中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:冠水

2020年9月15日雨 広東省深セン市宝安区で13日午後、突然の激しい雨で道路が冠水、路線バス1台が水没して乗客約20人が屋根に避難した。消防などが急行して乗客を無事救出した。このほか車などに閉じ込められるなどした計78人を救出した。けが人の情報はない。地元メディアが14日伝えた。

 深セン市では同日、大雨のため各所で道路が冠水し、川のようになった。うちバス1台がエンストして立ち往生し、まもなく室内に水が流れ込んだ。消防隊はゴムボートを使い、屋根に逃げた乗客を助け出した。

 現場近くの商店主によると、付近の排水溝はメンテナンスが悪く、大雨のたびに道路の冠水が起きている。商店主も、商品が水に浸かり深刻な被害を受けた。

 深セン市では、大雨の際にしばしば街路の冠水が発生。昨年4月にも、市内各所で路面が冠水し、水位が乗用車の車体半分まで達した。深セン区南山区の工業団地では大雨の影響で、従業員宿舎が全壊し、女児が死亡した。


★参考情報★
ーーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年7月7日湖 ニュースサイトの楚天都市報によると、湖北省武漢市の当局は6日午前、洪水と市内の冠水対策のレベルをそれぞれ引き上げた。武漢市内では5日、49カ所が冠水し、当局が約2000人態勢で排水作業を行った。(写真は東網のキャプチャー)

 ネット情報によると、武漢市東湖新技術開発区の団地内で、水たまりに漏れた電気に触れた男性が死亡した。切れた電線から電気が漏れたとみられる。当局は冠水の際は、外出を避けるよう市民に呼びかけている。

 武漢市では5日、午前6時から6日午後3時にかけて激しい雨が降った。気象台によると、同市では引き続き大雨が予想され、市内を流れる長江と漢江とその他の中小河川で水位の上昇が続く見通しだ。

 中国新聞網によると、6日は重慶南部、湖南北西部、湖北南部、江蘇南部、上海北部などで大雨が降った。また、黒竜江や吉林など中国東北部、内モンゴル、北京、河北でも一部で大雨となるなど、全国的に雨となった。

 気象台は7日、重慶や四川など西南地区から、湖北や江蘇、上海など長江中・下流にかけの地域では7日~9日、激しい雨となるとの予報を出した。

★参考情報★
ーーーーーー
長江上流で洪水のピーク形成 武漢で水害の恐れ
湖北で水害深刻化、198人万被災 ダム放水も原因か
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年6月12日洪ニュースサイトの澎湃新聞によると、広西チワン族自治区や広東省など中国南方各地で6月上旬から記録的な大雨が続いている。9日午後2時までに広西、広東、貴州、湖南、福建など11省(自治区・直轄市)で延べ約262万7000人が被災し22万8000人が避難した。死者も19人以上に上る。環球網によると、広東など8省(自治区)の河川110本で水位が警戒ラインを突破した。

 江西省新余市では市街地が冠水し、多数の車が立ち往生した。景勝地の広西・桂林市陽朔県では、多くのホテルが水に浸かって孤立し、消防隊員がゴムボートで救助に向かった。広西・柳江市でも市街地が冠水した。広東省では韶関、広州、清遠、河源の各市で、市街地が水に覆われた。広州市内を流れる増江は水位が警戒ラインを超えて水があふれ、川沿いの低地では一部で深さが2メートルに達し、住民が閉じ込められた。

 中央気象台は、長江中・下流域、華南の北西部や東部など、南方地区の広い範囲で19日まで大雨が続くとみて、警戒を呼びかけている。

★参考情報★
ーーーーーー
湖南の洪水で9万人被災 ダム4カ所で警戒水位超え
湖南南部で大雨の洪水=1人死亡4人不明
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年5月29日水広東省広州市の黄埔区で、21日夜から22日未明にかけて降った大雨のため、17棟の高層マンションが並ぶ「万科金色夢想小区」で地下駐車場が冠水した。駐車中の自動車200台以上が水没したほか、マンションで断水やエレベターが停止する被害も出た。住民からは、管理会社の万科物業服務などの責任を追及する声が挙がっている。ニュースメディアの新京報が28日伝えた。(写真は博訊新聞網のキャプチャー)

 マンションは、大手不動産開発会社の万科地産が2015年に完成させ、17年から住民の入居が始まった。万科物業服務によると、住民の入居後これまでに2回、冠水が起きている。

 中国天気網によると、広東省広州市や東莞市では21日に250~400ミリの猛烈な雨が降った。1時間の雨量は最大100~141ミリに達した後、22日未明にようや雨量が減った。地下駐車場では22日未明から浸水が始まった。

 住民の1人は「22日の朝5時ごろ、就寝中に不動産管理会社から、大雨で駐車場に水が流れ込んでいるので、車を移動させよとの知らせを受けた」と述べた。この住民が駆けつけると、地下駐車場は一面冠水し、多くの自動車がルーフまで水に浸かったほか、一部は船のように漂っていたという。

 住民によると、22日昼間からマンションで断水が起きたほか、エレベーターが止まり、高層階の高齢の住民は外出ができなくなった。また、地下駐車場では不動産管理会社による排水作業も遅れた。

 住民の大部分は、不動産管理会社とともに不動産開発会社にも責任があると考えている。住民の1人によれば、冠水対策が不十分であっただけでなく、22日未明の大雨でマンション周辺が冠水後、地下駐車場に浸水するまで1時間ほど時間があったのに、管理会社は通知しなかったという。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
広州ホンダ工場周辺が冠水 新車多数、販売不能に
広東・珠江デルタで豪雨 広州で4人死亡 トンネルで溺死も
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月27日隧 広東省広州市中心部の天河区金穂路地区の越秀金融大廈近くの歩行者向け道路横断用のトンネル内で26日、男性の遺体が見つかった。同日午後4時半ごろには、警察が出動して捜査を始めた。地元メディアの南方都市報(電子版)が26日伝えた。

 街路清掃員によると、遺体が見つかったのは同日午前8時ごろ。トンネル内部は、人の背丈ほど水がたまっていた。周辺には、立ち入り禁止などの表示はなかった。警察は内部の水を抜いた上、詳しい状況を調べている。

 天河区では今年7月にも、黄村のアンダーパス内が冠水し通行できなくなった。付近のオフィスの勤務者によると、雨のたびに水がたまり、通行に支障が出ている。


★参考情報★
ーーーーーーー
●重慶のトンネルが豪雨で冠水、150人救出
道路冠水で車100台立ち往生 消防隊が200人救出 河南
雲南で洪水や土砂災害 死亡不明17人、3.5万人が被災
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ