2019年5月14日断世界ウイグル会議(ドイツ・ミュンヘン)は13日、今月6日ごろからのイスラム教の断食月(ラマダン)の開始後、新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区でウイグル人約100人が拘束されたことを明らかにした。イリ・カザフ州ではカザフ族の女性労働者約500人が、警察が手配した列車で移転させられ、連絡が取れなくなっているという。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が13日伝えた。(写真はRFAのキャプチャー)

 同会議によると、ホータン地区で拘束されたウイグル人は男女135人。うち30人が違法な宗教活動の容疑で警察が拘束、残りは再教育キャンプに入れられた。

 中国当局は、断食を禁じており、同自治区南部ではウイグル人数千人が昼食を強要されている。また、自治区外で学ぶイスラム教徒の学生が、学生食堂で食事するよう命じられている。

 イリ・カザフ州のカザフ族女性労働者の連行も、断食月の活動封じと関連があるとみられる。現在、工場では男性労働者300人が残り作業を続けている。同会議の広報担当者によると、再教育キャンプから工場に連行され、低賃金労働を強いられているケースもあるという。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー