中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:天津

22020年11月26日天 中国天津市当局は24日、新型コロナウイルス対策関連の記者会見を開き、天津市疾病対策予防センターの張穎副主任は、同市浜海新区の食品加工会社の低温倉庫と住宅地区でそれぞれ起きている2系統の感染拡大について、ウイルスの型が異なるため、互いに無関係との見方を示した。(写真は天津衛生健康委員会のサイトより)

 天津市の新型コロナ感染者は、食品加工会社、天津海聯冷凍食品の低温倉庫と東疆保税港区の住宅地区「瞰海軒小区」で見つかっている。食品会社の従業員は、北米産の冷凍豚肉から感染。住宅地区ではマスクを着けない最初の感染者が原因となり、エレベーターから感染が広がったという。 

 副主任によると、食品会社、住宅地区の感染は互いに無関係で、ともに欧州系のL型だが系統が異なるウイルスが検出された。また、食品会社は物からヒト、住宅地区ではヒトからヒトの感染が起きた。

 副主任によると、山東省徳州市で10月7日、天津港経由で運ばれたドイツ産豚もも肉の包装材から新型コロナウイルスが検出された。天津の食品会社の低温倉庫で感染した2人は、ドイツ産の豚もも肉と北米産豚肉の運搬作業をしていた。うち1人が出荷の際、北米産豚肉を地面に落とし、もう1人が拾ってトラックに入れていた。2人のウイルスの遺伝子は完全に一致しており、北米産豚肉が感染源とみられるという。

 住宅地区の「瞰海軒小区」で感染者は、4号棟と9号棟に集中。4号棟に住む最初の感染者が、せきが出るのにエレベーターに乗る際にマスクを着けておらず、他の住民に感染が広がった。ヒト間の感染だが、直接でなく物を経由した感染拡大だった。

★参考情報★
ーーーーーーーー
中国 上海浦東空港で新型コロナ患者 職員検査で一時混乱
中国天津で新型コロナ患者1人と無症状者2人確認
このエントリーをはてなブックマークに追加

22020年11月19日津 天津市衛生健康委員会は18日、前日の17日に新型コロナウイルスの新規患者1人と無症状感染者2人を確認したと発表した。新規患者1人と無症状感染者1人は、物流団地「天津楊北物流園」の運搬作業員、無症状感染者1人は別の無症状感染者と、集合住宅の同じ棟に住んでいる。(写真は東網のキャプチャー)

 運搬作業員の新規患者と無症状感染者は40歳と37歳の男性で、いずれも天津市浜海新区の集合住宅に在住。いずれも別の無症状感染者の同室者だった。もう1人の無症状感染者1人は女性(33)で、この集合住宅の同じ棟に住んでいる。

 新華網によると、天津市当局は、この集合住宅がある天津市浜海新区・東疆保税港区の住宅地区「瞰海軒小区」を19日午前0時から、新型コロナの「リスク中」に指定した。天津市の他地域のリスク等級に変化はない。

 香港メディアの東網によると、新型コロナ患者と無症状感染者の運搬作業員2人は、食品加工会社、天津海聯冷凍食品の冷凍食品に接触していた。天津市当局は17日、輸入冷凍食品による新型コロナ感染拡大を防ぐため、消毒方法などを定めたガイダンスを公布。冷凍食品の包装材のほか運搬具などの消毒も命じた。

★参考情報★
ーーーーーーー
中国天津で新型コロナ無症状感染者 前日には発症者
中国・天津で新型コロナ1人感染 倉庫で作業、貨物から感染
このエントリーをはてなブックマークに追加

 22020年11月11日安中国政府は10日、前日の9日に新型コロナウイルスの新規患者22人を確認したと発表した。うち21人が海外感染、1人は国内感染で上海でみつかった。死者と感染疑い患者の確認はなかった。(写真は東網のキャプチャー)

 安徽省阜陽市衛生健康委員会は10日、市内で新型コロナの新規患者1人を確認したと発表した。50代の男性で、9日に上海で確認された新規患者の濃厚接触者だった。同委員会は10日午前11時までに、男性の濃厚接触者34人を割り出し、検査を進めている。

 天津市疾病対策予防センターは10日午前、市内の低温物流の作業員と冷凍食品に対しPCR検査を実施したところ、浜海新区東疆保税港区の作業員1人が陽性だったと発表した。10日午後5時の時点で作業員に症状はないという。

 上海市疾病対策予防センターは、9日に浦東新区で見つかった新型コロナの新規患者1人の濃厚接触者186人と関係者8717人に検査を行ったと発表した。いずれも陰性だったという。

 また、国家税関総署は、インドネシアから輸入した冷凍マナガツオ1個から新型コロナを検出したと発表。輸出者のインドネシアの水産会社からの輸入を1週間停止したことを明らかにした。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
中国・天津で新型コロナ1人感染 倉庫で作業、貨物から感染
中国当局、輸入食品に警戒 新型コロナ流入の恐れ
このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュースサイトの澎湃新聞によると、中国天津市の新型コロナウイルス対策本部は8日、同市浜海新区の「中新天津エコシティー」にある低温倉庫で、作業員1人が新型コロナに感染していることを確認したと発表した。作業員を指定病院に隔離して治療を行うとともに、濃厚接触者に対する検査と観察を進めている。

22020年11月09日津 浜海新区の当局は、山東省徳州市政府からの連絡を受け、輸入冷凍食品の包装材に対し新型コロナの調査を開始。中新天津エコシティーでも冷凍食品や低温倉庫、輸送車を調べるともに、作業員や運転手の検査を進めた。まもなく、低温倉庫の積み下ろし作業員1人と、倉庫の取っ手から陽性反応が出た。(写真は東網のキャプチャー)

 また、天津市当局は7日、山西省太原市政府から、天津港経由で輸入した冷凍食品の包装から、新型コロナを検出したとの連絡を受けた。当局が天津市東麗区の低温倉庫で従業員と食品、周辺環境に対し検査を行ったが陽性反応はでなかった。

 澎湃新聞によると、7月以降、広東省深セン市など中国の9カ所で冷凍食品から新型コロナが見つかった。ブラジルやエクアドルなどから輸入した鶏やエビの包装材から検出されており、消費者に不安が広がっている。
新型コロナ感染拡大の中国・青島市、保健機関トップら更迭
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年6月19日京 ニュースサイトの新京報によると、米ヒルトン・ホテルが経営する天津市南開区の高級ホテル「コンラッド天津 (天津康莱徳酒店)」で、従業員1人が17日、新型コロナウイルスに感染していることが確認された。ホテルの全従業員が隔離され、PCR検査を受けている。また、天津疾病対策予防センターがホテル内のすべての場所を消毒した。ホテルは休業している。(写真は東網のキャプチャー)

 同センターによると、感染した従業員は厨房で勤務し、5月30日から食器洗浄を担当していたが、冷凍の水産品を洗うこともあった。中国では、北京市豊台区の新発地卸売市場を発端に新型コロナの集団感染が発生。商品の水産品が感染源となった可能性も指摘されている。

 ホテルが北京の同市場から食材を仕入れていたかどうかは不明。ただ、業界関係者によれば、高級ホテルは、食材を業者から一括して仕入れるのが普通で、従業員が個人で購入することはないという。

 北京市では18日、地元感染の新型コロナ患者が新たに25人確認された。内訳は豊台区が18人、大興区が5人、西城区が1人、海淀区が1人となっている。


★参考情報★
ーーーーーー
新型コロナ感染拡大、北京市が緊急対応レベル引き上げ
北京の新型コロナ新規患者27人 病院が緊急態勢始動
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ