中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:少雨

22021年2月05日幹 中国南方地区では今冬、多くの地区で降水量が例年に比べて目立って少なく、うち広東省深セン、珠海の両市では降雨ゼロの日数が過去最長となっている。香港メディアの東網が5日伝えた。(写真は東網のサイト画面)

 広東省の1月の平均降水量は6.5ミリと例年より87%減少した。うち珠江市は、今月2日まで72日連続で雨が降っていない。深セン市の降雨ゼロも69日連続。両市の降雨ゼロの連続日数は、これまで63日と67日が最長だった。

 南方地区のうち湖南省でも、昨年12月1日から今年1月末までの平均降水量が、例年より65.7%少ない37.3ミリで、過去2番目の少なさ。広西チワン族自治区では、平均降水量が例年より9割も減少。浙江省でも平均雨量が例年に比べて6割も減少。各市では16~27日間、雨降りがない。

 南方地区の各地では、ダムの貯水量が減少。農地に干ばつの被害が出ているほか、一部の農村で飲み水不足が起きている。広東、浙江、雲南などの各省では、地方都市で給水制限が行われ、約140万人が影響を受けている。

 中国天気網によると、華南地区は通常、ベンガル湾と南シナ海とから暖かく湿った空気が流れ込んでいる。ベンガル湾の気流は昨年12月以降、弱い状態が続いている。南シナ海からの気流は、北西太平洋上の気象状態の影響で北東方向に外れ、華南地方などに水分が運ばれなくなっている。

★参考情報★
ーーーーーー
中国浙江で50年ぶり干ばつ 台州で浴場や洗車業休業
自然災害の被災者、1~9月に1.3億人 応急管理部
今年の水害被災者7047万人 死者不明271人
このエントリーをはてなブックマークに追加

22021年1月26日干 ニュースサイトの毎日経済新聞によると、浙江省の一部で50年に一度の干ばつが起き、台州市政府は21日、緊急事態を宣言した。台州市内の三門県は給水制限を実施し、浴場やプール、洗車業など水を多用する業種に休業を命じた。(写真は東網のサイト画面)

 地元紙・銭江晩報によると、浙江省では昨年9月から少雨が続き、省内の平均降水量は84.6ミリと平年より56%少ない。干ばつが最も深刻なのは温州で、平均降水量はわずか50ミリ。台州、舟山とともに50年ぶりかそれ以上の干ばつとなっている。寧波、麗水も20年ぶりの事態。杭州市西部でも深刻化している。

 浙江省水利局によると、温州や台州など干ばつの発生地では、水源の川が干上がったり、ダムの貯水量が減る事態となり、山間部では、飲み水が不足するところも出てきた。

 浙江省紹興市の水源、湯浦ダムでは25日、水位が前年同期より7メートル低下。1日あたりの給水量を制限した。これまでのところ民生と産業用の給水は正常に行われている。紹興市の他のダムでも水位の低下が続き、一部が給水を停止した。

 省気象局によると、同省では今年2~4月、少雨が続く見通しで、干ばつがさらに深刻化しそうだ。


★参考情報★
ーーーーーー
今年の水害被災者7047万人 死者不明271人
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年10月11日干 国家減災センターによると、江西省は7月下旬から10月初めにかけての平均降雨量が96ミリと、平年より7割減少し同期としては過去最少となった。主要河川と湖沼の水位も低下し、省内11市、71県で干ばつが発生している。(写真は中国天気のキャプチャー)

 鷹潭、吉安、九江、宜春の各地で被害が深刻で、一部の郷鎮(町村)で飲み水不足が起きているほか、コメ、野菜、果物の収穫に深刻な影響が出ているという。

 省応急管理庁は9日午後8時、緊急対応措置を発動。省財政庁と連携して、各地の被害状況を査定しているほか、各種の対策を指導している。

 被害が深刻な地区では、井戸の開削による地下水の採取、人工降雨、水田への導水、住民への飲み水の供給などが行われている。

 江西省では、少雨は10月末まで続く見込みで、干ばつの被害も拡大する見通し。省減災委員会、省応急管理庁などは対策と指導を強化している。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
89県・市で高温と干ばつ 長沙で過去最高の37.2度 湖南
湖南各地の洪水で死亡不明17人 衡陽で堤防決壊
河川400本で警戒水位突破、堤防決壊も 公式報道は低調、実相伝えず
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ