中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:中間線

22020年9月23日海 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)、中国軍のJ16など戦闘機多数が18日~21日、台湾海峡の中間線を越えて台湾側に侵入した。台湾側の抗議に対し、中国外務省は「台湾海峡の中間線など存在しない」と述べた。台湾の呉釗燮外相は「中間線は、軍事衝突を避けるためのもの」と語り、中国外務省の発言を強く批判した。(写真はRFAのキャプチャー)

 蔡英文総統は22日、台湾海峡の離島、澎湖島を視察。空軍部隊が24時間の輪番体制で、完全武装で待機しており、5分以内にスクランブル(緊急発進)できると強調した。

 台湾空軍は22日、中国軍機の侵攻に対し、緊急発進で応戦する演習を行った。

★参考情報★
ーーーーーー
米厚生長官が台湾訪問 大統領に代わり総統と会見
台湾付近で米軍機、中国軍機入り乱れる
このエントリーをはてなブックマークに追加

 台湾・中央社によると、台湾・国防省は3月31日、中国軍のJ11戦闘機2機が同日午前11時ごろ、台湾海峡の中間線を越えて台湾の南西空域に入り、台湾空軍の戦闘機が緊急発進で対応したと発表した。

 台湾メディア・風伝媒によると、両軍機が約10分間、にらみ合いを続けた後、中国軍機は中間線の中国側に戻った。中国軍の航空機、艦艇とも、通常は中間線付近で活動しており越境はまれ。中国側の挑発とみられる。

 台湾・外務省は同日、ツイッターで、中国軍機による中間線越えは、中台が長らく守ってきた黙契を破るもので、故意の挑発だ」と批判した。

 台湾で中国大陸政策を担う行政院大陸委員会(陸委会)は31日、中国軍機の越境に対し「高いレベルの挑発だ」として抗議。台湾への政治軍事攻勢を強め、中台統一を強要する動きは地域の安定を損ねるとして中国側を批判した。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
米海軍艦と沿岸警備艇が台湾海峡航行=中国と緊張高まる恐れ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ