中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:ラサ

 2019年3月12日西1959年のチベット動乱から60周年の10日、米ニューヨーク市では同市と周辺に住むチベット人約3000人が、キャッドマン・プラザ公園からデモ行進後、国連本部前のダグ・ハマーショルド広場で記念の集会を行った。首都ワシントンのほか世界各地の100都市でも同様の集会が行われた。米公共放送ボイス・オブ・アメリカ中国語版が伝えた。(写真はVOAのキャプチャー)

 中国政府は、最近60年間にわたる社会、経済、文化面でのチベット統治の大きな成果を強調している。一方で、チベット自治区の当局は、宗教活動の規制を強化する方針を明らかにした。

 チベット動乱は、中国の統治に反対するチベット人が決起し、当局の激しい弾圧を受けた。ダライ・ラマ14世は3月17日、8万人を伴ってチベットに亡命した。亡命チベット人は、事件が中国の不法占拠に対する抵抗運動だったと称しているが、中国政府は武装反乱だったとみている。



★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーー
チベット動乱60周年 ラサ市長が宗教活動の規制、異例の明言
米大統領が「チベット相互入国法」に署名 中国「偏見」と強く反発
チベット僧3人拘束、スローガン叫ぶ 元服役囚の再教育も-四川

2019年3月8日蔵 1959年のチベット動乱から60周年の10日を前に、チベット自治区の果果・ラサ市長は6日、開会中の全国人民代表大会(全人代=国会)のチベット代表団の会議で、宗教活動の規制を強化する方針を明らかにした。米公共放送ボイス・オブ・アメリカ中国語版が8日伝えた。(写真はVOAのキャプチャー)

 香港紙・サウスチャイナ・モーニング・ポストは、専門家の発言を引用し、中国の当局者が公開の場で、チベット人の宗教活動の規制強化を宣言したのは異例と報じた。

 市長は「市政府は宗教の管理を強化し、寺院の管理権を共産党がしっかり掌握する。大規模な宗教活動の実施日数と参加人数を減少させる」と述べた。

 同紙によると、中国当局によるチベット人の宗教活動制限は、これまでも長い時間実施され、内容も非常に細かい。退職者を含む公務員、学校の生徒・学生の宗教活動への参、公開の場所や自宅を問わず、亡命中のチベット仏教の精神的指導者、ダライ・ラマ14世の肖像を掲げることを禁じている。

 チベット動乱は、中国の統治に反対するチベット人が決起し、当局の激しい弾圧を受けた。ダライ・ラマ14世は3月17日、数万人を伴ってチベットに亡命した。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーー
米大統領が「チベット相互入国法」に署名 中国「偏見」と強く反発
チベット僧3人拘束、スローガン叫ぶ 元服役囚の再教育も-四川
ラサの世界文化遺産寺院の大昭寺で火災、チベット公安庁が情報厳しく規制

2018年10月26日厦 25日午後2時20分ごろ、重慶発ラサ(チベット自治区)行き厦門航空MF8411便のボーイング737型機でフラップが故障し、減速や上昇ができなくなったと同自治区駐屯の空軍基地から中国民用航空局に連絡があった。同便は同日午後3時ごろ、最も近い同自治区シガツェ市の空港に緊急着陸した。乗客乗員88人にけがはなかった。中国のニュースサイト、央視網が25日伝えた。(写真は、東網のキャプチャー)

 空軍と民航局が連携し、付近の空域の航空機に、旋回による待機や出発地への帰還を要請して、故障機の飛行を優先させた。シガツェ市の空港では、消防車や救急車を待機させたほか、気象などの情報を随時送って同便の緊急着陸を助けた。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーー

 2018 年2月19日チベットチベット自治区ラサ市の世界文化遺産の仏教寺院「大昭寺」で17日午後6時40分ごろ火災があり、間もなく鎮火した。けが人はないもよう。中国は情報を制限しており、政府系メディアが短く伝えたものの、個人によるネット上の書き込みは削除されている。米公共放送ボイス・オブ・アメリカ中国語版が18日伝えた。(写真はボイス・オブ・アメリカのキャプチャー)

 香港紙・蘋果日報によると、チベット公安庁は、関連情報をネット上で拡散しないよう呼び掛け、掲載された写真は次々に削除されている。ネット上では「これほどの大火事を、なぜ隠そうとするのか」などと疑問の声が書き込まれている。

 チベットの政府系メディア西蔵日報は、メッセンジャーアプリ「微信」の公式アカウントを通じ、大昭寺が平常通り運営されているとして写真を数枚掲載したが、一部のネットユーザーは真偽を疑っている。火災の被害の実情は不明のままだ。

 大昭寺は1300年余りの歴史を持つチベット仏教寺院。2000年に世界文化遺産として登録された。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↑このページのトップヘ