中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:文在寅

 2019年6月21日朝習近平・中国国家主席と彭麗媛夫人が20日、平壌に到着し、2日間の北朝鮮公式訪問を始めた。中国最高指導者の北朝鮮訪問は14年ぶり。北朝鮮側は、金正恩・朝鮮労働党委員長と夫人が空港に出迎えるなど、最高レベルの歓迎を行った。米公共放送ボイス・オブ・アメリカが同日伝えた。 (写真はVOAのキャプチャー)

 中国メディアは、習主席訪朝の模様を一斉に報道。中国中央テレビ局は、北朝鮮当局が動員した民衆が、空港や沿道で手にした造花を振りながら、歓迎の言葉を叫ぶ様子を放送した。同局によると、歓迎の民衆は数十万人に上った。先に金委員長が中国を訪れた際は、中朝両国とも報道を控え、詳細は訪問終了後に報じている。

 習主席は北朝鮮滞在中、金委員長と5回目の首脳会談を行う。金委員長は2018年3月から19年1月まで4回訪中し、両国関係は急速に改善した。この間、中国は米国との間で貿易紛争が激化した。

 習主席は18日、トランプ大統領と電話で話し、今月末に大阪で開かれる20カ国・地域首脳会議(G20サミット)で会談することで一致した。米中首脳は、米中貿易紛争とともに、北朝鮮の核問題などで意見交換する見通しだ。

 金委員長は18年以降、習主席のほかトランプ大統領、プーチン・ロシア大統領、文在寅・韓国大統領と相次ぎ会談した。中国は、朝鮮半島の核問題で自国の役割が不可欠との認識で、相対的に地位が低下する可能性は懸念していない。今回の訪朝で中朝の同盟関係を実質的に強化し、対米交渉でのカードにできるかが注目されている。

 
★参考情報★
ーーーーーーーーー
金委員長の列車で交通混乱 ネットに恨みの声、中国当局削除
習主席の北朝鮮訪問取りやめ 中国がナンバー3の栗戦書氏の派遣発表 <

 中国の習近平国家主席と韓国の文在寅大統領が12日、ベトナム・ダナンで首脳会談を行い、文大統領が12月に中国を訪問することが決まった。地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル」(THAAD)配備を巡り冷え込んでいた中韓関係が正式に正常化に向かうことになった。韓国青瓦台(大統領府)も、文大統領が12月に中国を訪れると発表した。香港のニュースサイト東網が伝えた。

 習主席は会談で「朝鮮半島情勢が重要な時期に入り始めた」と指摘。両首脳は、北朝鮮の核開発問題を平和的に解決することで改めて合意した。

 習主席は、中国が朝鮮半島の非核化を断固として目指すとした上、対話による問題解決の必要を強調。文大統領は、朝鮮半島の核問題での中国の積極的な役割を賞賛した。

 習主席は、「中韓関係は、正しい方向に沿って進むべき」と述べて、THAAD配備に対する関心を改めて示した。文大統領は、THAADへの中国の懸念に理解を示した上、中国の戦略的な利益を損なう考えはないと強調した。

 米軍による地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル」(THAAD)の韓国配備を巡る中韓関係の悪化について、中国外交部の華春瑩報道官は30日、両国関係を正常な状態に戻すため、追加配備をしないなど4条件を実行するよう韓国側に求めた。両国関係は改善の兆しが見え始めた。1日付星島日報が伝えた。

 中国側が実行を望む4条件はほかに▽韓国が米国のミサイル防衛システムに加わらないこと▽日米韓の3カ国の安全協力を軍事同盟に発展させないこと▽中国の安全保障上の利益を侵害しないことーーの3つ。

 中国はTHAADにより自国の軍事情報を探査されることを懸念して韓国に配備中止を要求。韓国企業へのいやがらせや韓国行き観光ツアーの制限など、経済的な圧力を強めてきた。しかし、中韓の外交当局は10月31日、このほど朝鮮半島情勢を巡り意見交換し、「外交関係を正常な発展の道に戻すことで両国が同意した」と同時に発表した。

 韓国の文在寅大統領は、今月ベトナムで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)で中国の習近平国家主席と会談する予定。華報道官は「現在、両国が協力し首脳会談の準備を進めている」と述べた。

↑このページのトップヘ