中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:徳陽

2018年7月13日雨 国家応急管理部は12日、四川、甘粛両省で連日の大雨による水害や土砂災害が発生し、15人が死亡、4人が行方不明になった。被災者数は200万人を超えるとみられる。同部などは、災害救援、消防、地質災害などの担当者からなる専門チームを現地に派遣した。香港メディアの東網が13日伝えた。 (写真は東網のキャプチャー)

 四川省民政庁によると、同省の大雨は7日から続き、12日午前10時現在、成都、徳陽、綿陽などの13市・62県で3人が死亡、93万2000人が被災した。直接的な経済的被害は24億元(約406億円)に上った。
 甘粛省民政長によると、12日午前10時現在、白銀、天水、張掖など10市・44県で12人が死亡、4人が行方不明となり、108万2000人が被災した。経済的な被害は14億7000万元と推計されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年7月4日四四川省カンゼ・チベット族自治州徳格県政府の3日の発表によると、2日朝、同県欧普龍村で住宅の裏山が崩れて家屋を押しつぶし、住民9人のうち4人が死亡、1人がけがした。新華網が3日伝えた。(写真は澎湃新聞のキャプチャー)

 徳格県政府は、警察など100人を現地に急行させて救援に当たらせる一方、災害の恐れがある地域の住民約100人を避難させた。

 四川省では6月29日から強烈な雨が続き、省都の成都、徳陽、広元など8市(州)、22県(市・区)で11万5900人が被災した。中央政府の防災対策チームも2人夜、四川省に到着。副省長が率いる省の防災対策チームも各地に向かい救援活動を指揮した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 四川省成都、眉山、徳陽など14市で4日午前、濃霧が発生し、四川省気象台が同日午前6時、濃霧で3段階中2番目の黄色警報を発令した。一部地区で視界が200メートル以下となり、50メートル以下に低下した所もあった。成都双流国際空港で発着に影響が出たほか、高速道路多数が閉鎖された。中国新聞網が4日伝えた。

 同空港によると、4日は935便が発着予定だったが濃霧で視界が低下したため一時閉鎖した。その後、運航を再開したが、離陸便数は通常の10分の1以下だった。一部の国際便が到着空港を西安(陝西)や貴陽(貴州)などに変更した。

 高速道路は、成彭高速、成楽高速、滬蓉高速など省内の主要高速道路が4日早朝から次々と閉鎖になった。濃霧による高速道路への影響としては、今年冬に入り最も深刻となった。

 省都の成都市では、大気汚染で4段階で3番目の「大気重汚染黄色警報」が3日から発令中だったが、さらに濃霧警報が加わった。成都市など省主要部を含む四川盆地では、12月中旬から1月中旬まで大気汚染物質が拡散しにくい気象条件が続く見通しだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ