中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:成都

 中国四川省成都市政府の衛生健康委員会は、成都市ヒ(卑におおざと)都区などで7~8日、新型コロナウイルスの新規患者計5人を確認したと発表した。同区当局によると、成都市で新型コロナの新規患者が確認されたのは、今年3月以来初めて。

 5人のうち、ヒ都区太平村に住む71歳と69歳の夫婦は7日に新規患者と確認。続いて夫婦の孫の女性(20)、夫婦と同じ太平村に住む68歳と71歳の女性の感染を8日に確認した。

 当局は8日午前6時までに、太平村の住民ら2万4598人のPCR検査を終えた。うち2万4053人が陰性だった。患者の周辺の環境についても検査したところ、患者の家庭の物品11点から陽性反応が出た。

 成都市当局は、ヒ都区太平村の新型コロナ感染リスク等級を「中」に格上げし、関係者が地域から離れることを禁じた。離れる場合は、7日以内に発行された陰性のPCR検査証明が必要となる。

 国家衛生健康委員会の8日の発表では、同日午前0時現在、中国の新型コロナ患者は280人(うち重症者が6人)。累計患者数は8万6646人、退院は8万1732人。死者は4634人となっている。

★参考情報★
ーーーーーーー
広東で新型コロナ患者13人 全員が海外感染
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年7月27日※ 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、中国政府は24日、四川省成都市の米総領事館の閉鎖を通知した。米国が、テキサス州ヒューストンの中国総領事館に閉鎖を命じことへ報復とみられる。

 中国外務省の汪文斌報道官は24日、「成都の米総領事館の一部館員が身分にふさわしくない活動を行った」として、同総領事館に業務停止を命じたと発表した。

 成都領事館では、運送会社の車両が横付けされ、荷物の搬出などが始まった。

 成都総領事館の周辺道路は封鎖され、大量の武装警察官が配置につき、市民らは近づけない状態。しかし、市民多数が総領事館を遠巻きに見守り、一部は中国の革命歌などを歌ったほか、男が爆竹を鳴らして先行された。成都などで反米意識が高まる恐れもある。

 中国の軍事評論家の立風氏は「反米意識が扇動されれば、2012年に、中国の多くの都市で発生した反日デモと同様の騒動が、成都から起きる可能性がある」と指摘した。

★参考情報★
ーーーーーー
米数値解析ソフトMATLAB、中国2大学で使用不能に
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年7月2日飛 ニュースサイトの南方都市報によると、四川省成都市衛生健康委員会は6月29日、海外帰国者から新型コロナウイルスの新規患者3人、無症状感染者3人を確認したと発表した。全員が中国籍でエジプトで就労していた。6月26日にカイロで四川航空3U8392便に搭乗し27日に成都に到着した。(写真は東網のキャプチャー)

 同便には乗客乗員計193人が乗っていた。うち乗客106人、乗員21人を施設に集中隔離し、観察を行っている。中国民用航空局の規則では新型コロナの感染者が5人以上出た航空便は1週間、10人以上は4週間、運休が義務付けられる。3U8392便も1週間の運休となった。

 中国では6月11日にも、バングラデシュのダッカ発広州(広東)行きの南方航空CZ392便で、乗客17人が新型コロナの感染者と確認され、4週間の運休となった。
 

新型コロナ肺炎患者、四川で海外感染2人確認
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年6月1日成 四川省成都市の衛生健康委員会は1日、5月31日の1日に新型コロナウイルスの新規患者11人、無症状感染者6人を確認したと発表した。(写真は東網のキャプチャー)

 17日はいずれも中国籍で、エジプトで就労、留学していた。5月29日にカイロ発の四川航空3U8392便に搭乗し、30日早朝に成都市の成都双流国際空港に到着した。同便には乗客222人、乗員28人の計250人が乗っていた。

 成都市の当局は、新規患者と無症状感染者を除く乗客208人を濃厚接触者として対処している。乗員28人は全員を集中隔離とした。

 成都市の新型コロナ患者は1日午前0時現在計180人、死者は3人。他に海外感染患者14人の治療を行っている。海外感染の無症状者も7人おり、集中隔離の上、観察を受けている。

★参考情報★
ーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年7月13日雨 国家応急管理部は12日、四川、甘粛両省で連日の大雨による水害や土砂災害が発生し、15人が死亡、4人が行方不明になった。被災者数は200万人を超えるとみられる。同部などは、災害救援、消防、地質災害などの担当者からなる専門チームを現地に派遣した。香港メディアの東網が13日伝えた。 (写真は東網のキャプチャー)

 四川省民政庁によると、同省の大雨は7日から続き、12日午前10時現在、成都、徳陽、綿陽などの13市・62県で3人が死亡、93万2000人が被災した。直接的な経済的被害は24億元(約406億円)に上った。
 甘粛省民政長によると、12日午前10時現在、白銀、天水、張掖など10市・44県で12人が死亡、4人が行方不明となり、108万2000人が被災した。経済的な被害は14億7000万元と推計されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ