

 報道によると、保健当局は6日、新型コロナの感染リスク等級で、雲南省瑞麗市の「姐告国門社区」など3カ所を「高」、同市の「瑞京路紅磚厰」など6カ所を「中」に指定した。

 6日午前零時現在、中国の新型コロナ患者は244人。うち重症者は2人。累計患者数は9万0329人。退院者は8万5449人。死者は4636人だった。雲南省の患者は66人、うち国内感染が63人となっている。


★参考情報★
ーーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ