中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:ファーウェイ

22020年11月04日華
 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、アイルランドのRTE放送は2日、中国・通信機器大手の華為技術(ファーウェイ、広東省深セン市)の副総裁で広報責任者のジョー・ケリー氏(55)が10月末、深セン市で死去したと報じた。同氏はアイルランド国籍。アイルランドの他のメディアも同氏の死去を伝えたが、死因と詳細な死亡日時には触れていない。(写真はRFAのサイトのキャプチャー)

 ファーウェイも同氏の死去を発表。「親愛な同僚のジョー・ケリー氏が、先週末に深センで死去した。国際広報担当の副総裁で、全社の尊敬を集めていた」などとケリー氏の死去を悼んだ。同氏の家族は中国に住んでいる。

 ケリー氏は2012年からファーウェイで勤務。米中の科学技術を巡る争いが始まると、ケリー氏は会社を代表し、米国の批判に対抗するPR戦を進めていた。

★参考情報★
ーーーーー
中国当局がファーウェイに出資 CIAが指摘
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年4月27日為 台湾・中央通信社によると、中国で次世代通信規格5Gの基地局設備の主要供給業者である通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)役員の丁耘近氏は、中国の5Gの質は、韓国などに比べかなり劣ると指摘した。中国の5G利用者は「回線網につながらない、電話の発信不能、通信品質の低さ」などの問題に直面するという。(写真は星島日報のキャプチャー)

 丁氏によると、中国5Gの通信速度は「下り」(受信)が平均270Mbpsで、韓国の600Mbpsと比べ開きがある。普及率も中国は5%で、韓国の20%を相当下回る。

 また、中国では5G基地局の電力消費の急増により、電力系統の負担が増大。中国の5G基地局の32%は電力が不足し、一部では電池容量が足りないという。

 このほか、韓国で5Gの商業運用開始後、1契約あたり平均収入(ARPU)は37%伸び、通信キャリア3社は今年上半期(1~6月)2桁の増益となったが、中国の通信キャリアは5Gで利益が出ていない。

★参考情報★
ーーーーーー
ファーウェイ排除なら日中関係損なう 中国商務省が警告
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロイター通信によると、中国が米グーグルに対し、独占禁止法違反の疑いで調査を準備している。基本ソフト(OS)「アンドロイド」の支配的な地位を利用し、競争を妨げたかどうかを調べる。中央社が伝えた。

 業界関係者によると、中国・通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)が中国の独禁法取り締まり機関に調査を申し立てていた。早ければ10月中に調査を決定するかどうかが決まる。米中関係に影響を与えるのは必至だ。

 グーグルは昨年、ファーウェイに、Gmail、Google・Play、Google・mapなど世界で多くのユーザーに使われているアプリケーションソフトの供給を停止。ファーウェイには中国以外のシェアに大きな影響を受けた。

★参考情報★
ーーーーーーー
中国軍が3大海域で同時演習 米軍が偵察機派遣
このエントリーをはてなブックマークに追加

22020年9月28日華 ニュースサイトの北晩視覚網によると、広東省東莞市消防救援支隊指揮センターは25日午後3時16分ごろ、同市松山湖高新区にある通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の施工中の建物で火災が起きたとの通報を受けた。消防救援隊が急行して消火にあたり、約850平方メートルを焼いて午後4時50分ごろ鎮火した。焼け跡から、不動産管理会社の従業員3人が遺体で見つかった。(写真は東網のキャプチャー)

 建物は平屋の鉄骨造り。床面積は5000平方メートルで、出火時は内装工事中だった。工事関係者は消防救援隊の指揮で全員避難した。同支隊が出火原因を調べている。

 経済通通信によると、建物はファーウェイの研究開発(R&D)拠点「団泊窪実験基地」の「G2ビル」で、まだ使われていなかった。火災後、拠点全体が立ち入り禁止になった。

 同基地は、ファーウェイの重要なR&Dの拠点で、面積127 ヘクタール(ha)。100億元(1545億円)を投入し2018年に完成後、R&Dセンター、華為大学、中間試験センターなどが移転した。

★参考情報★
ーーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年8月18日華米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、米商務省産業安全保障局(BIS)は17日、中国・通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)の関連38社に対する規制の強化を発表し、米国内で開発、生産された技術やソフトウエアの使用を禁じた。ファーウェイは、米国の技術が組み込まれた半導体の調達が遮断される。(写真はRFAのキャプチャー)

 BISは、38社を事実上の禁輸リストである「エンティティー・リスト」に入れることを決めた。38社は21カ国でファーウェイに代わり事業を行っており、米国の安全保障と国益に対する大きなリスクとなっている。BISは、38社を規制しないと、ファーウェイはエンティティー・リストが定める規制を逃れることが可能となる。

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、ロス米商務長官は「中国共産党の政策目標を実現するため、ファーウェイとその他の出先機関は、米国のソフトウエアと技術で開発された、最先端の半導体を獲得してきた」と述べた。今回の規制強化で、ファーウェイは米国の技術が含まれる半導体調達が完全遮断されることになる。

★参考情報★
ーーーーーーー
南シナ海で中国が実弾演習 米軍機と艦艇も出没
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ