中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:尖閣

 ブリンケン米国務長官は26日、米議会上院での承認後、茂木敏充外相と電話会談を行った。バイデン新政権誕生後、日米の閣僚級会談は2回目。国務長官は、沖縄県・尖閣諸島に日米安保条約の第5条が適用されることに、改めて言及した。両国はまた、日米同盟の強化と自由で開かれたインド太平洋の構築でも合意した。香港メディアの東網が27日伝えた。

 茂木外相は、尖閣諸島への第5条適用をバイデン政権が確認したことを歓迎した。また、ブリンケン長官は、北朝鮮による日本人拉致問題でも、日本による解決を支持する考えも示した。両国は、日米豪印の緊密な連携で、新型コロナウイルスの感染拡大問題や地球温暖化など、世界的な問題の解決で協力することでも一致した。


★参考情報★
ーーーーーー
日中防衛相がテレビ会談 「海空連絡メカニズム」で一致
首相、尖閣で王外相に懸念 中国は公船限定を提案
このエントリーをはてなブックマークに追加

 22020年11月06日海米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、中国全国人民代表大会(全人代=国会)は4日、「中国海警法(草案)」を発表した。草案は、外国船が中国領海に入った場合、海警局による強制排除や臨検に加えて、武器の使用を許可した。日本側は警戒感を強めている。(写真は東網のキャプチャー) 

 日本政府は最近、中国海警船が尖閣諸島(沖縄県石垣市)付近の海域を航行したり日本漁船を追い払ったりする行為に何度も抗議を行ってきた。日本側は、新しい法律が日本漁船や海上保安庁の巡視船に適用されることを懸念している。

 香港メディアの東網によると、海警法は全文で80条。中国海警局の職責について、中国の管轄海域のパトロールや警戒、島や海上境界線の確保などと定めた。重要な島、排他的経済水域、大陸棚に建設した人工島や施設の保護も職責の対象に含めた。17条で、外国機関が中国の海域や島に建築物や装置を設置した場合、海警局が撤去できるとしたほか、19条で武器の使用を認めた。

 加藤勝信官房長官は5日、他国の法律にコメントしないとする一方、「本法案を含め、中国海警局をめぐる動向には引き続き高い関心を持って注視していきたい」と述べた。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
尖閣沖で中国海警船が日本漁船に接近 日本政府が抗議
中国海警船が尖閣周辺航行 92日連続
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年6月26日尖 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、菅義偉官房長官は25日、中国が東シナ海の海底地形に「釣魚島」(沖縄県・尖閣諸島の中国名)を示す名称を付けたことについて「外交ルートを通じて中国側に強く抗議した」と述べた。(写真は東網のキャプチャー)

 菅官房長官は、「尖閣諸島をめぐる中国独自の主張に基づくものが含まれている」と指摘。「周辺の海底地形に名称を付与しても、尖閣諸島がわが国固有の領土であることは変わらない」と述べた。

 尖閣諸島をめぐっては、、沖縄県石垣市議会が22日、尖閣諸島の住所地の字名を「登野城」から「登野城尖閣」に変更すると議決。中国と台湾の政府が直ちに反対を表明した。

★参考情報★
ーーーーーーーー
中国海警船が日本漁船追尾 中国正当化、日本は不快感
中国が月平均3回の領海侵入 河野防衛相が警戒感
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年5月12日尖 中国のニュースサイト、央視網によると、沖縄県・尖閣諸島の領海内で中国海警局の船2隻が、日本漁船を追尾した問題で、中国外務省の趙立堅副報道局長は11日、記者会見で、海上保安庁の巡視船が違法に干渉したため、主権を侵害しないよう外交ルートを通じて日本に抗議したと述べた。(写真は百度のキャプチャー)

 菅義偉官房長官は12日の記者会見で、中国外務省が日本漁船の追尾を正当化したことについて「全く受け入れることはできない」と述べ、不快感を示した。

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、第11管区海上保安本部は、海警局の船2隻が9日、尖閣諸島付近の領海に入った。この際、近くで日本漁船1隻が操業していたため、海保の巡視船が中国側に領海外に退去するよう警告するとともに、漁船の周辺に進んで安全を守った。

 同本部によると、中国海警船の領海侵入は9日で連続3日目。今年に入り侵入日数は計10日となった。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
中国艦艇4隻が宮古海峡通過 11月末には大隅海峡も
中国軍機が対馬付近を飛行 中国海軍艦艇2隻も

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年4月9日尖 第11管区海上保安本部によると、8日午前10時5分ごろ、中国海警局の4隻が沖縄県尖閣諸島の領海を航行、約1時間半後に接続水域に出た。中国公務船の領海航行は4日ぶり、今年11回目。日本の報道を引用し、中国のニュースメディアの観察者網が8日伝えた。

 観察者網は、海上保安庁の巡視船が4隻に対し、領海から退去するよう「不当」な警告を行ったと報じた。中国海警局も8日、同局の「2305艦隊」が釣魚島(尖閣諸島の中国名)の領海内をパトロールしたと発表した。










★参考情報★
ーーーーーーーーーー
中国海警船4隻、尖閣領海侵入 今年6回目、今月3回目
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ