中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:倒壊

2019年7月17日雨 応急管理省国家減災センターは16日、南方地区の7省・自治区で12日以降の新たな大雨により洪水と土砂災害が発生し、同日までに301万6000人が被災、7人が死亡、2人が行方不明になったと発表した。北京青年報(電子版)などが同日伝えた。

 同省によると12日以降、浙江省、安徽省、江西省、湖南省、貴州省、福建省、広西チワン族自治区の7省・自治区で100~445ミリの大雨が降った。これら省・自治区では民家や商店への浸水、農地の冠水、土砂災害が起きた。

 16日までに27万8000人が避難し、5万3000人が当局による緊急の救援を受けている。家屋の倒壊は4100戸、損壊は1万9000戸に上った。直接的な経済的損失は79億1000万元(1243億円)に達した。


★参考情報★
ーーーーーー
湖南各地の洪水で死亡不明17人 衡陽で堤防決壊
南方6省で大雨災害拡大 死亡・不明20人、被災465万人
湖南の豪雨災害で16人死亡 中国南方で3日連続大雨警報

2019年7月11日菜 中国新聞網によると、国家減災センターは10日、中国南方地区で大雨による水害や土砂災害による被害が拡大しており、湖南、江西など6省で10人が死亡、10人が行方不明となったと発表した。各地の被災者は465万人で、経済的被害は70億9000万元(約1115億円)に上った。(写真は澎湃新聞のキャプチャー)

 澎湃新聞によると、湖南省では9日までに、衡陽、株洲、永洲など9市44県で84万8000人が被災。土砂崩れに巻き込まれたり、溺れるなどして少なくとも4人が死亡、5人が行方不明になっている。家屋1000戸が倒壊、4200戸が損壊した。

 江西省では9日までに、宜春、撫州、萍郷など8市43県で146万4000人が被災。家屋の倒壊と落雷で3人が死亡した。

 広西チワン族自治区は河内、柳州、桂林など5市27県で10万600人、貴州省の黔南、黔東南、六盤水など4市・自治州、13県・区で5万5000人が被災した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
湖南の豪雨災害で16人死亡 中国南方で3日連続大雨警報
東北から広西まで大雨 南方地区一帯に黄色警報
落雷で4人死亡6人けが 江西4市5県で大荒れ天気

2019年2月18日民 博訊新聞網によると、福州市倉山区盖山鎮の葉廈村で16日午前5時50分ごろ、レンガとコンクリート造りの住宅が倒壊し、住民17人が生き埋めになった。消防などが駆けつけて救助作業を行ったが、同日夜までに3人が死亡、6人の負傷が確認された。(写真は百家号のキャプチャー)

 中国紙・新京報によると、住宅は2003年、家主が自力で建設した。建築基準に合わない違法建築で、当局にも登記されていなかった。当局は、家主を拘束して取り調べている。倉山区政府は、区内の同様の住宅に対し一斉に安全検査を始めた。

 住民によると、倒壊した住宅は4~5階建て元は工場だった。福建省の規則では、農村地区で家主が自力で住宅を建設する場合、4階建て以上は禁止されている。

 倉山区では、違法建築の住宅が野放しとなっている。これら住宅は届け出の上、改築か撤去を行うよう義務付けられている。しかし、住民に違法建築の自覚がないほか、各種の規制を嫌がり届け出したケースないという。

 中国では昨年10月にも、湖北省武漢市で3階建ての民家が突然倒壊し、3人が死亡、4人がけがした。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
3階建て民家倒壊、3人死亡4人けが ガス爆発か 周辺住民が避難 -武漢 

 2018年10月25日民24日午前8時半ごろ、湖北省武漢市江漢区で3階建ての民家が突然倒壊し、住民らが生き埋めになった。同市の警察、消防が急行して救助活動を行ったが、当局は同日午後9時までに3人が死亡、4人が重軽傷を負ったことを確認した。新華網が同日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 現場近くの住民は事故後、安全な場所に避難した。周辺はレンガとコンクリート造りの老朽化した3~4階建ての民家が密集している。倒壊した民家を含めてほとんどが借家で、住民の出入りが頻繁だという。

 武漢市の警察、消防の救助隊約200人が同日夜まで、がれきの中、生き埋めになった住民らの捜索活動を続けた。現場は民家が建て込んでいる上に道が狭く重機などが近づけず、救助隊はやむなく手作業で救出と捜索活動を行った。

 住民は、事故時に巨大な爆発音を聞いており、倒壊はガス爆発が原因だった可能性がある。警察などが事故原因の調査を進めている。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーー


↑このページのトップヘ