中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:中国海警

 22021年1月21日尖中国船の沖縄県・尖閣諸島周辺への領海侵入が繰り返される中、日中両国が20日、高級事務レベルの話し合いをテレビ会議方式で行った。日本側は、中国海警船が尖閣諸島周辺の領海などに侵入を繰り返していることに、厳しく抗議したという。香港メディアの東網が21日伝えた。

 会議には、外務省の船越健裕アジア大洋州局長、中国外務省の洪亮・辺境海洋事務司長らが出席。船越局長は、中国海警船が1月中旬、尖閣諸島周辺の領海などに多数回侵入、日本漁船に接近したことについて、中国側に対応を求めた。洪司長は、尖閣諸島(中国名、釣魚島)問題に関する中国側の原則的な立場を改めて説明した。

 双方はまた、意思疎通を継続する重要性を確認し、海洋分野の実質的な協力の推進で一致した。
首相、尖閣で王外相に懸念 中国は公船限定を提案
中国が海警法草案 領海侵入の外国船に武器使用許可
このエントリーをはてなブックマークに追加

22020年10月14日尖 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)などによると、加藤勝信官房長官は13日、中国海警局の船2隻が沖縄県尖閣諸島沖の領海に滞留を続けていることについて、外交ルートを通じ中国に厳重に抗議したことを明らかにした。(写真は東網のキャプチャー)

 加藤氏は「中国側に対しては引き続き冷静かつ毅然(きぜん)と対応したい。尖閣諸島周辺の警戒監視に万全を尽くしていきたい」と語った。

 第11管区海上保安本部によると、中国公船の連続滞在時間は13日午後3時時点で52時間を超過。2012年に日本政府が尖閣諸島を国有化して以降、最長記録となっている。 中国外務省の趙立堅副報道局長は13日「釣魚島(尖閣諸島の中国名)の海域でパトロールするのは、固有の権利だ」と語り、日本側に尊重するよう求めた。


★参考情報★
ーーーーーーーー
中国海警船が尖閣周辺航行 92日連続
習主席国賓訪日中止、自民党外交部会が政府に要請
このエントリーをはてなブックマークに追加

22020年10月13日加 香港メディアの東網によると、沖縄県尖閣諸島付近の領海で11日、中国海警局の船2隻が日本漁船に接近した問題で、加藤勝信官房長官は12日、東京と北京で外交ルートを通じて中国側に厳重抗議し、中国海警船に領海から離れるよう求めたと述べた。(写真は東網のキャプチャー)

 中国外務省の趙立堅副報道局長は12日の定例会見で「釣魚島(尖閣諸島の中国名)と周辺の島しょは、中国固有の領土だ」と語った。





★参考情報★
ーーーーーーーー
習主席国賓訪日中止、自民党外交部会が政府に要請
中国海警の2隻、尖閣周辺を連続31時間航行
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年7月15日尖 中国海警局は14日、同局の「海警2502」船隊が同日、釣魚島(沖縄県尖閣諸島の中国名)付近の海域をパトロールしたと発表した。中国海警局の船が、尖閣諸島周辺で確認されるのは92日連続。2012年9月以降で最長の連続日数となる。海外の中国語ニュースサイト博訊新聞網が伝えた。 

 第11管区海上保安本部によると、中国海警局の船は4隻で、1時間45分に渡り領海外側の接続水域を航行した。うち1隻は機関砲のような装備を搭載していた。日本の巡視船が、領海を離れるよう警告した。





★参考情報★
ーーーーーー
中国海警の2隻、尖閣周辺を連続31時間航行
中国が東シナ海の海底地形に命名 日本が抗議
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年7月6日尖 第11管区海上保安本部は5日、中国海警の船2隻が4日、尖閣諸島(沖縄県石垣市)付近を航行したと発表した。2隻は5現在も航行を続け、航行時間が連続31時間を超えた。日本の報道を引用して、ニュースサイトの中財網が6日伝えた。

 菅義偉官房長官は先に、海上保安庁の巡視船が、尖閣諸島周辺で中国海警の船を80日連続で確認したことについて「日本の領土、領海、領空を断固として守る」と述べるとともに、中国政府に抗議したことを明らかにした。

 中国外務省の趙立堅副報道局長は3日「釣魚島(尖閣諸島の中国名)は中国の固有の領土で、パトロールを行うのは固有の権利だ。日本側にあれこれ言う権利はない」と語り、日本の抗議を絶対に受け付けないと語った。


★参考情報★
ーーーーーー
石垣市が尖閣字名変更 中国と台湾が反発
中国海警船が日本漁船追尾 中国正当化、日本は不快感
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ