中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:干ばつ

2020年1月9日枯 江西省西部にある中国最大の淡水湖「ハ(番におおざと)陽湖」の平均水位が6日、7.78メートルに低下した。同湖では平均水位が8メートル以下となる「超渇水期」が39日間続き、過去10年間で最長となった。澎湃新聞が7日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 ハ陽湖の水位は19年11月29日、8メートルを割り込む「超渇水期」入りした。同湖の超渇水期の開始は、1951~2018年の平均では12月末で、今季は1カ月早かった。現在の湖面の面積は290平方キロで、満水期の10分の1に縮小した。

 江西省水利庁は、上流域の状況や降雨の見通しから、ハ陽湖の水位低下は今後も続くとみている。

 ハ陽県林業局によると、渇水の影響で、同湖では今季、ハクチョウなどの渡り鳥の姿が見られなくなっている。小型イルカのスナメリの観測数も極端に減たという。

 水利省によると、中国では昨年末から全国規模で干ばつが発生。特に南方地区の江西、安徽、湖北など6省・直轄市で干ばつが深刻化しており、住民や家畜の飲み水不足が起きている。

★参考情報★
ーーーーーーー
江西省で深刻な干ばつ 飲み水と作物の収穫に影響
89県・市で高温と干ばつ 長沙で過去最高の37.2度 湖南

 2019年12月26日干中国水利省によると、南方地区の江西、安徽、湖北など6省・直轄市で干ばつが深刻化し、住民約168万人の飲み水不足が起きている。干ばつは全国的規模で起きており、山西、内モンゴル、山東などでも約13万人の飲み水が不足している。中国新聞網が伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 南方地区の干ばつの被災地では、12月中旬に15~30ミリの雨が降り、状況がやや改善した。しかし、例年に比べて厳しい状況は変わらず、12月23日現在、耕地105万ヘクタール(ha)が干ばつの被害を受け、住民と家畜の飲み水不足が続いている。

 水利省は23日に対策会議を開き、冬から来春にかけての干ばつ対策と飲み水供給のため人員や物資の配置を決めた。また、湖北、広西、福建などに3つの対策チームを派遣した。さらに、長江中・下流域の河川と湖沼の水位を上げるため、三峡ダムの放流を16日から始めた。

 商務、財政の両省も、南方地区の6省・直轄市に対し、災害対策資金として5億0300万元の支給を決めた。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
湖南各地の洪水で死亡不明17人 衡陽で堤防決壊

2019年10月11日干 国家減災センターによると、江西省は7月下旬から10月初めにかけての平均降雨量が96ミリと、平年より7割減少し同期としては過去最少となった。主要河川と湖沼の水位も低下し、省内11市、71県で干ばつが発生している。(写真は中国天気のキャプチャー)

 鷹潭、吉安、九江、宜春の各地で被害が深刻で、一部の郷鎮(町村)で飲み水不足が起きているほか、コメ、野菜、果物の収穫に深刻な影響が出ているという。

 省応急管理庁は9日午後8時、緊急対応措置を発動。省財政庁と連携して、各地の被害状況を査定しているほか、各種の対策を指導している。

 被害が深刻な地区では、井戸の開削による地下水の採取、人工降雨、水田への導水、住民への飲み水の供給などが行われている。

 江西省では、少雨は10月末まで続く見込みで、干ばつの被害も拡大する見通し。省減災委員会、省応急管理庁などは対策と指導を強化している。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
89県・市で高温と干ばつ 長沙で過去最高の37.2度 湖南
湖南各地の洪水で死亡不明17人 衡陽で堤防決壊
河川400本で警戒水位突破、堤防決壊も 公式報道は低調、実相伝えず

2019年10月8日干 湖南省気象局は6日、異常な高温と少雨が続き、同省の89県・市で干ばつが起きていることを明らかにした。張家界、常徳、岳陽などの各地で特に深刻化している。中国紙・経済日報(電子版)が7日伝えた。(写真は経済日報のキャプチャー)

 専門家によると、湖南省の大部分では9月以降、異常な高温と少雨が継続。10月の4、5日には省内の多くの地区で35~37度の高温になった。省都の長沙市はこの時期としては過去最高の37.2度を記録した。
 省気候センターによると、9月から10月初旬までの湖南省の平均降水量は16ミリで、前年同期より76.9%も少なかった。記録を取り始めた1951年以降、史上3位の少雨となった。

 気象局によると、寒気の到来とともに湖南省の気温は低下を始めたが、当面、雨が少ない状況は続きそう。農業生産のほか、一部地区では飲み水にも影響が出る可能性があるとして、対策を呼びかけている。


★参考情報★
ーーーーーー
湖南各地の洪水で死亡不明17人 衡陽で堤防決壊
南方6省で大雨災害拡大 死亡・不明20人、被災465万人
湖南の豪雨災害で16人死亡 中国南方で3日連続大雨警報

2019年6月27日虫 農業農村省・栽培業管理局の潘文博局長は26日、トウモロコシを食べるツマジロクサヨトウの幼虫による食害が19省・自治区・直轄市の1000県に拡大しているとして、被害防止の対策資金として5億元(約78億円)を投入する方針を明らかにした。ニュースサイトの澎湃新聞が26日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 ツマジロクサヨトウは今年、海外から初めて中国に侵入。南方地区を中心に、主にトウモロコシに被害が出ている。同省はこれまでに「ツマジロクサヨトウ予防対策案」を通知し、対策用の農薬25種類のリストを公表した。

 専門家によると、7~8月は南西季節風が強まり、ツマジロクサヨトウが北方地区に移動するとみられる。黄河下流から淮河北部流域の黄淮地区はトウモロコシの成長期となるため、警戒が必要だ。

 潘局長はまた、干ばつ・水害も、秋の収穫にとりツマジロクサヨトウを上回る脅威になるとの見方を示した。気象部門によると、今年はエルニーニョ減少の影響で極端な天気となり、北方は干ばつ、南方は水害の恐れがある。

↑このページのトップヘ