中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:台湾

22021年1月19日米
 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、超党派の米シンクタンク、外交問題評議会(CRF)はこのほど、2021年に世界各地で発生する可能性のある衝突に関し予測リポートを公表し、台湾をめぐる米中衝突の危険性を、3段階のリスク評価のうち「最高レベル」に引き上げた。この問題を最高レベルに分類したのは初めて。(写真はVOAのサイト画面)

 リポートは2019年に初めて、台湾をめぐる米中衝突リスクを取り上げたが、リスク評価は2年連続で2級にとどまっていた。米中対立の激化と、中国が政経両面で台湾への圧力を高めた結果、危機が激化した。今年、米中の対立が起きるリスクは「中」、米国の利益に打撃を与えるリスクは「高」とした。

 リポートはこのほか、北朝鮮の核とミサイル開発を今年最大の懸念事項として挙げた。米国のバイデン次期政権は北朝鮮に関し何も言及していないが、北朝鮮は12日に終わった朝鮮労働党の第8回党大会で、米国を最大の敵と明言し、新政権への対抗姿勢を明らかにしている。

★参考情報★
ーーーーーー
米海軍少将が台湾非公式訪問  軍人で近年最高位
「台湾は一貫して中国の一部でない」 米国務長官
このエントリーをはてなブックマークに追加

 22021年1月12日台米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、ポンペオ米国務長官は9日、米国が台湾に対し行ってきた、外交官や軍人同士の接触規制を解除すると表明した。同長官は、米政府は過去数十年、中国政府をなだめるため一方的に台湾との接触規制を行ってきたと指摘。「あらゆる自主規制の撤廃に取り組んでいる」と述べた。(写真は東網の画面)

 台湾総統府は、ポンペオ長官に感謝を表明。台湾の呉釗燮外相は「台湾と米国の相互信頼は高まり続けている。台湾が実務的で責任ある外交を行ってきたためだ」と述べ、米国の措置が台湾の外交姿勢への評価との見方を示した。

 中国外務省の趙立堅副報道局長は11日、「断固反対し強く非難する」と反発。これまでの米中合意を守るよう求めた上「1つの中国の原則を守るよう求めるとともに、台湾問題をもてあそぶことをやめ、時代への逆光をやめるよう忠告する」と述べた。

 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、ポンペオ長官は7日、ケリー・クラフト米国連大使が近く台湾を訪問すると発表した。また、中国が6日、香港の民主派50人以上を拘束したことについて、個人と団体への制裁を実施すると発表した。

 中国外務省は、米国連大使の台湾派遣と香港に絡む制裁方針の表明に対し「米国は、大きな代償を支払うことになる」と警告した。

★参考情報★
ーーーーーー
米海軍少将が台湾非公式訪問  軍人で近年最高位
「台湾は一貫して中国の一部でない」 米国務長官
米台が今月経済対話 9月訪台の国務次官が台湾経済次官と会談へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 22021年1月7日台湾中国軍の運8対潜哨戒機、運8電子戦機が6日午前7時46分ごろ、相次ぎ台湾南西の防空識別圏(ADIZ)を飛行した。中国軍が台湾周辺の飛行は6日連続となる。東網が6日伝えた。(写真は東網の画面)

 中国軍機は台湾南西のADIZで、高度3万1000メートルの空域を飛んだ。台湾空軍がスクランブル(緊急発進)し無線で退去を呼びかけた。台湾空軍による退去の呼びかけは今月だけで14回に上る。






★参考情報★
ーーーーーーー
トランプ大統領、最新型F16戦闘機を台湾売却を許可
中国軍、浙江と広東沖で演習 2戦闘への対処能力点検か
このエントリーをはてなブックマークに追加

22020年12月01日台 台湾衛生福利部疾病管制署の中央感染症指揮センター(CECC)は11月30日、新型コロナウイルスの新規患者24人を確認したと発表した。いずれも海外での感染者で、インドネシアが20人、米国が2人、英国とフィリピンが各2人だった。(写真は東網のキャプチャー)

 同センターによると、20人は台湾に戻ったインドネシア人の労働者で20代から40代の女性13人と男性7人。19人は無症状だという。同センターは、インドネシアの人材紹介会社6社からの労働者受け入れを一時停止した。これにより一時停止となった人材紹介会社は14社となった。

 陳時中・衛生福利相は、インドネシアの新型コロナの感染拡大が深刻だとして、インドネシア人の労働者の帰還を12月4日から2週間停止。18日以降もインドネシア人労働者の入国数を従来の半分に減らす方針を明らかにした。

 他の4人は、20~50代の女性1人と男性3人で、いずれもせきなどの症状がある。うち20代女性は19年9月から英国に留学。現地で発熱などの症状が出て11月13日に新型コロナの感染が判明したが、11月27日に帰国した。空港で申告し改めて感染が確認された。
日台からの入国者に新型コロナ感染者 上海で確認
新型コロナワクチンの緊急使用、7月に開始 当局者明かす
このエントリーをはてなブックマークに追加

22020年11月24日米 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、消息筋は、米海軍のマイケル・スチュードマン少将が22日、台湾を非公式訪問したことを明らかにした。近年台湾を訪れた米軍事の中で最高位となる。(写真は東網のキャプチャー)

 香港メディア東網によると、少将の一行は8~10人で24日まで滞在の見通し。米国在台協会(AIT)の係官が同行、米国と台湾の情報機関を視察し、情報を交換するとみられる。米情報部門は同時に、フィリピンとシンガポールにも係官を派遣した。

 中国外務省の趙立堅副報道局長は23日、記者会見で「いかなる形式であれ、米台の政府と軍事面での交流に断固反対する」と述べ反発した。

 スチュードマン少将は、米アジア太平洋軍情報部門「J2」のトップ。台湾の報道によると、少将は米軍のC37で21日、台北の松山空港に到着したもよう。台湾外務省は22日、米高官の来訪は認めたが、詳細は明らかにしなかった。

★参考情報★
ーーーーーーー
米台が今月経済対話 9月訪台の国務次官が台湾経済次官と会談へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ