中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:中国国際航空

 2019年8月28日飛北京市の北京首都国際空港の第3旅客ターミナルの駐機場で27日午後4時ごろ、中国国際航空の北京発東京行きCA183便のエアバスA330ー300型機の貨物室から煙が上がり、乗組員が消火作業を行った。当時、乗客の搭乗が始まっていたが、全員が避難し、けが人はなかった。ニュースサイトの新京報が27日伝えた。(写真は易網のキャプチャー)

 CA183便は午後5時10分に同空港を出発し、東京・羽田空港に向かう予定だった。発煙当時、同便が東京から北京に到着してから1時間後だった。同機の機齢は5.2年、298席。現場のスタッフによると、火は見えなかった。中国国際航空などが発煙した原因を調べている。

 同空港によると、同日午後6時現在、ほとんどの便は時間通りに発着したが、一部に遅れが出た。
 エアバスA330シリーズは、2019年7月末現在、中国の各航空会社が計約240機使用している。ワイドボディ機では中国で最も多く、シェアは50%を超える。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
キャセイドラゴン航空機、エンジンから発煙で引き返す 台湾
パキスタン空域閉鎖で四川航空機引き返す 30回旋回後に着陸
旅客機の操縦席ガラスがひび割れる事故。首都航空機が出発空港に緊急着陸ー浙江
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年3月6日飛 広東省珠海市の珠海金湾空港で5日午後5時24分ごろ、珠海発湖南省・常徳行きの中国南方航空CZ3773便のボーイングB737-800型機が離陸のため滑走中、火災警報灯が点灯した。機長は手順に従い離陸を中断。乗客138人、乗員8人が脱出用シューターで避難した。毎日経済新聞(電子版)が5日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 火災警報装置は、エンジンと補助動力装置での出火を知らせていた。しかし、南方航空が調べたところ、火災の形跡はなく、同装置の誤作動と判断した。同空港は一時運用を停止していたが、同日午後6時21分に再開した。

 香港メディアの東網によると、4日午後9時13分に北京を出発し米ロサンゼルスに向かっていた中国国際航空ボーイングB777型機で火災警報装置が作動。ロシア最東部のアナディリ空港に緊急着陸し、乗客・乗員が避難した。同航空が調べたところ、火災が起きた跡はなく、装置の故障とみられる。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
首都航空のエアバス機が急降下=飛行中の機体故障で緊急着陸
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018 年4月15日空15日午前9時半ごろ、湖南省・長沙発北京行き中国国際航空CA1350便で乗客の男が万年筆で女性客室乗務員を脅す事件があり、同便はハイジャックで緊急事態を宣言し、同9時58分、河南省鄭州市の新鄭国際空港に緊急着陸した。河南省公安庁の発表として華西都市報(電子版)が12日伝えた。(写真は易網のキャプチャー)

 同便の乗客全員が降りた後、河南省の警察が湖南省出身の男(41)を取り押さえた。乗客乗員にけがはなかった。発表にると、男には精神疾患の病歴があった。警察が事件の状況を詳しく調べている。

 北京日報(電子版)によると、同便の男性乗客の1人は「天候が原因で、鄭州空港に緊急着陸するとの機内放送があった。いつもより速く降下し着陸した。客室乗務員が慌ただしく行き来し、奇妙だと思った」と話している。

 別の目撃情報によると、同便は着陸後ターミナルビルから離れた場所に止まり、乗客は最後部のドアから降りるよう求められた。同便の周囲には警察車両や救急車、消防車多数が止まっていた。乗客からは天候を理由に着陸したことを疑ったが、乗員からは説明はなかったという。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ