中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:四川大地震

22020年10月23日震 香港メディアの東網によると、四川省綿陽市の北川県で23日早朝、マグニチュード(M)2.8~3のの地震が3件起きた。同県では21と22日にもM4.6~4.7の地震が起きたばかり。けが人や被害の情報はない。専門家は、いずれも震源地が近接しており、2008年の四川大地震の余震とみている。(写真は百度のキャプチャー)

 ニュースサイトの新京報によると、21、22両日の地震の際は、成都や広元、徳陽、資陽などの各市でも揺れを感じた。電力や交通、通信の施設は正常に運用されている。

 専門家によると、両日の地震の震源地は1キロ以内で、2つの断層が交差する地点。2010年から、四川大地震の余震地区では2010年以降、M4.5クラスの地震が頻発する地点が7カ所確認されている。

 北川県は、四川大地震で壊滅的な被害を受け、犠牲者が最も多かった県の1つ。県都の一部は、震災の悲劇を伝える記念として保存されている。

 四川省では地震が頻発しており、今年2月には四川省成都市青白江区でM5.1の地震が発生。けが人はなかったが、住民約220人が避難した。昨年12月には、同省内江市でM5.2の地震があり、家屋の損壊などで18人がけがした。

★参考情報★
ーーーーーー
四川・内江でM5.2地震 18人重軽傷、2464人被災
四川・綿陽でМ4.6地震 徳陽、成都でも揺れ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年6月18日四ニュースサイトの環球網によると、四川省南部の宜賓市長寧県で17日午後10時55分ごろマグニチュード(M)6の地震があった。同市政府によると、住宅の倒壊などにより、18日午前5時20分までに11人が死亡、122人がけがした。(写真は東網のキャプチャー)

 澎湃新聞によると、同市では余震が続いており、18日午前7時までにM3以上の地震が16回起きた。四川省の楽山、成都、内江の各市のほか、近隣の重慶市、貴州省、陝西省の一部でも強い揺れを感じた。

 報道によると、震源地近くでは多数の建物が倒壊し、多くの住民が閉じ込められているもよう。警察官や軍が出動し救出活動を続けている。また、3万8000世帯で停電が起きた。省政府は緊急救助活動を開始し、テント5000枚や救援物資を現地に送った。

 香港メディアの東網によると、地震発生時、勤務中だった医師は「揺れを感じたが、病院の建物に亀裂などは入っていない。逃げる際に転んだ住民がいた」などと話している。当時、散歩中だった住民は「すごく揺れた。たくさんの住民が建物から逃げ出してきた」と語った。

 宜賓市では最近1年内にM5以上の地震が2回発生している。中国地震台網中心の研究員によると、昨年来の宜賓市の地震は、2008年に起き約1万人が死亡した四川大地震とは別の地震帯で起きている。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー
雲南省・玉渓で連続地震 家屋8000世帯で損壊 7万人被災、24人けが
四川大地震追悼のキリスト教徒拘束=米国務省が憂慮
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2008年5月12日に起きた四川大地震の犠牲者追悼会を開いた非公認キリスト教会(家庭教会)「成都秋雨聖約教会」のメンバー約200人が同日、四川省成都市公安局に拘束されたことが分かった。米国務省のナウアート報道官は15日「深い関心を寄せている」と述べ憂慮を示した。米公共放送ボイス・オブ・アメリカ中国語版が16日伝えた。

 信徒によると、同公安局の警察官数十人らが12日、成都市内の同教会を急襲。教会を閉鎖して信徒を拘束し、聖書などの書物約1万冊を押収した。他に信徒約30人が自宅に軟禁された。

 四川大地震では7万人近くが死亡、1万人が行方不明になっており、同教会は10周年の12日に追悼会を行った。中国当局は、地震の記念日を復興への感謝日と位置付け、民間の自主的な追悼活動は認めていない。
 ナウアート報道官は「米国政府は中国人民とともに、悲劇で亡くなった数万の命に哀悼の意を表する」と述べた。同教会への弾圧について深い関心を示した上「中国には、全ての人民の宗教的自由の尊重で、積極的な役割を果たすよう呼び掛けたい」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ