中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:労災

2020年1月8日武 湖北省武漢市江夏区の天子山大道地区にある観光施設で5日午後3時半ごろ崩落事故があり、作業員11人が行方不明になった。武漢市応急管理局などが捜索活動を行い、6日午後3時までに全員を発見したが、6人が死亡。5人がけがして病院に運ばれた。ニュースサイトの紅星新聞が7日伝えた。

 江夏区当局は、コンクリートの型枠の支柱が崩れたものと断定。区内のすべての建物建設工事現場に対し、作業を停止し安全確保の状況を点検するよう命じた。

 観光施設の建設事業は「武漢巴登城生態休閑旅游開発」の名称で、敷地面積667ヘクタール(ha)。マンションも造られ、予約販売戸数は2019年に武漢市で2位になるなど、人気物件となっている。

 中国各地の建設工事現場で、作業員多数が死傷する労災事故が頻発している。昨年4月には、河北省衡水市桃城区のマンション建設現場で作業用のエレベーターが落下し13人が死傷。3月には江蘇省揚州市の海底ケーブルの敷設工事現場で足場が崩落し作業員11人が死傷した。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー

2019年12月23日埋 中国新聞網によると、黒竜江省ハルビン市阿城区で23日午前10時15分ごろ、下水道管工事中に掘削中の穴が崩落し、作業中の5人のうち4人が生き埋めになった。(写真は百度のキャプチャー)

 まもなく緊急救援、消防、警察などの隊員が急行して、救助作業を行い、1人を救出したが、3人が行方不明となっている。 

 ニュースサイトの新京報によると、現場は同区の新華小学校前。下水道管埋設のため掘られた穴は長方形で、深さ約6メートル。救助隊員は腰に命綱を着け、穴の底部の土をスコップで掘って行方不明者を捜索した。

 中国では工事中の崩落による死傷労災事故が多発している。今月13日には、陝西省宝鶏市の金属素材メーカーの工場で大型設備の設置のため掘っていた穴が突然崩れ、作業員3人が生き埋めになった。3人はその後病院で死亡した。10月28日には、貴州省貴陽市観山湖区の建設中の地下駐車場で崩落事故があり10人が行方不明になった。


★参考情報★
ーーーーーー
建設中の地下駐車場が崩落 作業員8人死亡2人けが 貴州
銀行ビル工事中に崩落 作業員5人死亡、4人けが 吉林

 2019年12月18日煤貴州省黔西南プイ族ミャオ族自治州の安竜県にある安竜県広隆炭鉱で17日午前1時半ごろ、「ガス突出」事故があり、当時作業中だった23人のうち14人が死亡した。残り9人のうち7人は地上に逃れたが、2人が取り残されている。経済メディアの毎日経済新聞が17日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 貴州省当局も事態を重視。ナンバー2の省長が現場に急行し、救助作業を指揮するとともに、事故原因の調査を進めている。ガス突出は、坑道内で大量のガスが岩石とともに一気に噴出するもので、落盤や出水ともに、典型的な炭鉱事故の1つ。

 広隆炭鉱を経営する貴州省安竜県同煤有限公司(同煤公司)は今年4月初め、安全生産に絡み信用失墜行為があったとし、中央政府の応急管理省が発表したブラックリストに掲載されていた。当局が検査したところ、坑井内に無届けの作業場が隠されていたほか、通風設備の不備などがみつかった。

 同煤公司は、債務不履行でもブラックリストに載っているほか、従業員との間で労災事故をめぐる多数の訴訟が起きている。

 中国では今年11月にも、山西省の炭鉱でガス爆発事故があり、15人が死亡、9人がけがした。10月には、四川省瀘州市で落盤事故により7人が死傷、広西チワン族自治区河池市南丹県では高温と有毒ガスで11人が死亡した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
新型発破装置が爆発 作業員ら8人死亡5人けが 陝西

 チタン合金など金属素材メーカーの宝タイ(金へんに太)集団(本社:陝西省宝鶏市)の本社工場で13日午後3時半ごろ、鋳造作業場で大型設備の設置のため掘っていた穴が突然崩れ、作業員3人が生き埋めになった。3人は救出されたが、その後病院で死亡した。ニュースサイトの央視新聞が伝えた。

 宝鶏市党宣伝部によると、当局が事故原因を調査中。同社は、緊急に全社の操業を中止し、工場内の安全の点検を行った。同市の労災担当部門も、市内各企業に安全状況の確認を指示した。

  中国では工事中の崩落による死傷労災事故が多発している。10月28日には、貴州省貴陽市観山湖区の建設中の地下駐車場で崩落事故があり、作業員14人が生き埋めになった。うち3人が自力で脱出、1人が無事だったが10人が行方不明になった。

 10月の14日は、吉林省白城市の経済開発区で改装工事中の銀行のオフィスビルが突然崩落し、作業員5人が死亡、4人が負傷した。5月には上海市中心部で、自動車修理工場が改築工事中に崩落、作業員25人ががれきに生き埋めとなり10人が死亡した。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
建設中の地下駐車場が崩落 作業員8人死亡2人けが 貴州
銀行ビル工事中に崩落 作業員5人死亡、4人けが 吉林
石灰工場で建屋とタンク崩落 3人生き埋め、2人死亡 山西

2019年11月28日隧 ニュースサイトの新京報網によると、26日午後5時21分ごろ、雲南省臨滄市鳳慶県で建設中の雲鳳高速道路・安石トンネルの出入口付近が崩落し、作業員13人が生き埋めになった。27日午前9時までに7人が救出されたが、うち6人の死亡が確認され、1人が病院に運ばれた。なお6人が閉じ込められている。(写真は東網のキャプチャー)

 当局によると、5時21分ごろトンネル出入口から641メートルの地点で、切羽で出水があり5人が閉じ込められた。50分後に再び出水が起きて出入口が崩落し、生き埋めが13人に増えた。死者は出入口から420メートルの地点で見つかった。

 香港サイト東網によると、工事は貴州省公路工程集団有限公司(貴州省貴陽市)が請け負っている。これまでに安全管理など施工上の問題で12回の行政罰を受けた。
 事故発生後、臨滄市の党・政府は事態を重視し、トップが指揮部を立ち上げて緊急対応を発動。各部門の幹部が率いるチームを現場に急行させた。

 中国では、工事中に多数の作業員が死傷する労災事故が頻発している。10月末には、貴州省貴陽市観山湖区の建設中の地下駐車場で崩落事故があり、うち8人が死亡、2人がけがした。10月中旬には、吉林省白城市の経済開発区で改装工事中の銀行のオフィスビルが突然崩落し、作業員9人が死傷。5月には上海市中心部で、自動車修理工場が改築工事中に崩落、作業員10人が死亡した。

★参考情報★
ーーーーーーー

↑このページのトップヘ