中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:ファーウェイ

 2020年8月18日華米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、米商務省産業安全保障局(BIS)は17日、中国・通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)の関連38社に対する規制の強化を発表し、米国内で開発、生産された技術やソフトウエアの使用を禁じた。ファーウェイは、米国の技術が組み込まれた半導体の調達が遮断される。(写真はRFAのキャプチャー)

 BISは、38社を事実上の禁輸リストである「エンティティー・リスト」に入れることを決めた。38社は21カ国でファーウェイに代わり事業を行っており、米国の安全保障と国益に対する大きなリスクとなっている。BISは、38社を規制しないと、ファーウェイはエンティティー・リストが定める規制を逃れることが可能となる。

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、ロス米商務長官は「中国共産党の政策目標を実現するため、ファーウェイとその他の出先機関は、米国のソフトウエアと技術で開発された、最先端の半導体を獲得してきた」と述べた。今回の規制強化で、ファーウェイは米国の技術が含まれる半導体調達が完全遮断されることになる。

★参考情報★
ーーーーーーー
南シナ海で中国が実弾演習 米軍機と艦艇も出没
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年8月7日加 ニュースサイトの半島晨報によると、広東省広州市中級人民法院(裁判所)は6日、薬物製造の罪でカナダ籍の徐偉洪被告に死刑判決を言い渡した。2018年12月に中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の副会長兼最高財務責任者(CFO)の孟晩舟被告がカナダで逮捕された後、緊張が高まっているカナダと中国の関係が、さらに悪化する恐れがある。(写真は東網のキャプチャー)

 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、孟被告の逮捕後、中国でカナダ人に薬物関連で死刑判決が出たのは3例目。他にカナダの元外交官とビジネスマンを「国家の安全に危害を与える罪」で逮捕するなど、拘束や判決を受けたカナダ人は少なくとも6人となる。

 カナダの司法相は、銀行に対する詐欺罪で、孟被告を米国に引き渡す準備は整ったと述べた。カナダのブリティッシュコロンビア州の裁判所は、孟被告の引き渡しに関する正式な審理を来年4月に行うことを計画している。

 米当局は、ファーウェイが香港のダミー会社を使いイランに設備を販売し、米国の対イラン制裁に違反したと主張。また、孟副会長がイランとの取引で、英金融大手HSBCホールディングスに対し、事実を隠すなどの金融詐欺を行ったとして、身柄の引き渡しを求めている。

 判決によると、徐被告は2016年10月、広州市海珠区の自宅などで、麻薬の一種であるケタミンを製造した。裁判所洪被告とともにケタミンを製造していた地元の温冠雄被告に、無期懲役を言い渡した。

★参考情報★
ーーーーーーーー
拘束1年のカナダ人2人、検察に送致 中国外務省が公表
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年1月20日孟米公共放送ボイス・オブ・アメリカによると、米国への華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟副会長(47)の身柄引き渡しをめぐる裁判が20日、カナダ・バンクーバーの裁判所で始まった。(写真はRFIのキャプチャー)

 中国外務省の耿爽副報道局長は20日「米国とカナダは、犯罪者引き渡し条約を乱用している。これは完全な政治的事件だ」として、孟副会長の釈放を求めた。

 カナダの警察は2018年12月、米国の要請に基づいて、ファーウェイの創業者、任正非氏の娘の孟副会長を拘束した。米当局は、ファーウェイが香港のダミー会社を使いイランに設備を販売し、米国の対イラン制裁に違反したと主張。また、孟副会長がイランとの取引で、英金融大手HSBCホールディングスに対し、事実を隠すなどの金融詐欺を行ったとして、身柄の引き渡しを求めている。

 孟被告側は裁判で、米国の主張を否定し、身柄引き渡しが政治事件であり、司法の対象でないと主張した。

 ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)によると、孟副会長の拘束後、中国とカナダの外交上の緊張が高まっている。孟副会長の逮捕から10日後、中国当局はカナダの元外交官とビジネスマンを拘束した。孟副会長は保釈され、バンクーバーの自宅で暮らしているが、カナダ人2人は拘束されたまま。カナダ政府によると、2人は24時間、照明が消えない独房に入れられ、弁護士とも接見できない。西側諸国は、カナダに対する報復とみているが、中国は孟副会長の事件とは無関係と主張している。

★参考情報★
ーーーーーーー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年12月6日華米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、米国は中国・通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)への規制をさらに強化しようとしている。米ブルームバーグは3日、米政府が、新設する「米国国際開発金融公社」を通じて費用を出し、発展途上国が中国製通信機器を買わないよう支援を行う計画だと報じた。(写真はVOAのキャプチャー)

 同公社は、トランプ政権が2018年に議会に設立法案を可決させたもので、新たな対外開発援助機関。発展途上国の企業向けに総額600億元の貸付や信用保証を行う。

 米政府は、ファーウェイが中国政府の指示でスパイ行為を行っているとして、製品を購入しないよう他国に警告している。同公社の支援を受けた発展途上国は、ファーウェイのライバルであるスウェーデンのエリクソンや、フィンランドのノキアの製品を購入する可能性がある。

 また、ロイター通信は3日、トランプ政権は今年初め、ファーウェイを財務省の制裁指名リストに載せることを検討したと報じた。掲載された企業は、ドル決済ができなくなるため、ファーウェイにとっては最も厳しい制裁となる。

 さらに、ロイター通信は、トランプ政権は、米国の技術を使った外国企業に、ファーウェイへの出荷を禁じる新規則の制定を検討していると報じた。外国製品に米国製部品や技術が一定量以上使われていれば、米政府はファーウェイへの納入を規制できるよになる。

 
★参考情報★
ーーーーーーーーー

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月7日孟 台湾・中央社によると、カナダのトルドー首相は5日、中国がカナダ産の牛肉と豚肉の輸入を回復するとの見通しを示した。中国外務省の耿爽副報道局長も6日「カナダの食肉衛生証明書の受け入れの回復に合意した」と述べ、トルドー首相の発言を裏付けた。(写真は東網のキャプチャー)

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、カナダ当局が昨年末、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟副会長を拘束後、中国との関係が悪化。今年6月、中国当局が動物薬「ラクトパミン」の残留や、衛生証明書の偽造を理由に肉類の輸出停止を求めたため、カナダが応じた。

 トルドー首相はツイッターで「カナダは中国への豚肉と牛肉の輸出を復活する。中国の農家には良いニュースだ」と発言。さらに、中国駐在の新任のバートン大使やカナダの食肉業界による輸出回復に向けた努力に感謝の意をを示した。

 中国とカナダの外交関係が正常化する可能性について、耿副報道局長は「責任は中国側にない」と述べた上、孟副会長を釈放して無事に中国に戻すという、実際の行動で両国関係を正常な軌道に戻すようカナダ側に促したいとした。


★参考情報★
ーーーーーー
山東でカナダ人拘束 違法薬物使用の疑い
拘束カナダ人のスパイ疑惑報道 孟氏引き渡し審理に報復か  
カナダ、孟副会長の引き渡し審理開始へ=中国大使館が抗議
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ