中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:化学

2020年2月12日火 ニュースサイトの北晩新視覚網によると、遼寧省葫蘆島市の葫蘆島経済開発区にある化学メーカー、遼寧先達農業科学の工場で11日午後7時50分ごろ爆発があり、2人が死亡、6人が負傷し、3人が行方不明となっている。 

 爆発が起きたのは農薬「クレトジム」の製造ライン。同市の消防などが急行し、約3時間後に鎮火した。当局が事故原因を詳しく調べている。

 同社は17年10月に発足。農薬の原薬や中間体の研究開発(R&D)と製造、販売を主要事業としている。

 1月17日は貴州省福泉市の溶剤メーカー、貴州興発化工の工場で爆発があり、従業員2人が重軽傷を負い、1人が行方不明になったばかり。1月14日にも、広東省珠海市の石油化学品工場で大規模な爆発が起きた。19年3月には江蘇省塩城市響水県の化学メーカー78人が死亡、566人が重軽傷を負う爆発事故が起き、政府が安全対策を呼びかけた。しかし、その後も各地の化学工場で爆発事故が相次いでいる。

★参考情報★
ーーーーーーー
化学工場で爆発、1人不明2人けが 周辺住民が避難 貴州
珠海で石化プラント爆発炎上 けが人なし、過去に火災歴 広東
化学工場で火災 煙吸った4人病院搬送 広州
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年1月14日火 ニュースサイトの新京報網によると、広東省珠海市の珠海高欄港経済区にある石油化学会社、長煉石化設備有限公司の工場で14日午後1時40分ごろ、爆発炎上事故が起きた。消防車40台と隊員200人が現場に急行したほか、広東省消防救援総隊が、広州、仏山、江門など周辺各市から応援の5隊を現場に派遣した。けが人の情報はない。(写真は東網のキャプチャー)

 新京網によると、同社は、投資会社、深セン埃森新能源集団(広東省深セン市)の子会社。アレーンなど石油化学製品を製造している。2015年にも大規模な火災を起こした。この際もけが人はなかった。また、当局が昨年7月に行った安全操業のための立ち入り検査で、15件の問題点があるとの指摘を受けた。

 中国経済網によると、中国では19年3月に、江蘇省塩城市響水県の化学メーカー江蘇天嘉宜化工有限公司で78人が死亡、566人が重軽傷を負う惨事が起きた後、広東省応急管理庁は省内の工場に対し安全総点検を実施。3社に閉鎖を命じたほか、長煉石化設備有限公司を含む8社に対し、違法操業の疑いで取り調べを行った。

 中国では江蘇省塩城市響水県の大事故の後も、化学工場の爆発や火災事故が頻発している。昨年12月16日には、広東省広州市の広州市衛斯理化工科技有限公司で火災があり作業員4人が病院に運ばれた。同月4日には、浙江省嘉興市内の染色会社の工場で汚水タンクが爆発し、20人が死傷。10月には浙江省寧海県の化学品メーカーの工場で爆発があり19人が死亡した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年12月18日火 ニュースサイトの新京網によると、広東省広州市増城区の中新鎮にある化学品メーカー、広州市衛斯理化工科技有限公司の工場で16日午後5時52分ごろ、火災があり、消防車15台や警察などが急行した。作業員4人が煙を吸って不調を訴え、病院に運ばれた。(写真は博訊新聞網のキャプチャー)

 香港メディア東網によると、出火現場では炎が高く上がり、たびたび爆発音がした。工場の建屋は、支柱だけを残して全焼した。

 地元メディアによると、同社は、自動車メンテナンス用品や家庭用塗料などを製造する会社で2010年に発足した。17年2月にも労災防止関連の規則に違反し、増城区安全生産監督局から罰金支払いと改善命令を受けた。

 中国では化学品関連の工場で、けが人が出る火災や爆発が頻発している。今月4日には、浙江省嘉興市内の染色会社の工場で汚水タンクが爆発し、20人が死傷。10月には浙江省寧海県の化学品メーカーの工場で爆発があり19人が死亡した。

衛生陶器工場で火災 4人死亡、3人けが 福建
プラスチック工場で火災、6人死亡ー江蘇
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年10月16日化 15日付の南方都市報(電子版)によると、広西チワン族自治区の陸川県北部工業園にある化学品製造会社、広西蘭科新材料有限公司の工場で、15日午前11時15分ごろ作業中に爆発が起き、作業員4人が死亡、6人が重軽傷を負った。

 地元紙によると、作業員が樹脂を混ぜて接着剤を製造する試験作業中、反応釜で爆発が起きた。当局は、作業手順などに問題がなかったかなど、事故原因を調べている。同社は今年4月、危険化学品の製造許可を取得したばかりだった。

 事故直後、工場から白い煙が大量に立ち昇り、多数の工員が工場から逃げた。住民多数も避難した。工場の建屋は骨組みだけを残して壊れ、敷地内にがれきが散乱した。
 同社は、リサイクル会社の子会社として2010年に発足。合成樹脂、固化剤、鋳物用塗料、接着剤、不凍液などを製造している。

 中国各地で化学工場で爆発事故が続いている。9月末には、浙江省寧波市寧海県の化学品メーカー「寧波鋭奇日用品有限公司」で工場ば爆発炎上し、19人が死亡した。7月末には遼寧省葫蘆島市で2人が死亡。今年3月には、江蘇省塩城市響水県の江蘇天嘉宜化工有限公司の爆発事故では78人が死亡、566人が重軽傷を負った。


★参考情報★
ーーーーーーーー
化学工場で爆発炎上、19人死亡 日用化学品を製造 浙江
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年7月23日長 河北省張家口市懐来県の化学工場、河北懐来県長城生物化学工程有限公司で22日午後4時30分ごろ、汚水の沈殿池で洗浄作業中に有毒ガスが発生し、作業員5人が死亡、4人がけがした。ニュースサイトの新京報が23日伝えた。(社シンは長城生物のサイトから)

 同社は1998年に発足し、食品添加物、医薬中間体、バイオ製品などを製造販売している。資本金はわずか140万元で、個人オーナーが経営支配している。事故後、操業を停止し、当局とともに事故原因を調べている。

 陝西省銅川市の下水処理場でも19日、汚水調整池で作業中の作業員4人が昏倒する事故が発生。消防隊が救出したが1人が死亡、3人がけがした。酸欠が原因とみられる。陝西省では昨年6月でも、咸陽市のバイオ農薬工場で、タンク内で微生物採取の作業に4人が酸欠で死亡した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
下水処理場で作業員倒れる 1人死亡3人けが-陝西
石灰工場で建屋とタンク崩落 3人生き埋め、2人死亡 山西
生物農薬工場で作業員4人死亡 酸欠で1人昏倒 助けに入った3人も犠牲-陝西
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ