中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:停電

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、広東に続き上海、北京の一部でも22日、計画停電が行われた。当局は、設備保守のためと説明している。浙江や湖南、広東では大規模な停電が起き、商店などに損害が出ている。

 送電会社の国網上海市電力は、22日午前6時半から12時間の停電を予告した。上海の唐家湾路、新河馬路、新河鎮路などの地区。住民はRFAに「停電は郊外で起きており、市中心部では発生しておらず、影響はない」と述べた。 国網上海市電力は、上海の一部地区での計画停電は、計画的な安全点検のため。予告に記載した地区は、停電が発生する可能性がある場所を大まかに示したものと説明している。

 ネット上では、上海市中心部の長寧区で22日、12時間の停電が行われるとの通知が出回った。人民網によると、国網上海市電力は、ネットで散布された「停電通知」はデマだと指摘した。

 上海市の元教員は「中国が世界貿易機関(WTO)に加盟した2001年末以降、上海で大規模な停電が起きたことはない」と語り、設備の保守が停電の原因とする当局の説明に疑問を投げかけた。

 北京でニュースサイト「今日頭条」を通じ、22日午前7時から午後6時まで、市中心部の西城、東城、豊台、昌平の各区での停電が予告された。北京では21日にも予告の上で停電が起きておる。22日の停電地区とは重複しておらず、計画的な停電と見られる。

★参考情報★
ーーーーーーー
豪州産石炭輸入規制で中国にブーメラン 各地で電力不足
このエントリーをはてなブックマークに追加

 電力需要の急増のため、中国各省が計画停電などの供給制限に踏み切る中、広東省広州市の多くの区で21日未明、予告なく停電が始まった。家庭内だけでなく街灯も消え、市街地全体が暗闇に覆われた。水道や携帯電話も、ポンプや基地局が停止したため、影響を受けているという。香港メディアの東網が21日伝えた。 

 住民によると、停電が起きたのは同市越秀、茘湾、白雲の各区。送電会社の広州供電局によると、送電は停電から12時間近く経過した21日午前11時に復旧した。施設の故障で、電力の供給制限のためではないという。

 ネット上では、入浴中に電気と水が止まった、パソコンでファイルの保存が半分しかできなかった、残業後に帰宅したらエレベーターが止まったなどの書き込みが多数投稿された。

 国家能源局の章建華局長は21日、記者会見で、広州市の停電に言及。「中国国内の電力供給に支障はない。個別の地域の事態は偶発的なもので、エネルギー供給に大きな問題はない」と語った。

 博訊新聞網によると、湖南、江西、浙江などでも、予告の上で電力の供給制限が行われており、市民生活に影響が出ている。湖南省長沙市では、オフィスが停電し、20~30階を階段で上り下りするなどの事態が起きているという。 各地の電力供給制限は、オーストラリア産石炭の輸入中止が原因との見方が多い。中国メディアの雲財経は、11月6日に豪州産石炭の輸入を止めたことが原因とし、発電用輸入炭の57%は豪州産だと報じた。

 しかし、中国の専門家は、発電用に輸入される豪州産石炭は少なく、影響は限定的で、代わりの輸入先も簡単にみつかると反論している。

★参考情報★
ーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年8月30日龍 海南省ダン(にんべんに詹)州市の那大鎮で29日午前4時ごろ、竜巻が発生、建築現場近くの木造の作業員宿舎が倒壊した。ダン州市消防局によると、宿舎にいた8人が死亡、2人がけがした。澎湃新聞が29日伝えた。澎湃新聞や香港メディアの東網が29日伝えた。

 中央気象台によると、同日、台風12号(ポードル)が海南島の南部に接近した影響で激しい対流が生じ、竜巻が起きたとみられる。ダン州市街では街路樹など大量の樹木、電柱、街灯などが倒れた。

 送電会社の中国南方電網によると、竜巻の影響でダン州市内の多くの地区で停電が起きた。係員400人が出動したが、大雨にためはかどらず、29日の正午から復旧作業が本格化した。
 
★参考情報★
ーーーーーーー
遼寧・開源の都市部で竜巻 6人死亡、120人余り重軽傷
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年3月22日風安徽省馬鞍山市の市街地で20日午後1時ごろ、雷雨とともに観測史上最大級の強風が吹き、2人が死亡、10人がけがした。同市では広い範囲で停電も起きた。台湾・中央社が21日伝えた。(写真は博訊新聞網のキャプチャー)

 現地の報道によると、20日午後、大きな雨雲が馬鞍山市を通過し、激しい雷雨とともに強風が吹いた。風速は最大で毎秒44.2メートルと、強烈な台風並みだった。

 同市内の高速道路の馬鞍山南料金所付近で大型広告塔が道路上に横転し、送稿中の乗用車多数が壊れた。送電鉄塔、工事現場の足場、タワークレーン、街路樹などが倒れたり崩れたりした。

 市内で停電地区では、20日中に送電がほぼ復旧。強風の被害が最も激しかった鄭蒲港新区では21日まで続いたもよう。今回の災害による直接的な被害は4550万元(約7億5000万円)と推計される。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
上海の繁華街で南京東路で看板落下 通行人3人死亡、6人けが 市政府が安全点検を指示
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年10月9日穴 四川省達州市の中心部、達川区の済民医院前の歩道が7日午後2時28分ごろ、突然陥没して通行人4人が転落した。警察、消防などが急行して捜索を行ったところ、8日午前零時10分、2人を遺体で発見した。さらに父子2人が行方不明になっている。華西都市報(電子版)が9日伝えた。(写真は新浪網のキャプチャー)

 地面の崩落が拡大して道路脇の建築物が壊れる恐れも出たため、市政府などが8日午前9時、周辺の住宅に住む200世帯に避難を命じた。また、救助作業のため地中の電線を切断したほか、水道の供給を止めたため、現場付近が一時停電、断水した。

 陥没地点の地下は元は川で、現在は幅3メートル、高さ4メートルの排水溝になっていた。付近の生活排水などが流れ込み、水量は大きいという。救助隊は、周辺の路面を開削するなどして行方不明者の捜索を行った。

 住民によると、行方不明になっているのは付近に住む父子。父親は6日、仕事先のカンボジアから帰国したばかりだった。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーー

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ