中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:強風

2020年5月12日電 北京市気象台は11日午後9時半、強風に関し4段階で上から3番目の「黄色警報」を発令した。風は黄砂を伴っている。ニュースサイトの界面新聞が11日伝えた。

 北京市の環境当局によると、11日午後9時、同市のPM10(微小粒子状物質)濃度が500μg/m3(マイクログラム/立方メートル)を記録した。ネット上では、「顔中、土だらけになった」などの声が挙がっている。

 また、広東省広州市の当局は11日午後6時54分、大雨・雷・強風に対する緊急事態を発動した。また、同市の荔湾、越秀、天河など中心部の各区は、ひょうと落雷に関する警報を発令した。

 内モンゴル自治区などの気象台も11日、相次ぎ強風警報を発令した。各地でも強風が砂じんを伴っており、空を覆った。

★参考情報★
ーーーーーーー
北京に大気汚染オレンジ警報 工場操業と施工規制 バーベキューも禁止
中国北方で大気質悪化 PM2.5濃度、WHO基準の17倍

このエントリーをはてなブックマークに追加

 北京市朝陽区のオフィスビル「朝外SOHO」前で28日午前7時50分ごろ、街路に面して地上に設置された電飾看板が強風で倒れ、通り掛かった歩行者1人を直撃した。歩行者は病院に運ばれが、命に別状はないという。ニュースサイトの新京報網が28日伝えた。

 オフィスビルの管理会社の「SOHO中国」は、敷地内の電飾看板全部を一斉点検した。倒れた電飾看板は「朝外SOHO」の1文字ごとに1本が立っていたが、すべて撤去した。

 北京市気象台は同日午後2時25分、強風警報では4段階で上から3番目の「黄色警報」を発令。高層建築物からの物の落下や、広告板、街路樹、フェンスなど倒れやいものに近づかないよう呼びかけていた。

 北京では今年5月、東城区の東直門バス駅近くで、強風により塀が倒れ、直撃を受けた歩行者3人が死亡した。この際も強風の黄色警報が発令されており、街路樹以外にも、北京市昌平区で高層マンションの外壁がはがれ、階下の幼稚園に落ちた。けが人はなかった。



★参考情報★
ーーーーーーーーーー
強風で塀、街路樹倒れ4人死亡 北京で黄色警報
上海の繁華街で南京東路で看板落下 通行人3人死亡、6人けが 市政府が安全点検を指示
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年10月3日台中国気象局によると、台風18号は1日午後8時半、浙江省舟山市に上陸後、北東に向かって進んだ。ニュースサイトの法制網によると、同市では市街地が冠水し、武装警察隊などによる救出作業が行われた。(写真は法制網のキャプチャー)

 舟山市定海区白泉鎮では1日午後9時20分ごろ、ダムの放水により民家が押し流された。午後11時ごろには同区の市街地が冠水して住民が孤立した。それぞれ、武装警察隊がボートなどを出して救助を行い、2日未明までに病人2人を含む約20人を助け出した。

 澎湃新聞によると、台風18号のため上海市も1~2日、全域で大雨が降り、観測所666カ所のうち44.1%で大豪雨となった。当局によると、市内の道路12本と立体交差橋7カ所が一時冠水。倒木や停電なども起きた。

 台風18号により浙江省東部、上海、江蘇省・南通などで大雨となり、9月30日~10月2日の雨量は浙江省・舟山が250~350ミリ、舟山の一部は400~443ミリ、浙江省・寧波が250~350ミリとなった。これらの地域では、強風も吹いた。


★参考情報★
ーーーーーーーー
浙江東部など1日まで大雨 台風18号上陸の恐れ
竜巻で作業員宿舎が倒壊 8人死亡2人けが 海南
遼寧・開源の都市部で竜巻 6人死亡、120人余り重軽傷
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年7月04日龍 遼寧省鉄嶺市内の開原市で3日午後5時50分ごろ竜巻が発生し、少なくとも6人が死亡、120人余りが重軽傷を負った。住宅多数が損壊したほか、電力や通信設備も破壊された。一部地区で医療機関を含め停電が起きた。中国新聞網が同日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 竜巻は開原市の金溝鎮で発生。風速は秒速23メートルで、開源経済開発区などを経て南に約15分間進み、勢力が衰えた。電柱や街路灯が吹き飛ばされ、多数の車が横転した。開原市政府は緊急対応を発動し、救援隊が出動してがれきに閉じ込められるなどした約210人を救出した。

 香港メディアの東網によると、同市の病院関係者は、竜巻でれんがなど重い物が吹き飛び、病院のガラスが割れたと話している。

 遼寧省気象台は同日午前5時、鉄嶺市内の天気荒れ模様となり、集中豪雨、ひょう、雷、強風などに見舞われるとの予想を発表していた。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年7月03日雷 民政省国家防災センターの2日の発表によると、江西省の一部が6月29~30日、雷、強風、ひょう、集中豪雨などの大荒れの天気となり、落雷で4人が死亡、6人がけがした。中国新聞網が2日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 主な被災地域は同省の吉安、景徳鎮、新余など4市5県で、被災者は2万8000人。経済的損失は3200万元(約5億円)に上った。

 江西省の吉安市などでは今月初め、連日の大雨と洪水で深刻な被害発生、102万人が被災した。中央政府の国家減災委員会と応急管理省が6月10日、緊急対応措置を発動した。



★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーー
江西省で豪雨と洪水の被害 中央政府が緊急対応を発動
長春で50年ぶり大雨 道路が冠水、空港は41便欠航 吉林
広西各地で大雨 9人死亡3人不明、35万人被災
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ